ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方Hawaii Arukikata
  facebook twitter twitter RSS
メニューメニュー
Eriko

ハワイ・ワイキキ周辺の人気ファーマーズマーケット7選

投稿者: Eriko 更新日:2018年10月27日

7 Popular Farmer's Markets around Waikiki

ハワイの産物や美味しいグルメに出会えるファーマーズマーケット、楽しいですよね。KCC朝市の人気は相変わらずで、わざわざこのために土曜日を日程にいれてハワイ入りする旅行者もいるほどです。「スケジュールが合わず今回は朝市に行けなくて残念!」という声もよく耳にします。

でも大丈夫! ワイキキ周辺でも毎日どこかでファーマーズマーケットが開催されているのをご存知でしょうか? そこで今回はオアフ島で開催されている市場の中でも、特に旅行者がアクセスしやすいファーマーズマーケットを厳選して7選ご紹介します。

ハワイのファーマーズマーケットについて

ファーマーズマーケットの見どころ

●ロコに人気のグルメにトライせよ! チャレンジ精神旺盛な人は、ガイドブックに載っていなくても行列が出来ているテントはトライしてみる価値大! 旅行者にも人気のレストラン「ザ・ピッグ&ザ・レディ」もしかり、ハワイで人気を博しているレストランはファーマーズマーケット出身のところも多いのをご存知ですか?

●ファーム・トゥ・テーブル ハワイのファーマーズマーケットはファーム・トゥ・テーブル(地産地消)を実践しているところが多いので、ハワイ産の新鮮なフルーツはもちろん、ハチミツやコーヒーなどの特産物がワイキキのお店より安値で買えることもあります(そうでない場合もありますので値段を比較してみることも必要!)。

●お土産探しに最適! 旅行者の方々は、メイド・イン・ハワイのフードアイテム、スキンケア、アクセサリーなど、お土産にして喜ばれそうなアイテムも要チェック。開催されている曜日や時間帯、それぞれのマーケットの出店も違うので色々出かけてみるのも楽しそうですね。

ファマーズマーケットに行く際の注意

●現金持参をおすすめ。最近ではクレジットカード使用が可能なお店も増えていますが出来ないところもあります。
●エコバッグ持参はマスト(ハワイでは買い物の際の袋全てに15セント支払います)!
●レンタカーで行く場合は駐車場を確認。
●人気のお店は並ぶことを覚悟で!

エコバックは必需品!

ワイキキ周辺のファーマーズマーケット曜日別一覧

月曜日 キングスビレッジ 

16:00-21:00

火曜日

ハイアットリージェンシーワイキキ&スパ 16:00-20:00
KCC@ナイト 16:00-19:00

水曜日

ホノルル 16:00-19:00
キングスビレッジ 16:00-21:00

木曜日

ハイアットリージェンシーワイキキ&スパ 16:00-20:00
ワイキキビーチウォーク 16:00-20:00

金曜日

キングスビレッジ 16:00-21:00

土曜日

KCC 7:30-11:00
カカアコ 8:00-12:00
キングスビレッジ 16:00-21:00

日曜日

アラモアナセンター 9:00-12:00
ワイキキビーチウォーク 一部の日曜日

1. カカアコファーマーズマーケット
開催日時:毎週土曜日 8:00-12:00

場所:1050 Ala Moana Blvd,Honolulu 96814(11月17日よりこちらに場所移動)
出店数:50店舗(中規模)
ウェブサイト:https://www.wardvillage.com/events/kaka-ako-farmers-market

新しくホールフーズもオープンしてますます活気を増しているカカアコには、現在2ヵ所ファーマーズマーケットがあります。一つ目がこのワードビレッジで催されている、カカアコファーマーズマーケットです。

約50店舗あるブースでは、ハチミツ、グルメ、衣類、ファッション小物、ハワイ産のコンブチャ(紅茶キノコ)などが提供されており、中には日本語が通じるお店があるのも便利。ファーマーズマーケットの店舗は下記をご覧下さい。

カカアコファーマーズマーケット

Hawaiian Fresh Farmes(ハワイアン・フレッシュ・ファームズ)
新鮮なハワイ産の食材で作られた美味しいフードを売っているお店が人気。チップスに付けて食べると美味しいサルサや料理に使えるペスト、キッシュなども美味しそうでした。

