ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局
人気連載「Norikoのレイ入門講座」

第06回 リボン・レイに初挑戦!

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2007年08月21日

第6回 リボン・レイに初挑戦

●裁縫が苦手でも平気?
これまで、フラワー・レイをご紹介してきましたが、今回はリボン・レイに挑戦してみようと思います。実は、裁縫が大の苦手な私は、「針と糸を使うリボン・レイなんて絶対無理」と思っていたので、できるだけ「見ないふり」をしていたのです。が、読者の方々からの要望をたくさん頂いたのと、今、日本でもリボン・レイが流行っているということで、一念発起 恐る恐る、リボン・レイの世界に足を踏み入れたのです。


教室はワイキキ・ショッピング・プラザの1階に特設

●「どれが簡単か?」
今回私が参加したのは、「ワイキキ・ショッピング・プラザ」の1階で行われているリボン・レイのレッスン。ここでは、毎週火・木曜日の午後3時30分から、約1時間半〜2時間のレッスンが行われています。会場へ行ってみると、いくつかのテーブルと椅子がステージの前に並べられています。先生は私より若いと思われるロコの女性。ステージの周りに集まった私たち生徒に対して、ステージの端を指差し、「作りたいレイを選んでくださ〜い」。指を刺している方向を見ると、色とりどりのリボン・レイが10本ほど掛けられていました。遠目に見ると色の区別しか付かないですが、近くで見ると大きさ、デザインなど全て異なっています。それがかなり可愛いんですよね。見ていると、全部のリボン・レイを作りたくなっちゃいます。

「こうやって作るのかなぁ?」と、大体の想像ができるのもあるのですが、全くどうなってるのか予想が付かないものの方が多く、どれが簡単なのかすら検討も付きません。やはりリボン・レイ初心者としては、無理は禁物 「難しいものを選んで、行き詰ってしまう、なんてことだけは避けねば」。でも、やっぱり目が行くのは可愛いレイ。そこで、先生に「これ、やりたいんだけど難しいかしら?」と聞いてみると、「大丈夫よ。コツさえつかめば、作れるものばかりを用意しているから」と言うのです。ならば、これに挑戦 ということで、私が選んだのはクラウン・フラワーのリボン・レイ。1本のリボンしか使わないので、材料費はたったの10ドルと格安なのも、初心者には優しいですよね。

●クラウン・フラワー・リボン・レイの作り方
作りたいレイを選んだら、先生から材料を渡されます。色はサンプルの色と同じ色でなくても、好きな色を選べるようになっています。ただし、先生の在庫次第なので悪しからず。テーブルに着くと、先生が回ってきて順々に作り方を教えていきます。以下、先生に教えてもらった作り方とコツです。

<材料>
1. 針、糸(ともに裁縫用でOK)
2. リボン(幅0.6インチ、長さ9ヤード)。日本で買う場合は幅1.5cm、長さ10mで大丈夫
3. 洗濯バサミ(糸を巻いておき、レイの下端を固定しておくためのもの)
4. ウッドビーズ2個

<作り方>

1. まずは、リボンにマーキング 1.5インチ(約3.8センチ)間隔をボールペンで印を付けていきます。今回は先生が用意してくれた紙で作ったルーラーを使用。マーキングの時には、必ず同じ面の上か下かのどちらかに印をつけましょう。後で針を通す時にバラバラにマーキングされているとやりづらいからです。
2. マーキングが終わったら、いよいよ縫い始めます。糸を洗濯バサミに巻きつけて針から5センチほど残し、リボンと糸をはさみます。このとき、リボンの端は20センチくらい残しておきます。でき上がりの時に、もう一方の端と結んで蝶結びにするためです。
3. リボンを半分に折り重ね、先ほどマーキングした所に針を通していきます。リボンの端から3ミリくらいのところを縫っていきます。そして、またマーキングしてある箇所を同じように2枚重ねて縫っていきます。その時に、あまりきつく閉めずに、ゆっくりと余裕を持たせるのがコツのようです。
4. 縫い進める時のもう一つのコツが、レイを時計回りにまわしながら作ることです。プックリとした花の部分がらせん状になるように作っていきます。写真右のように、一つ前に作った部分の上にリボンが重なって、左方向に伸びるようにします。これがこのレイを作る時に、一番難しい部分ですね。私は最初、これが分からず「こんな感じ?」的感覚で縫い進めていったら、全然違ったようで、先生が全部直してくれました(汗)。このコツをつかむまでは、ちょっと難しいかもしれませんが、慣れたら簡単です。ひたすら、これを繰り返すだけ。
5. 20センチほど残したところで終了したら、端の部分にウッド・ビーズなどをつけて蝶結びにしてでき上がりです。


●意外とはまってしまうリボン・レイ!?
今回、初めてリボン・レイを作りましたが、フラワー・レイよりも手間がかかるからか、達成感が全然違いますね。裁縫の嫌いな私でも、レイが徐々にでき上がっていくのは楽しかったです。そして1つでき上がると、次の新しいものが作りたくなっちゃいました。手芸が好きな方にはもう絶対おすすめします。是非、やってみてください。日本でもリボン・レイが静かなブームのようですし、ハワイに来た時に習ってみるのもいいのでは? また、ハワイにはたくさんクラフト・ショップがありますので、材料をたくさん買って帰り、日本でいろいろ作ってみるのもいいかもしれませんね。次回もリボン・レイ第2弾をお届けしますので、お楽しみに

Waikiki Shopping Plaza
ワイキキ・ショッピングプラザ
住所:2250 Kalakaua Ave., Honolulu, HI 96815
電話:(808)923-1191
レイ・メーキングのスケジュール:毎週火曜日(15:30-17:15)、木曜日(15:30-17:30)
料金:材料費(実費)のみで、受講は無料

(Noriko)

この記事が属するカテゴリー: カルチャー, レイ入門講座
関連キーワード: レイ,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