ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

キョーコ

女子フィギュア金メダリストがハワイの小学校を訪問

投稿者: キョーコ
投稿日:
コメント: No Comments »

キラキラのクリスティさんとビロビロの私

 

kristi1

 

フィギュアスケート女子金メダリストのクリスティ・ヤマグチさんが、カリヒ地区の小学校を訪れ、電子書籍専用端末を寄贈したことが3月4日付の地元紙1面とローカル面に大きく紹介されていました。

 

クリスティさんは1992年のアルベール五輪女子フィギュアシングルスで、日系アメリカ人として初めて金メダルを獲得したんですよね。彼女は現在、チャリティ団体「Always Dream Foundation」の代表を務め、読書や識字推進活動を積極的に展開しています。

 

このたびクリスティさんが訪れたのはカリヒカイ小学校、リナプニ小学校の2校で、低所得者家庭の子どもが多く通っています。

 

夫が教師になって初めて勤務したのが幼稚園から3年生までが通うリナプニ小学校でした。

 

この学校はタワーズ・アット・クヒオパーク(旧クヒオパークテラス)と呼ばれる低所得者向け住宅内にあります。警備が強化される以前は、この地域だけは夜間の宅配は行なわないというお店もあるほど、暴行や強盗事件がたびたび起きていました。

 

そんなわけで学校を訪れるときは正面入口のゲートでチェックを受けなければなりません。私も夫にたのまれ、何度か学校行事のボランティアに駆り出されましたが、毎回ゲートでのチェックはドキドキでした。

 

リナプニ小学校にはサモア系、ミクロネシア系、ハワイアン系の子どもたちが多く、文化祭のステージはまるで「ミニポリネシアン文化センター」のようなハイレベルなパフォーマンスで、毎回感心しています。

 

すいません、話がかなり脱線してしまいました。クリスティさんのチャリティ活動の話をしていたんでした。

 

kristi2

2012年7月に、彼女が代表を務めるチャリティ団体「Always Dream Foundation」が、モイリイリ地区にあるハワイ日本文化センターに1万ドルを寄付したのですが、そのときに取材を担当し、“生クリスティ”を間近で拝見しました。

 

恥ずかしそうに「金メダルをとったのはもう20年も前なんですよ〜」と言っておられましたが、いやいやとっても若々しくて、まぶしいぐらいに輝いていました。

 

kristi3

やっぱり自分の目標に向かって進んでいる人は、キラキラ輝いていてステキですね〜。

 

襟ぐりビロビロのTシャツ姿で、家にこもって原稿書いてる自分とは大違いであります。

 

記事を読みながら、とりあえず今着ているTシャツは捨てよう、と反省した私でした。あ〜あ。

この記事が属するカテゴリー: キョーコのブログ, 編集部ブログ


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*