カカアコファーマーズマーケット

Hawaiian Rainbow Bees(ハワイアン・レインボー・ビーズ)
日本人スタッフがいて、日本語でわかりやすく説明してくれます。日本のイオンスーパーなどにも出荷しているというこのハニー、日本では蜂蜜の関税が高いためにハワイだと$5くらいなのが、日本で買うと$20ぐらいになるのだそう。ミニボトルもあり、バラマキみやげ用や、試し買いをしたい場合に便利。

お店の人のおすすめはLehua Honey(レフア・ハニー、白いキャップのボトル)。ハワイに咲く花から採れた蜂蜜なので、まさにハワイの産物というわけ! クリスマスベリーハニーは、クリスマスベリーという植物から採れ、蜜が十分に採れるほど密集して咲いていることが珍しいことから蜂蜜としても稀少だとか。

カカアコファーマーズマーケット

Maona Musubi(マオナムスビ)
むすび(ハワイではおにぎりのことを指す)は朝作ったのでフレッシュ。大きさはいやすめのおにぎりの1.5倍ほどでけっこう大きめなので、値段は2個で$5はお買い得かも? 人気は、サーモン味とオカカ。お店のお兄さんおすすめは、スパイシーシュリンプ。おかずが付いたどんぶりものも$5ずつと安いです。

カカアコファーマーズマーケット

Waffled Falafel(ワッフル・ファラフェル)
ビーガン(菜食主義者)向けのワッフルのお店です。フムス(ヒヨコマメのペースト、アラブ料理)を付けて食べると美味しいです。

ベーガンワッフル

Konbucha(コンブチャ)
コンブチャはアメリカでは昆布茶ではなくて紅茶キノコのことです。炭酸も入っていてとても美味しい。ジンジャーが入っているのかピリッとした爽快感もあり! お天気がよく暑い日はファーマーズマーケット内でドリンクを買って、見て回るのがおすすめです。

カカアコのファーマーズマーケット、コンブチャ

Hawaiian Hammus(ハワイアン・フムス)
パンの木、ウルを使って作ったグルテンフリー&ビーガンのディップが美味しいです。お土産には難しいかもしれませんが、試食はしてみる価値あり。珍しいフレーバーのマカダミアナッツも売ってあります(下写真)。

ハワイのファーマーズマーケット

Chef Arnaud(シェフ・アーナウド)
出来立てのオムレツが楽しめます。注文後作ってくれるのでホカホカを食べられます。

ファーマーズマーケット、アーナウドのオムレツ

Found Wood(ファウンドウッド)
ハワイで手作りのまな板屋さん。 木の種類によって色合いが変わり形も独特で素敵です。マンゴー、パパイヤなどなど。結構重みがあります。 日本人観光客も小さいサイズを買っていくみたいですよ。

カッティングボード

ハワイのファーマーズマーケット

Vermilli(バーミリィ)
ハワイ在住のデザイナーが手作りの服を販売しているお店。他に店舗は持たず、ファーマーズマーケット、もしくはホールセールで卸しているとのこと。使用されている生地はとても柔らかく、着心地抜群のこと間違いなし。

カカアコ

Poke(ポケ)
注文後、マリネしてくれるポケはフレッシュ! 漁師から直接、新鮮な魚を購入するとのこと。値段は、ハーフパウンド(227g)が$9、1パウンド(454g)が$18。下の写真はハーフパウンドです。醤油、生姜フレーク、玉ねぎ、ネギ、ハワイアンソルトのシンプルな味付け。全く臭みがなく美味しいです。

お店にはポケだけでなく、お魚そのものの販売もされています。家でポケを作るというお客さんが魚の切り身を買って帰っていました。また、取材時は売り切れていましたが、フィッシュディップが人気のようです。

Roots and Branches(ルーツ・アンド・ブランチ)
ココナッツジュースが買えます。ジュースを飲んでしまったら、お店の人にココナッツを割ってもらい中の実も食べることが出来ます。ペットボトル持参で、フレッシュなココナッツジュースをそこへ入れてもらい飲んでいる人もいました。

ココナッツジュース

ビーフチップス

Beef Chips(ビーフチップス)
ハワイ島のグラスフェッドビーフから作ったビーフチップス。全部で11種類のフレーバー。パリパリとした食感で、フレーバーによっては甘い感じのものもあります。お酒のつまみや、お店の人はおにぎりの友に漬物的な感覚で食べるらしいです。あと、お味噌汁に入れたりもするそう!?

