ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方Hawaii Arukikata
  facebook twitter twitter RSS
メニューメニュー
ハワイ歩き方事務局
人気連載「犬と一緒にハワイ移住」

第06回 ハワイで新婚生活がスタート

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2008年02月15日

ペット犬と一緒にハワイ移住

ハワイ移住はある日、突然やってきた!? 日本で働く国際派カップルが愛犬を連れてハワイへ引っ越すまでの道のりを公開。ハワイへの引越しから現地での家探しまで詳しく綴ります。海外赴任や国際結婚、ハワイ留学を控えている人も必見です。

犬と一緒にハワイ移住 第6回 ハワイで新婚生活がスタート

ペット犬とハワイ移住ハワイのビーチで。「うーん、まぶしい」

国際結婚も楽じゃない?
アメリカ人の夫、アンちゃんから2週間ほど遅れて私は7月某日ホノルル空港到着。迎えに来てくれたアンちゃんは、約束通り私が来るまでに何とかインフラ系を整えておいてくれました。さて、日本では諸事情から別居していたもんで(ほぼ週末婚)、晴れて新天地での新婚生活。うふ。…と言いたいところですが、つい1週間前に処分したばかりの日用品を早く揃えるべく髪振乱して買い物買い物(こうなるなら無理に譲らずに送ったほうが良かったか?)。ましてやダンボールのテーブルでプラスチックの食器を使った食事じゃ、ロマンスのかけらもありません。家具無しアパートに入居し、船便で送った荷物がまだ届いていないため、あるものといえば当座の洋服、洗面用具とコンピューターくらいなので、何から何まで買い揃えなければいけなかったのです。ショッピングがこんなに苦痛になるとは! そしてハワイの物価の高さを改めて実感(物価が高いって言いすぎ?)。2人ともどうしてもアメリカ本土の値段を期待してしまうので、トイレットペーパーひとつ買うにしてもがっかりしてしまうのです。ちなみにハワイは紙製品と牛乳がことのほか高い! 本土から輸送しているせいだと思うけど。まあ、そんなこんなで1週間ほどもすると必要最低限のものは揃い生活パターンもだいぶ落ち着いてきて、映画を見たり、お気に入りビーチ探しの旅などしてハワイライフをエンジョイできるようになりました。

犬連れハワイ移住の航空会社選び

ペット犬とハワイ移住ハワイに来てからは、「オハナ・フェスティバルJCCHリソースセンター」の非公式マスコットを勤めました

ハワイ生活を始める前から実はしていたのが、娘をハワイに連れて行く際の航空会社選び。当初うちの娘をハワイに連れて行く時には、以前日本に帰国した時のようにキャビンに一緒に乗ってハワイ入りできるだろうと高をくくっていたのだけれど、またもやリサーチすればするほど暗雲が立ち込めることに… どうやらハワイの州法上、ハワイ行きの飛行機はキャビン内のペット持ち込み禁止らしい(涙)… 悪あがきをして「犬をキャビンに連れては入れますか?」とどの航空会社に問い合わせても答えはノー。これも狂犬病フリーの島を守り抜くための方法なのか(キャビンに一緒だと荷物に紛らせて検疫所を通さずにこっそり連れ出せるから)。でも聞くところによると、大金持ちとかは検査なんかそっちのけでペットをバンバン自家用ジェットに乗せてハワイに連れてきているそうで(ちなみにアメリカ本土から連れてくるにしても、日本から連れてくるのとほとんど同じ検査が必要なのです。) …きーっ!! 金持ってりゃいいのかよ! 私も、お金持ちになりたーい(妖怪人間調でどうぞ)。

