ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

キョーコ

これなしではもう外出できない

投稿者: キョーコ
投稿日:
コメント: No Comments »

昨年あたりからハワイで爆発的にヒットしている商品がこちら。

hydroflask1

ウォーターボトルのハイドロフラスク。もうご存知の方も多いと思いますが、おそらくこれを持っていない子どもや若者はいないのではないか、というぐらいスゴイ人気です。

 

ダブルウォールの真空2層構造で、冷たいドリンクなら24時間、温かいものなら12時間、温度をキープしてくれる優れものです。

 

わが家も皆それぞれのハイドロフラスクを持っています。

 

夏以降、猛暑がつづくハワイ。これなしで外出するなんて、もう考えられません。そのぐらい、ハワイの人びとの暮らしになくてはならないものになっています。

 

その爆発的な人気に並行して、昨年のホリデーシーズンには窃盗被害商品のトップになりました。

 

私の友人も、カーニバル会場でゲームに夢中になっている間に、ボトルを盗まれました。

 

そんなわけで、窃盗被害に遭わないように自分の名前のステッカーを貼ったり、持ち手を自分で手作りするなど、「マイボトル」を持つ人が最近多くなりました。

 

こちらは(↓)娘のボトル。いまはグリーンがマイブームらしく、すべて緑色で統一するこだわりギャルです。

hydroflask2

マイボトルの流行で便乗商品も続々登場。

hydroflask3

蓋用のバンドやカラフルな持ち手など、オシャレなアクセサリーやカバーなどの新商品をみつけると、すぐに買ってくる夫と娘。こんなにいろいろ買って、どうするのでしょう。

 

しかも夫ときたら、「自分は飲む量が普通の人の倍だから」と(トップ写真の左側の)黒い大きなハイドロフラスクを自分用に買ってきたのですが、しばらく使うと「重すぎて使いづらい」と文句をたれ、新たにシルバーのボトルを購入。もうハイドロ商品に散財しています。

 

ところでこのシルバーのボトル、ハイドロフラスクではなく「fiftyfifty(フィフティフィフティ)」と書かれています。

hydroflask4

聞いたところによりますと、ハイドロフラスクを創業した夫婦がその後離婚して、権利を半々(フィフティフィフティ)にし、妻がfiftyfiftyブランドで販売するようになったからとか。

 

夫が誰かから聞いたという、まったく当てにならない話です。信用してはいけませぬ。念のためサイトで調べてみましたがそんな話、ひとつも見つかりませんでした。

 

でもですね…もし本当だったら…

 

離婚もブランドに利用してしまうそのパワーに、あっぱれでございます。

この記事が属するカテゴリー: キョーコのブログ, 編集部ブログ


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*