人気フレーバーは、パイナップルのフレーバーがマリネされているハワイアン味。 犬用のビーフチップスもあります。ただビーフ製品は日本に持ち込めないかもしれないので、長期滞在の方へおすすめです。

カカアコファーマーズマーケット、ビーフチップス

ビーガンのスキンケア商品(下写真)。自然素材を使用して、作ったスキンケア商品($20〜55)。日本のファンも多いようで、お店の人は、「物に溢れている日本の人がこの商品を選んで買ってくれるととても嬉しい」と語っています。日本からのオーダーも受け付けているらしく、帰国後もっと欲しい場合も購入が可能(郵送費は別)。

このお店のほかにも、ヘンプを使用したオーガニックコスメなどのお店もあります。

ファーマーズマーケット

カカアコファーマーズマーケットのすぐ横には、インスタ映えで有名な「ALOHA」の壁画があります。マーケットに行ったついでにこの前でインスタ投稿もぜひ!

ワードビレッジショップス
Ward Village Shops
住所:1050 Ala Moana Blvd., Honolulu, Hawaii 96814 

Ward Centers, Ward Warehouse
ウェブサイト(日本語):https://www.wardcenters.com

2. ハイアット リージェンシー ワイキキ ビーチ&スパ ファーマーズマーケット
開催日時:毎週火&木 16:00-20:00

場所:ハイアットリージェンシー ワイキキ ビーチ&スパ
出店数:30店舗ほど(中規模)

フルーツやスイーツの他、コーヒー、石鹸、アクセサリーなど、メイド・イン・ハワイのお土産を売っているブースも多数あります。30店舗ほど出店されているとはいえ、ワイキキの中心で開催されている一番大きなファーマーズマーケットなので、毎回多くの人々で込み合います。旅行者が一番行きやすいマーケットでもありますね。

ワイキキのホテル内で開催されているファーマーズマーケットと聞いてあまり期待していなかったのですが、実際に行ってみるとその充実ぶりにびっくり!? お土産探しはここで十分出来そうです。

週2回夜間8時までオープンしているので、ワイキキに滞在するならばぜひ一度は覗いてみる価値があるマーケットです。ちなみにマーケットが開催される場所はハイアット1階のエリア全域なので、ホテルのどの入口から入っても迷うことなく見つかります。

カラカウア通りから入ったらまずはこのお店。お店で売られているマラサダはプレーンなものからクリームやジャム入りなど風味も様々。マラサダは1つ$2、3つ買うと$5。マラサダの他にも美味しそうなパティスリーもあり。マーケットの中で一番人が集まっているお店でした。

美味しそうなマラサダは、帰る頃には売り切れの品も多かったです。

ハイアットのファーマーズマーケット

有名なアイカネプランテーションコーヒーカンパニーのブースもあります。ホットコーヒー、アイスコーヒー、コーヒーゼリーも販売されていました(下写真)。

アイカネプランテーション

ハワイ土産

ジャムやハチミツのお店、種類が半端でない! ジャムのお値段はどれを選んでも3個で$21なので、お土産にもお手ごろ。

ハワイ土産

ハワイ限定のコナコーヒー・バター・スプレッドが人気。筆者も以前食べたことがありますが、トーストに塗るとコーヒーのアロマ(香り)がほんのりしてハワイが感じられますよ。お値段は1つ$10。

ハワイ土産、ファーマーズマーケット、特産物

こちらは今回筆者が一番気になった手作りハットのお店。全てネクタイ生地から作られたリサイクルだそうです。可愛いおばあちゃんが全て手作り(下写真)。こんな帽子を被ると英国の貴婦人のような気分に浸れそうです!

ハワイ土産

ジュエリーショップも見かけました。値段も安いのでお土産にしてもよさそう。ブレスレット(1個$18、2個で$30)、ネックレス(3個で$25)

ハワイ土産

ハワイ土産

ココナッツのドリンクのブースもいくつかあります。値段の相場は$5。ワイキキでもココナッツジュースが飲めるのは嬉しい!

