ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイの天気情報、気候

更新日:2015年08月14日

ちょうど日本の初夏のように爽やかなハワイ。常夏とも言われますが、夏と冬では気候も少し違うし、雨が降る日だってあります。「雨期はいつ?」「冬でも泳げるの?」。Myハワイ編集部がそんな質問にお答えします。統計データおよびハワイ住民の感覚的意見を織り交ぜながら、ハワイの気候について特集してみますね。

今日のハワイの天気

気になるハワイの最新天気はこちらでチェック!各エリアごとの予報も見ることができます。

気温

ハワイの天気、気候

5月から10月くらいまでの夏は最高気温が29~31℃、最低気温が21~23℃くらい。11月から4月くらいまでの冬は最高気温21~23℃、最低気温18~21℃くらいといわれています。こうして数字で見ると本当に過ごしやすい気候です。ただし、この数字はあくまでも日陰の温度を計ったもので、ホノルルの場合はホノルル空港の数字が発表になるので、ワイキキ周辺とは少し違うかもしれません。それに日射しの強さは相当なもので、照り返しの強いビーチ等では気温はずっと高くなります。逆に、冬場など、日が沈んだ後に気温が落ち込んで肌寒く感じることも多くなります。ですからこの数字よりも実際の体感気温はかなり上下があるということを覚えておいて下さい。

■関連情報/ハワイの日の出&日の入り時刻 早見表

乾季、雨季

ハワイの天気、気候

ハワイでは日本のようなはっきりとした四季はないかわりに、大きく分けて乾季と雨季に分けられています。大体11月から4月頃までの冬場がこの雨季にあたるのですが、最近の世界的な異常気象のためかその年によってずいぶん違います。11月に入る頃からは雨の降る日が多くなりますが、日本のように一日中ずっと降り続けることは少なく、「断続的なシャワー(夕立ちのような短時間に降る激しい雨)が日に何度かある」という程度。折り畳み傘があると安心ですね。年間の晴天率はホノルルが70%とかなり高く、雨量の多いハワイ島ヒロは、晴天率が40%です。

冬は虹の季節、朝晩のシャワーが多くなるのにあわせて雨上がりにきれいな虹が架かる日が増えます。ダブルで架かることもしばしば。レインボー・アイランドならではの素晴らしい眺めをぜひみなさんにも見ていただきたいなと思います。夕日も冬のほうが断然ダイナミック。太陽が沈んだ後、空がオレンジからパープルのグラデーションがかかったように刻々と変化してゆく感動的なサンセットは冬のほうが圧倒的に多いのです。

■関連情報/ハワイ写真集 Vol.20-幸せを運んでくれるハワイの虹

エリアによる気候の違い

ハワイの天気、気候

ハワイ各島は小さな島とはいえ、場所によってずいぶん天気が違います。ワイキキからダウンタウンにかけては晴天率が高めですが、アラモアナビーチから見える山の上にはいつも雲がかかっています。島によっても多少違いがありますが、だいたい島の北東地域は雨が多く、南西地域は天気がいい傾向にあります。これは北東から吹いている貿易風が運んでくる雲が、島の中央にある山地にぶつかって雨を降らせるからで、ハワイ島では東部にあるヒロでは年間降水量が3,000ミリを超すのに対し、西側のカイルア・コナ地区はたった630ミリあまりと極端に違ってきます。マウイはカアナパリからラハイナはいつ行っても蒸し暑くて、ワイレアはドライな感じがします。オアフ島ではカネオヘやマノアが雨の多いエリアです。

ハワイで最も気温が低いのはハワイ島マウナケアの山頂で、月間平均最低気温はなんと-3.8℃、最高でも5.8℃で、10月~3月はハワイでただ一カ所スキーが出来るところとして知られています。(雲の上に突き出た山の頂上は、ハワイといえども、とても寒い。観光の際には、防寒の用意をお忘れなく。)

■関連情報/オアフ島&ワイキキマップ
■関連情報/離島案内 – ネイバーアイランド

ハワイの天気、気候

ハワイの波といえばご存じ冬のノースショア。ワイメアからパイプライン、サンセットビーチにかけて30フィート(約9.5メートル)を超えるビッグウェイブは壮観のひとこと。遥かアラスカやアリューシャン列島付近で発生するうねりが、ハワイまで到達するのです。だからこの時期は、ノースショアやマカハに世界中からサーファーが集まるんですよ。もちろんこの季節、ノースのビーチでは遊泳などはとんでもありません。でも夏はびっくりするほど波も穏やかでもちろん遊泳もOK! 透明度の高さも抜群ですよ。そして夏はワイキキなどのサウスショアに波が立ちます。3フィート前後(約95センチメートル)のおとなしい波なのでビーチの遊泳には問題ありません。何か問題がある時はライフガードが警告や遊泳禁止のサインを出すので注意して見てください。クラゲが出ることもあり、それもサインで知らされます。

■関連情報/冬のディープなノースショアを満喫するポイント!(ビーチ編)
■関連情報/冬のディープなノースショアを満喫するポイント!(ハレイワ編)

海の天気

ハワイの天気、気候

ワイキキやアラモアナビーチは冬でも泳げますが、曇っていたり風が強かったりすると結構寒いです。ワイキキは人が多いしビーチも狭いのでお勧めはアラモアナビーチ。リーフの内側にあるので沖にうねりがある時でも波打ち際は穏やかでファミリー向けです。ハワイの水温は真夏でもそんなに高くなくて27~28℃程度。冬場は24~25℃くらいと気温より少し暖かくなっています。でも実際にはもう少し冷たく感じるかな。冬場はビーチに行っても水には入らず、砂浜で日光浴だけというパターンが多くなります。
ハナウマ湾も通年で泳げますが、夏でも水は冷たく風も強いので、朝から出かけて午後は早めに引き上げるのが得策。そして、年間を通して日射しは思っている以上に強いですから冬でも日焼け止めを忘れずに。紫外線対策もお忘れなく! 特に赤ちゃんにはベビー用の日焼け止めをつけてあげてくださいね。

■関連情報/ハワイ写真集 Vol.02-ワイキキビーチ
■関連情報/ハワイ写真集 Vol.19-アラモアナ・ビーチ・パーク

服装

ハワイの天気、気候

日中は暑いのでTシャツ、短パンにサンダル等でOKですが、カーディガンとかウインドブレーカーのような薄手の長袖を1枚持ってお出かけください。飛行機、空港、レストラン、ショップ、バス、そしてホテルの部屋など、なにもここまで冷やさなくても、というくらい冷房が効いています。サンセットクルーズも海上の風にあたると体が冷えてきます。特にザ・バスで遠出を考えている人は足下も冷えるのでご注意! バスタオルを一枚持って行くとバスの中ではなにかと重宝すると思いますよ。

抜けるような青空と眩しく輝く青い海、風にそよぐ椰子の木、そしてカラッとした爽やかな気候。皆様、ハワイの素晴らしい気候を楽しんでくださいね。アロハ!

(2000年取材、2015年更新)

この記事が属するカテゴリー: ハワイ滞在ガイド, 基礎知識
関連キーワード: 天気, 気候,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)