ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局
人気連載「犬と一緒にハワイ移住」

第09回 うちの子を日本に置いて、ハワイへお引越し

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2008年05月15日

ペット犬と一緒にハワイ移住

ハワイ移住はある日、突然やってきた!? 日本で働く国際派カップルが愛犬を連れてハワイへ引っ越すまでの道のりを公開。ハワイへの引越しから現地での家探しまで詳しく綴ります。海外赴任や国際結婚、ハワイ留学を控えている人も必見です。

犬と一緒にハワイ移住 第9回 うちの子を日本に置いて、ハワイへお引越し

ハワイへの引越し計画

ペット犬とハワイ移住ハワイのビーチで

さて、ハワイで住むところも決まったことだし、本格的にお引越し準備。ハワイ大学マノア校(UH)のオリエンテーション(入学前説明会みたいなもの)などが始まる前にハワイでの生活を落ち着けることを考えて、夫のアンちゃんは仕事を6月いっぱいで終了。7月初めにハワイに行くことを決定。私はその2週間後に時間差で渡ハワイ。本当はもっと遅らせる予定だったのだけど、「何でそんなに遅らせるの?」と言うアンちゃんの悲しそうな顔にほだされて2週間後にしました。遅らせた理由は.「アンちゃんの引越しにかかわる庶務雑務事務手続きがそんなに早く終わるわけなーい!」という私の確信に近い考えからで、案の定たーくさんの雑事を残してアンちゃんは旅立っていたのでした。そして、私がハワイに行くまでにアンちゃんはハワイのアパートでインフラ系(電気、ガス、水道、電話、インターネット)を整えておくという按配。ちなみにいろいろな手続きのずれ込みの結果、娘(うちの犬のことね)は9月の終わりまでハワイ入りできないことが判明したため、とりあえず私とあんちゃんがハワイに行って生活を落ち着けた後、10月初旬に私が帰国して娘をピックアップすることに決定。

まあ、でもその前にやるべきことは山ほどあって、今まで生活していた国を永久に(帰ってくる可能性はなくはないものの、まあとりあえずは永久ってことで)離れるって大変なのねぇ、と実感。世界が狭くなったとはいえ、ただの引越しじゃあないものね。荷造りや引越し便の手配はもちろんのこと、不要品の廃棄、処分、売却、移動(不要でも捨てたくないものをとりあえず私の実家に移動)、梱包(知り合いにあげるもの)、電気、ガス、水道、電話、長距離回線、電話加入権、携帯電話、インターネット、クレジットカード、銀行口座、保険の解約、郵便転送手配、返還敷金の受け取り確認、最後の給料&前払いしていた保険料の受け取り手配(会社を通して健康保険に入っていたため)、連日のさよならパーティ&ご挨拶、そしてアパートの掃除となーんと修理手配…

普段は温厚な夫が怒人ハルクに!?

ペット犬とハワイ移住今日の装いは赤ちゃんみたい?

何人もの共通の知り合いから「彼は全然怒らない人でしょー」と言われるほどアンちゃんは普段は温厚なのだけど、数ヶ月ほど前に肌にできものができたときに行った皮膚科で処方された軟膏が合わなかったらしく、なぜかそれを塗っているときは超人ハルクのごとく怒りの鉄人に変貌してしまうということがあったのだ。 もともと化学薬品などにすごく敏感な人なのだけど(たとえば新しい洋服に使われている薬品にも反応して頭痛がおきるとか。洗濯後は平気だけど、そのせいで衣類を売っている店にはあまり長くいられないのです。) 、この軟膏は心理的に影響があったらしい。私と一緒にいるときは「なんかイライラしてるなぁ」と感じさせるぐらいで本人は自制していたらしいのだが、いない時に怒りのあまり(何に対してかは不明。まあどうせたいしたことない理由だろうけど。) 壁を殴り、ぽっこり穴を開けてしまっていた。また同じ軟膏が原因で携帯電話を強化ガラスに投げつけて蜘蛛の巣状のヒビを入れたり、ああハルクは恐ろしい。その薬が原因と分かるまでにしばらくかかったけど、原因がわかれば対処できるし(その薬を塗らないだけ)、私としてはそのことをおちょくりネタにしてしばらく楽しんでいた。(「誰だっけー、壁に穴空けたのぉ?」と言うと恥ずかしそうにしていたので面白かった。)でも、引越し前点検以前に修理はしなければならないので、何社かに見積もりを出してもらって良さげな会社に依頼。これが結構めんどくさかった。皆さん、アパートは壊さないほうがいいですよ!(当たり前だって。)