ハワイ土産

果物も安い! 綺麗なパパイヤが1個($2)。

ハワイ土産

フルーツの生ジュース($5)。

ファーマーズマーケット、生ジュース

電話:(808)237-6395(予約)

ハイアット リージェンシー ワイキキ ビーチ リゾート&スパ
Hyatt Regency Waikiki Beach Resort & Spa
場所:2424 Kalakaua Ave. Honolulu, HI 96815
ウェブサイト(日本語):https://www.hyatt.com/ja-JP/hotel/hawaii/hyatt-regency-waikiki-beach-resort-and-spa/hnlrw

 

3.ホノルル・ファーマーズマーケット
開催日時:毎週水曜日 16:00-19:00

場所:ワード(カカアコ)エリアの山側、777 Ward Ave, Honolulu, HI 96814
電話:(808)848-2074
店舗数:30店舗(中規模)

カカアコで催されている二つ目のファーマーズマーケット。ワードアベニュー沿いのホノルルのコンサートホール、ニールブレイズデールセンター横の駐車場で毎週水曜日に開催されています。一見こじんまりしていますが、野菜や果物からヘルシー系のアイテムを置いているブース、人気の屋台なども入っており、なかなか充実しています。テーブルを設置しているお店も多いですが、センターの周りの芝生に敷物をしいてピクニック風に購入したものを食べている人もいます。

車で行く場合は、ファーマーズマーケット利用者は、マーケットが開催されている駐車場ではなく、サウスキング通りから入ったセンター専用の駐車場に無料で停められます(ファーマーズマーケット開催中に限られます)。

フードブースでは、大人気の「ザ・ピッグ&ザ・レディ」のブースもあります。その他にもタイ料理のお店などもあり。また、ヘルシー系のサプリやフードアイテム、ベジタブルやフルーツ、オーガニックの野菜を売っているお店もあります。同マーケットのブースの特徴は下記をご覧下さい。

やはりザ・ピッグ&ザ・レディのブースには人が並んでいます。ブースの中にテーブルと椅子が設置されており、中でも食べられるようでした。

フルーツや果物は新鮮でお店で買うより安いです。この日、オーガニックのお店では、野菜のほかにも綺麗なひまわりの花も売られていました。

ヘルシーバーを売っているブース。ウコン抽出物入りのペーストが人気だそうで、これをお湯やミルクに混ぜて夜に飲むとぐっすり眠れて疲れが取れるそうです。他にもダイエットやトレーニングをする人が喜びそうなアイテムがあります。

4.マーケット・オン・ザ・プラザ・アット・ワイキキ・ビーチ・ウォーク
開催日時:毎週木曜日 16:00-20:00&一部の日曜日

場所:ワイキキ・ビーチ・ウォーク 
出店数:9店舗(小規模)
ウェブサイト:http://jp.waikikibeachwalk.com/Events-And-News/August-2018/Market-on-the-Plaza.htm  

ワイキキの真ん中のお洒落なショッピング街、ワイキキ・ビーチ・ウォークの芝生エリアで夕方から行われるファーマーズマーケット。こじんまりとしていますが、道行く人が食べ物を買っている姿が多くみられます。美味しいプレートランチやカットフルーツ、タピオカデザートなどが販売されているので、ワイキキを散策中に立ち寄ってみたり、お持ち帰りしてホテルの部屋で食べるのに最適です。

日曜日はその月々によって開催日が違うので、こちらのウェブサイトを確認ください。※日付、時間、パフォーマンスやアクティビティの内容は、天候などにより予告なしに変更される場合があります。

Kitchen Pathai
タイフードの屋台です。タイ風焼き鳥の串刺し($3.50)が美味しそうでした。中でもロブスターのすり身が人気だそうです。パッタイヌードル(下写真、$7.50)を筆者は2つテイクアウトしてみましたが、野菜がたっぷり入っていて、家に戻ってからレンジで温めて食べても美味しかったです。ソースは2種類から選べます。

こちらのお店も人が並んでいました。ホテルの部屋で食べられるカットフルーツ各種、タピオカのデザート(下写真、$4)などもフルーツがたっぷり入ってとても美味しそうでした。新鮮なフルーツを使ったスムージーも人気のようです。