ペット犬とハワイ移住浴衣姉妹の登場です

とにかくペットのキャビン持ち込み不可。ということは否応なく娘は荷物室で輸送となるわけで、こうなると別離不安が人一倍、いや犬一倍強くて、一人で置き去りにされるとパニックを起こす娘への負担をなるべく小さくするために、一番安全でペットに親切な航空会社を選ぼうと更なるリサーチ開始。成田からハワイに乗り入れている航空会社各社のペット輸送ポリシーチェック、ネット上でペット輸送の体験談を読み漁り、アドバイスを乞い、航空会社が提出しているペット輸送にかかわるアクシデント・レポートを読むなどして、総合的にどこが一番良いか調べました。しかしハワイにペットを連れて行く人は極端に少ないせいか、又は私の見たサイトにはいなかったらしく、満足いく情報はほとんど得られませんでした。そしてどこの航空会社もペット輸送前に、「もし輸送中にペットが死んでも航空会社を訴えません」といった内容の免責書類に署名をさせられるようで… もうこの時点で私はノイローゼ寸前。「どこの航空会社が良いかなんてわからない!」とアンちゃんに訴えてはなだめられながらも、一番安全で(室内の温度と空圧が管理されているというペット輸送の部屋が特別にある)親切そうなA社に決定しました。でも心配だよー(涙)

ハワイから日本へ一時帰国

ペット犬とハワイ移住ハワイ大神宮におじいちゃんと初詣

そして、あんちゃんの大学院のクラスも始まり、ホノルル生活も順調になった9月の中旬、娘を迎えに行くため私はアンちゃんを置いて一人で日本に一時帰国。最初の計画からズレズレなのだけど、特に急ぐ必要もないので日本に約1ヵ月半滞在して11月の初めに娘を連れて渡ハワイすることにしました。ちょうどタイミングが良かったみたいで、我が姉曰く「あんたが帰ってきた日から涼しくなったよー」とのこと。猛暑をはずしてラッキー! それとも私がハワイの涼しい風を運んできたか? 約2ヶ月ぶりの日本でのんびりおいしいものを食べて肥えつつ、友達に会ったり買い物に行ったり(100円ショップでバカ買い!) 、娘の渡航準備としてケージ類手配や成田の検疫所に出国手続きのアポを入れなどを進めました。また獣医のドクターKのところに行って主に健康診断書など書類関係の最後の確認をして、さらに飛行機内でパニクらないように、飲ませてから1時間ほどすると効く精神安定剤のような薬をもらいました(この手の薬は賛否両論ですが、うちの娘は極端に怖がりなので処方されました)。

ペット親バカ日記  ハワイで犬と暮らす人にインタビュー  「トラジローはね、私たちの孝行息子なんです!」
ペット自慢 佐藤ハナさんとトラジロー君、散歩の途中でちょっと一休み中
飼い主 佐藤宰・ハナ夫妻
ハワイ在住暦 約2年半
ペットのプロフィール トラジロー(多分秋田犬と柴犬の雑種、少なくとも6才)、千葉県出身。命名は「男はつらいよ」ファンのご主人によるもの。幸せを呼ぶ犬として一部で人気上昇中。
特技 うちの子は、バイリンガル犬? 韓国語でお手やお座りができるんですよ。
我が家にやってきたいきさつは? 私たち夫婦が日本に住んでいた6年前、千葉県の印旛沼でまだ子犬だったトラジローを拾ったんです。そのあと、不思議なことに、私たち夫婦に次から次へと幸運が舞い込んできたんですよ。子どものいない私たち夫婦にとって、トラジローは最高の孝行息子ですね。「ありがとう、トラジロー!」
お散歩コース アラワイ川沿い〜カピオラニ公園〜ワイキキ・ビーチを1時間程度お散歩。
ひとこと自慢 日本でもハワイでも、この子を連れているとどんどん人が集まってくるんです。もしかしてカリスマ・ドッグ!?

このコラム執筆者でハワイ在住のA子さんと主役犬、エンジェルちゃんからの嬉しいプレゼント企画のお知らせです。この「ペット親ばか日記」に出演して下さったハワイ在住のワンちゃんにもれなくエンジェルちゃんの大好物、「かわはぎ」をプレゼントいたします。自薦、他薦を問いませんのでドシドシeditor@hawaii-arukikata.comまでご応募ください。

この記事が属するカテゴリー: アロハダイアリー, 暮らし
関連キーワード: 愛犬,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*