もったいないお化け

ペット犬とハワイ移住ハワイの獣医さんと一緒に

それはともかく、6月の初めから本格的に荷造りを初め、ハワイへ持っていく荷物はアンちゃんのアパートで業者さんにピックアップしてもらうので私の荷物も実家から運び、中旬には送り出しました。しかし、アンさん、あなたの荷物全然減っているように見えないんですが? …とよく見たらアンちゃんが知り合いにあげる予定で取っておいた日用雑貨がまるまる残っているではないか。仕事関係で知り合ったその人はちょうど私たちの引越しの時期に単身赴任することになったので、まだまだ使える日用品&台所用品を譲る約束をしていた。ごみに出すには忍びないほどちゃんと使えるものを引き取ってくれる人がいて、私とアンちゃんのもったいないお化けも浄化したと思ったのだが、その人の奥さんがその案を却下した模様で「やっぱり要らない」との連絡が。もったいないお化け復活(泣)… (後日、海外で国際結婚した友人が日本で生活を始めるというので、半ば押し付け気味に日用品を譲って一件落着したのでした。)

そしてある程度の荷物処分が済み、アンちゃんハワイ行き数日前の6月末、トラックで残りの荷物をすべて運び出し、掃除掃除掃除! 徹夜での梱包作業に疲れ果てて投げやりな アンちゃんを尻目に、私は敷金の全額返還のため孤軍奮闘。今までにないほど精魂こめて掃除をしまくり、自分の家でもしたことがないくせにリビングの床板にワックスまでかけて敷金全額返してもらえました。あー爽快。と、なんかくだらない事に情熱を燃やしている私。

アパート退去後、ハワイに行くまでの数日間アンちゃんは私の実家で一時同居のマスオさん状態に。サザエさん一家と違うところは、私の母があんちゃん大好きのアンちゃんファンだってこと。まあ母と夫の仲が良いのはいいことなのですが… おかーさま、ほどほどにお願いします。波平さんが怒るぜよ。
そしてアンちゃんハワイに渡る。その後いろいろな事務手続きなどをしつつ友達と飲み会お別れ会、日本でのショッピングを終え(ここぞとばかりにたくさん購入)、約2週間後に私も渡ハワイしたのでした。

ペット親バカ日記  ハワイで犬と暮らす人にインタビュー  「この子は、夜は私の子守唄で眠りにつきます」
飼い主キヨミ&バディ、(ノースショアにあるバケーション・レンタル、サンセット・ビーチ・ハウス)
ハワイ在住暦4年(キヨミさん)、バディさんはハワイ生まれ
ペットのプロフィールロッキー(ジャック・ラッセル・テリア)、10才。
我が家にきたいきさつ当時の飼い主さんが事情によりもう飼いきれないというので安楽死させようとしていたところを、我が家に引き取ってきました。我が家に来たばかりの頃は、赤土だらけで弱りきっていたロッキー。でも持ち前の強さと賢さで、新しい環境にもすぐ慣れて、今では我が家の一員。かけがえのない王子様なのです。
特技穴掘り。ものすごいスピードで永遠に(?)穴を掘り続けることができます。
家族だなあ、と思う瞬間は?夜は子守唄を歌ってあげています。私の子守唄でロッキーが眠りにつくのを見ると、「ああ、家族だなあ」って思います。
お散歩コースサンセット・ビーチ。必ず1日2回は行きます。1人(匹)だけでもさっさと出かけて行きますよ。もしかしてサーフィンしていたりして!
ひとこと自慢生まれつき片目の見えないロッキー。子犬の頃大きな犬に噛まれて頭の片方が陥没し目が飛び出る大怪我を負いましたが、無事生還した強い子です。しかも、とっても頭が良いんですよ。私の言うことは全部わかるんです。
 動画はこちらから! 

このコラム執筆者でハワイ在住のA子さんと主役犬、エンジェルちゃんからの嬉しいプレゼント企画のお知らせです。この「ペット親ばか日記」に出演して下さったハワイ在住のワンちゃんにもれなくエンジェルちゃんの大好物、「かわはぎ」をプレゼントいたします。自薦、他薦を問いませんのでドシドシeditor@hawaii-arukikata.comまでご応募ください。

この記事が属するカテゴリー: アロハダイアリー, 暮らし
関連キーワード: うち, お引越し, , 愛犬, 日本,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*