Sweet Aloha(スイートアロハ)
手作りのスイーツのお店です。マンゴーブレッドやバナナブレッド、ハワイで人気のバター餅などが売ってあります。バター餅が食べたかったけどこの日は売り切れ。糖尿病などの疾患を持つ人のためのシュガーフリーやローファット、グルテンフリーのお菓子も売っています。マフィンの値段は1個$3.25、2個で$6。

Pipikaula O’Kahalu’u(ピピカウラ・オカハルウウ)
ローカル産のビーフジャーキーのお店。ナチュラルな風味で美味しいです。スパイシーとオリジナルがありますが、オリジナルが人気だそうです。一袋が$6。店舗は他には出していないらしく、ここで買えなかったらオンラインのみの販売だそうです。

名前入りのリストバンドのお店です。店名はない(笑)そうです。テントの中にはびっしりとカラフルなリストバンドが展示されており、探したらなんと私の名前もありました(笑)! 値段は1本$10。同じブースがハイアットのファーマーズマーケットにも出ています。

ワイキキ・ビーチ・ウォーク 
Waikiki Beach Walk
住所:226 Lewers St., Honolulu HI 96815 
ウェブサイト(日本語):http://jp.waikikibeachwalk.com/
フェイスブック公式ページ(英語):https://www.facebook.com/waikikibeachwalk/
インスタグラム公式ページ(英語):https://www.instagram.com/waikikibeachwalk/?hl=en

エンバシー・スイーツ・バイ・ヒルトン・ワイキキ・ビーチ・ウォーク
Embassy Suites by Hilton Waikiki Beach Walk
住所:201 Beachwalk St., Honolulu, HI 96815
電話:(808)921-2345

ウェブサイト(日本語):http://jp.embassysuiteswaikiki.com/
料金&予約(日本語):http://jp.embassysuiteswaikiki.com/specials
フェイスブック公式ページ(日本語):Facebook.com/EmbassySuitesWaikikiJP
インスタグラム公式ページ(英語):https://www.instagram.com/embassywaikiki/?hl=en

5. キングスビレッジファーマーズマーケット
開催日時:月、水、金、土の16:00-21:00

場所:ワイキキのハイアット・リージェンシー・ワイキキ&スパの隣
出店数:9店舗(小規模)、取材日は水曜日
ウェブサイト:http://www.kings-village.com/

ワイキキ中心にあり週4日開催されているので、行きやすいのと週のうちほぼ毎日開催されているのでいつでもいけるところが良いですね。新鮮なカットフルーツやカットしてあり食べるだけのサラダ類が充実。夕食などに食べられる軽食も販売されているので、ホテルの部屋に持ち帰って食べるのに好都合。入り口左側でショーが開催されており、パフォーマンスが始まるのは大体7時15分ごろから。

本格的な絵画も販売されており、キングスビレッジ2階にギャラリーを持つ画家のウェイン・ガバイロさんはファーマーズマーケットに限らず、月、火曜日以外はいるとのことでした。

木の飾り物などのクラフトを売っているお土産屋さんもあります。

ハイアットのファーマーズマーケットPindan Foods(ピンダンフーズ)
日本人経営のパエリアのお店、ピンダンフーズ。他にもレストランがあるのかと思ったら、キングスビレッジのファーマーズマーケットのみでの営業だそうです。パエリアは$11とお得な値段。

キングスビレッジのファーマーズマーケット

キングスビレッジのファーマーズマーケット

カットフルーツやスイーツも買えます。

キングスビレッジのファーマーズマーケット

キングスビレッジのファーマーズマーケット

タイ風の焼き鳥($3.50)やプレートランチもあります。

キングスビレッジのファーマーズマーケット

6.KCC
開催日時:毎週土曜日 7:30-11:00&火曜日 16:00-19:00

場所:KCC(カピオラ二コミュニティカレッジの校庭)
出店数:100店舗以上(大規模)
ウェブサイト: www.kapiolani.hawaii.edu/project/farmers-market/

◎KCCファーマーズマーケット@ナイト

開催日時:毎週火曜日16:00-19:00
場所:KCC(カピオラ二コミュニティカレッジの校庭)
店舗数:9店舗ほど(小規模)

