ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

【動画付き】野生のイルカと泳ぐ、人気のドルフィンツアー!

投稿者: Izumi 更新日:2018年08月10日

Dolphin Tour by Iruka Hawaii

アロハー! 前回のバナナボートに続き、Myハワイ編集部は今回、ハワイの美しい海で野生のイルカと一緒に泳げるドルフィンツアーに参加してきました。テレビや雑誌の取材でもよく取り上げられ、日本はもちろんハワイのロコにも愛される「名門イルカ大学」のドルフィンツアーです。これからハワイ旅行を計画している方、必見です!

◇関連記事/【動画付き】ココマリーナでスリル満点!のマリンスポーツに挑戦

はじめに

名門イルカ大学

名門イルカ大学って何? と疑問に思われた方がいるかもしれませんね。学校がツアー名になっていて、野生のイルカたちを先生、ハワイの大自然を学びの場とし、そこから「豊かな生き方を学ぶ」というコンセプトで実施されています。ユニークで、面白いですよね。

学長(同社の創業者)が、イルカとの出会いをきっかけに人生における大切なことを学ばれ、そのイルカの魅力を多く広めたいという熱い想いで2008年に学校を設立(ツアーが開始)。現在ではオアフ島の「私立イルカ中学」と「名門イルカ大学」、ハワイ島の「イルカ高等学校」と「マンタ大学・夜学部」、の4校が開校しています。

今回編集部は、イルカと一緒に泳げて、シュノールでウミガメも見れるというわくわく感いっぱいの「名門イルカ大学」に参加してきましたので、ご紹介します!

野生のイルカ、ハワイアン スピナー ドルフィン

ドルフィンツアー

ハワイの沿岸では、ハワイの固有種「ハワイアン スピナー ドルフィン」というイルカをよく目にすることができます。日本語でいうハシナガイルカにあたります。細長い嘴(くちばし)を持ち、体長は約2メートル前後にまで成長するそうですが、それでもイルカの中では比較的小さいとのこと。

群れを成して行動することが多く、英語ではSpinner Dolphin(スピナー ドルフィン、回転イルカ)と呼ばれていることからも分かるように、体をスピンさせながらジャンプするという、なんともアクロバティックな動きをするのが特徴的。昼間は休息のため湾内に移動し、夜はエサ探しのため沖合に出る習性だそうです。

大自然が残るウェストコーストで、野生のイルカと泳ぐ!

ドルフィンツアー

ドルフィンツアーの朝は早いです。早朝5時半〜6時頃にワイキキエリアでお迎えのバスに乗ります。ワイキキ以外のカハラやコオリナ地区へのお迎えもありますよ。申し込みをする際に、ピックアップ場所をご確認くださいね。

◇関連記事/高級エリア・カハラのショッピング & エンターテイメントスポット カハラモール
◇関連記事/【オアフ島ガイド】コオリナ・リゾート徹底取材

編集部員は自分たちの車で直接、ボートが出航するワイアナエ・ボート・ハーバー(Waianae Boat Harbor)へ向かいました。現地での集合時間は午前7時。

旅行者の方もレンタカーで行くことが可能ですよ。ツアーが終了し港に戻ってくるのが午前11時頃なので、レンタカーがあれば、そのままコオリナやカポレイ、ノースショアの方にも行きやすくて、便利ですね。その場合はくれぐれも安全運転で! 朝も早いので無理はされませんように。

◇関連記事/西オアフのショッピングセンター、カポレイ・コモンズ
◇関連記事/西オアフで大人気!意外な「グルメの穴場」教えます
◇関連記事/オアフ島のベストビーチ12選

レンタカーでワイキキから港に向かう場合は、まずH1(高速道路)に乗ります。パールハーバーを通過し、H1を西方向に行くと途中から名前がファリントン・ハイウェイ(Farrington Highway、Hwy 93)となりますが、そのまま走行してください。海を左手に10~15分ほど走り続けると、右手にメキシカン・ファーストフードのタコ・ベル(Taco Bell)が見えてきます。すると、左側のレーンに移り左折の準備を。そこから400メートル以内にある消防署を過ぎてすぐ左手に、青色の看板「Waianae Boat Harbor」が見えてきますので、左折して敷地内へ。

ドルフィンツアー

2階建(オレンジ色屋根)の港湾管理局ビルが見えてきます。ビルよりも海に向かって右側の駐車場に車を止めれば、大丈夫。ちなみに、ワイキキからは約1時間で到着します。

ドルフィンツアー

桟橋を通って、ボートへ。

2018年から運航している同社の最も新しいボート「Mirai号(未来号)」は、私たちの明るい未来のために大切なことを学びに行こう! という願いを込めて名付けられたそう。なんと1000馬力もあり、限られた時間内で広範囲にイルカを探しに行くことができ、ハワイでの野生イルカ遭遇率No1を誇ります。

さらに、ドルフィンツアーによく使用される他のボートに比べ、サイズも大きいので快適です。ただ、船酔いしやすい方は事前に酔い止めを飲んでおくことをおすすめします。大きなボートであっても、その日の波の状況で大きく揺れることもありますので…。

ドルフィンツアー

こちらは日本語ガイドのナツミさんです。笑顔いっぱい、フレンドリーなスタッフがお迎えしてくれます。

出港前に安全に関する説明を受け、次にシュノーケル時に必要なライフジャケットの着用方法を習います。

同ツアーは、6才以上の子どもも参加できますよ。大人も子どもも大好きなイルカに、家族みんなで会えたら最高の思い出になりますね。

ドルフィンツアー

いよいよ、出航です。

ハワイの人たちは何かを新しく始めるときに、祈りを捧げる儀式「チャント(お祈り)」を行います。イルカツアーも同様、ハワイの伝統的なチャント「エホマイ(E Ho Mai)」をみんなで歌い、旅の安全を願います。

