ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

キョーコ

人を童心にかえらせる木

投稿者: キョーコ
投稿日:
コメント: No Comments »

banyan1

ハワイの公園などでよく見かけるバニヤンツリー。

 

 

だらんと垂れているのは枝ではなく、気根という根っこだそう。気根は伸び続けて地面に届くと、新しい幹となり、木の成長を助けるということです。

 

 

地面に到達する前の、綱引きの綱のような気根が目の前にぶら下がっていると、助走をつけて勢いよく飛びつきたい、という衝動に駆られます。もちろん今でも…

 

実際、子どもに限らず、大人もぶら下がってゆらゆらと楽しんでいる光景をたびたび目にします。

 

ワイキキのホノルル動物園近くのバニヤンツリーで以前、観光客とおぼしき老夫婦が、笑いながら気根に飛びつき、お互いの写真を撮っていたのを見たことがあります。2人とも子どものように、それはそれは楽しそうでした。

■関連記事/ハワイ写真集 Vol.17-カピオラニ公園

banyan2

日本から遊びに来ていた母が、私の目の前でこの根っこに飛びついたときは心底たまげました。

 

ハワイという土地柄のせいでしょうか、真面目でめったなことでは羽目を外さない母が、根っこにぶら下がって、無邪気に遊んでいます。バニヤンツリーには人を童心にかえらせる魔力があるようです。

 

もちろんバニヤンツリーにぶら下がるお茶目な母の姿はしっかりカメラにおさめました。ただ「絶対見せちゃダメ」ということで、残念ながらここで公開することはできません。ご想像でお楽しみください。

この記事が属するカテゴリー: キョーコのブログ, 編集部ブログ


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*