※出店は土曜日よりもかなり少なくお店も日により出店するお店も週によって変わります。

ダイヤモンドヘッドの裾野に位置するカピオラニコミュニティカレッジ(KCC)で毎週土曜日の午前7時30分〜11時と火曜日午後4時〜7時に開催されます。土曜日の朝市は出店が多くハワイ最大規模と言われており、ダイヤモンドヘッド登頂を終えた人やワイキキからトロリーで訪れる人など、旅行者たちで賑わいます。100%メイド・イン・ハワイ(ハワイ産)のグルメやアイテムが幅広く入手できます。地産地消にこだわるサステイナブル(地球環境に優しく持続に貢献する)な市場です。

行き方: バスで行く場合のワイキキからの行き方は、クヒオ通りから市バス23番もしくは2番に乗車、KCC(カピオラニ・コミュニティ・カレッジ)で下車します。 レンタカーで行く場合は、駐車場は混雑していますがそのぶん回転も速いのでしばらくしたら駐車できると思います。土曜日の午前9時半前にいけば大丈夫でしょう。

KCCファーマーズマーケットのお店詳細はこちらの記事をご覧下さい。

KCCファーマーズマーケット

◇関連記事/KCCファーマーズマーケット完全版! 人気の店23選
◇関連記事/【オアフ島ガイド】ダイヤモンドヘッド・トレッキング(動画付き)

お店の前にすごい行列! と思いきや…大人気の「ククイソーセージ」。ハワイで人気のポーチュギーズソーセージ(ポルトガル風)、チキン、イタリアンスパイシー、チョリゾなどの他にパイナップル、キムチ、餃子など珍味も味わえます。KCCに来たら並んでも絶対食べたい! 一番人気のホットドックはその名もキングコング(下写真)。

KCCファーマーズマーケット

KCCファーマーズマーケット

The Pig and The Lady(ザ・ピッグ&ザ・レディ)

言わずと知れたレストラン大賞受賞のフュージョンベトナム料理店「ザ・ピッグ&ザ・レディ」。実はKCCのファーマーズマーケットから始まったことをご存知ですか? 「フレンチディップ」は同店のマストトライ・アイテムだそうです。

KCCファーマーズマーケット

Pacifikool (パシフィクール)

KCCのベストセラーと言えばジンジャーエール。ビッグアイランド産のフレッシュなジンジャー(生姜)をしぼった生ジンジャーエールを飲みながらマーケットを散策するのがツウな楽しみ方ですよ。

KCCファーマーズマーケット

KCCで販売されているマイルドで飲みやすいコーヒーをご紹介します。この動画を見ると美味しいコーヒーが出来る理由がわかります!

7.アラモアナセンター・ファーマーズマーケット
開催日時:毎週日曜日 9:00-12:00

場所:アラモアナセンターのアトキンソン・ドライブ側の駐車場
店舗数:約20店舗(中規模)

アラモアナセンターに毎週日曜日に開催されるファーマーズマーケットが戻ってきました。場所は以前のショッピングセンター内のエヴァウィング側の駐車場より、アトキンソンドライブ側に移動しました。

ハワイ・ファーム・ビューローとの共催で行われる同朝市には、ハワイの地産野菜やフルーツ、植物、手作りのパンや焼き菓子などのアイテムが並んでいます。

ハワイ滞在中に食べたいものや珍しいお土産が見つかるかもしれません! アラモアナセンターでショッピングの際に気軽に立ち寄れるのが便利ですね。センター内にバス乗り場もあるので、ワイキキからバスやトロリーで来やすいのも良いですね。

ハワイでは有名な「ホー・ファームズ」のアイテムも取り扱われています。

アラモアナセンターのファーマーズマーケット

アラモアナショッピングセンター

アラモアナショッピングセンター

アラモアナショッピングセンター、朝市

その場で作ってくれるハワイ風ポップコーン「オノ・ケトル・ポップ」。

アラモアナショッピングセンター

◎アラモアナセンター Ala Moana Center
場所:1450 Ala Moana Blvd., Honolulu, HI 96814
電話:(808)955-9517
営業時間:月曜~土曜9:30-21:00、日曜10:00-19:00 休業日:年中無休
ウェブサイト:https://www.alamoanacenter.com/ja.html

ワイキキの周辺でもファーマーズマーケットが毎日行われていますのでぜひ出かけてみてください。きっとレアなお土産探しが出来るはずです。

(2018年10月27日更新)

この記事が属するカテゴリー: お土産・ハワイグッズ, ショッピング


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