◇関連記事/ハワイアンのパワースポット(聖地)に入る前のチャント(祈り) 

ドルフィンツアー

チャントに加え、イルカにたくさん会えますように、安全で楽しいツアーになりますようにと、ハワイの花を海の神様に捧げます。この日は、甘く優しい香りがするプルメリアの花でした。

ドルフィンツアー

編集部のナンシー(写真左)とアシュリー(写真右)も、準備万端! イルカが見つけられるかのドキドキと、イルカと一緒に泳げるかもしれないというわくわく感が止まらない2人。

シュノーケルに必要な、シュノーケル、マスク、ライフジャケット、フィンの道具一式はツアー代金に含まれています。また、防寒及び保護用にウェットスーツも準備されており、追加料金$10(子ども$5)で借りられます。防寒用に自分でウィンドーブレーカーなどを準備しておくのも手ですね。あとは日焼け対策として帽子、サングラス、日焼け止めもお忘れなく!

ドルフィンツアー

ボートは、オアフ島最西端のカエナポイント付近を目指して航行。イルカはどこだ? と参加者も必死に目を凝らしながら、探します。

あーっ! あそこにイルカがー!

ドルフィンツアー

イルカを見つけたら、順番に海へジャンプ! 落ちた衝撃でシュノーケルがずれないように、手でしっかり押さえて。

野生のイルカを相手にしているため、ここで躊躇している暇はありません! ライフジャケットも付けていますので、慌てず落ち着いて、ジャンプすれば大丈夫ですからね。

ドルフィンツアー

イルカたちを驚かさないように、近づきます。シュノーケリングの経験が無い方も、経験豊かなガイドとクルーが一緒に泳いでくれるので、心配ありません。ただ、あらかじめガイドやクルーには経験がないことを伝えておきましょう。

ドルフィンツアー

いたーっ! 群れを成したイルカがたくさん! 

ドルフィンツアー

ちょうど今は繁殖の時期ということで2、3頭単位ではなく、群れで見れることが多いようです。小さな子どものイルカもたくさんいましたよ。ただ、子どもがいる群れは警戒心が強く、あまり近くには寄って来てくれませんでした。それは、そうですよね…(笑)

ドルフィンツアー

この日は参加者の人数が比較的多く、1ヶ所では全員がイルカを見切れなかったため、ボートで合計4ヶ所探し回りました。体力のある人は、4ヶ所全てで海に入りイルカのもとへ泳いでいっていましたよ。

ドルフィンツアー

海の中では、イルカたちのキューキューという声が響き渡っています。これぞ、究極のヒーリング体験!

ドルフィンツアー

近くにきたら触りたくもなりますが、ここは我慢、我慢。野生のイルカですので、驚かせたり、恐怖を与えてはいけません。追いかけたり、大声を出したりせずに、そっと見守るようにしましょう。

ドルフィンツアー

ドルフィンツアー

ボートに戻る時間となりました。イルカとのお別れは名残惜しいですが、無事たくさんのイルカたちと一緒に泳げたので、大満足!

次はカエナポイントあたりから港に戻るまでの間にある浅瀬の場所で、熱帯魚とウミガメとのシュノーケルを楽しみます。

ドルフィンツアー

海の中が綺麗すぎて、宙に浮いてるみたいです。

ドルフィンツアー

前回のココマリーナセンターで水中スクーターを体験したときは、泳げないから不安と漏らしていたナンシーも笑顔でシュノーケリングを満喫。

◇関連記事/人気の水中スクーターで海の別世界へ!(動画あり)

ドルフィンツアー

ゆったりと泳ぐウミガメの姿にまた癒されます。

ドルフィンツアー

シュノーケルのあとは、スタンドアップパドルボードやカヤックの体験ができます。これらはすでに料金に含まれていますので、興味のある方はぜひ挑戦してみてくださいね。

スタンドアップパドルボードは意外にもバランスをとるのが難しいですが、水にもだいぶ慣れた頃なので、落ちても平気!(笑) シュノーケルで少し疲れたという方は、カヤックでぷかぷか海の真ん中で浮くのが良いかも! 

◇関連記事/心癒される!この夏イチオシ「天国の海」を体験

ドルフィンツアー

そろそろお腹が空き始めてくる頃…。

なんと、ボートの上でビーフパテが焼かれているではありませんか! 

ドルフィンツアー

手際良く野菜やチーズが盛られ、おいしそ〜!

ドルフィンツアー

青い海をバックに食べる出来立ての手作りハンバーガー。最高の味でした。ほかに、パイナップルやスナック、ジュースなども準備されていましたよ。

ドルフィンツアー

最後はフラを参加者みんなで踊り、大盛り上がり! 踊ることに必死のあまり写真での撮影を失念してしまいました…(汗)。動画では一部その様子が見れますので、お楽しみください。

ドルフィンツアー

最後に記念品としてエコバッグがもらえますよ。

イルカと一緒に泳ぐ夢のような体験、次のハワイ旅行ではぜひ検討してみてくださいね。12月中旬から4月中旬までは、ザトウクジラが見れることもあるそうですよ。一生の思い出に残る体験となること間違いなしです!

◎イルカ ハワイ エクスペリエンス
Iruka Hawaii Experiences
住所:2250 Kalakaua Ave #520, Honolulu, HI USA, 96815
電話:ハワイオフィス(808)636-8440、日本でのフリーダイヤル(03)4578-0539
ウェブサイト(日本語):https://iruka.com/
フェイスブック公式ページ(日本語):https://www.facebook.com/irukahawaii/
インスタグラム公式ページ(日本語):https://www.instagram.com/irukahawaii/

この記事が属するカテゴリー: オプショナルツアー


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