ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局

【オアフ島ガイド】ダイヤモンドヘッド・トレッキング

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2014年07月10日

Hiking Trail, Diamond Head

ハワイのシンポル的存在といえばダイヤモンドヘッド。ロコの人たちは南北をマカイ(海側)、マウカ(山側)と呼ぶように、東の方向という意味で「ダイヤモンドヘッド・サイド」と言ったりします。そんなダイヤモンドヘッドは手軽なハイキングトレイルとしてもオススメで、ワイキキ全体を見下ろす山頂からの眺めが素晴らしいことでも有名です。ゆっくり行っても往復で2時間ほどあれば十分。天気のいい朝にぜひ登ってみましょう!

ハワイやワイキキの観光スポット、ダイヤモンドヘッド

ダイヤモンドヘッドとは…
もともとハワイは火山の噴火でできた島々。未だに火山活動が続いているハワイ島のキラウエア火山などもありますが、ダイヤモンドヘッドの噴火は30万年前に起こったきり。というわけでダイヤモンドヘッドは死火山の外輪山なのです。火山というだけに、中心部分のクレーターはくぼんでいて外側は高さがあります。外輪山の一番高い部分が標高232m。そこがダイヤモンドヘッド・トレイルの山頂です。
近隣には人気のグルメスポットが点在し、毎度多くの人出でにぎわうファーマーズマーケットも近く、ハイキングの後に朝食を食べに行くというコースもおすすめです。

<ダイヤモンドヘッド周辺のグルメスポット>
■メイド・イン・ハワイの朝市グルメ – KCCファーマーズマーケット Vol.1
■メイド・イン・ハワイの朝市グルメ – KCCファーマーズマーケット Vol.2
■「ハワイの新名物を探せ!」第7回、ダイヤモンドヘッド・マーケット&グリルのスコーン
■ダイヤモンドヘッド・マーケット&グリル – B級グルメ ローカルフード

ハワイやワイキキの観光スポット、ダイヤモンドヘッド

頂上からは360°のパノラマビュー
一足お先に頂上からの景色をご紹介すると、この通り。ワイキキのビーチやホテル群から、山側、そしてカハラ地区、その先にはハワイカイエリアまで望めます。エメラルドグリーンからまっ青に変わっていく海、ワイキキの街並み、さわやかな風と澄み切った空。ここの景色は本当に最高。「あー来てよかったー!」と心から実感できます。山頂はあまり広くはありませんが、みんな思い思いに笑顔で写真を撮っています。では実際に、この景色を目指して登ってみましょう。

ハワイやワイキキの観光スポット、ダイヤモンドヘッド

ダイヤモンドヘッドの入口は?
ワイキキからすぐ近くに見えるダイヤモンドヘッドですが、さすがに歩くにはちょっと遠いのでザ・バスを使いましょう。ワイキキのクヒオ通りから23番バスに乗るとダイヤモンドヘッドクレーターの外側に到着し、ここからクレーター内に続く登山口(インフォメーションセンター)まで徒歩で約15分くらいかかります。レンタカーならインフォメーションセンター前に駐車場があり、そこまで車で行けるため、バスか車かでエネルギーの配分を考えましょう
※23番のバスは本数が1時間に1本程度と少ないため、もう少し本数の多い2番バスに同じくクヒオ通りから乗って、KCC(カピオラニ・コミュニティ・カレッジ)で下車してもこの停留所まですぐです。

■関連情報/「ザ・バスの基礎知識」ザ・バス その2 人気スポットへのルート徹底研究

ハワイやワイキキの観光スポット、ダイヤモンドヘッド

入園料は1人$1
登山口まで来たらここで入園料を払います。1人$1で、車の場合は1台につき$5(駐車料金も含まれます)です。ちなみに年間パスは$10、車の年間パスは$30です。

ハワイやワイキキの観光スポット、ダイヤモンドヘッド

持ち物と服装は?
忘れてはいけない持ち物は水。駐車場スペースにワゴンで軽食などが販売されていますが、常駐しているとは限らないため持参がおすすめです。靴は履き慣れたスニーカーが一番。日差しが強いため日よけの帽子や日焼け止めも持って行きましょう。そしてもちろん頂上からの景色を撮るカメラやビデオもお忘れなく。登山口から山頂までは片道1.1km、大人で30分くらいの距離なのであんまりあれもこれもと持たず、身軽でOKです!

ハワイやワイキキの観光スポット、ダイヤモンドヘッド

トイレに行って、さあハイキングスタート!
登山口のすぐ右手にトイレがあります。この先にはトイレはないので、ハイキングを始める前に行っておくとよいでしょう。スタートはコンクリートで舗装された歩道から。平坦だからスキップだってできちゃう余裕も。歩道の周りには乾燥に強い植物が生育しているのが分かります。5分ほどで歩道が終わり、ここから山道になります。斜面もちょっと急になって「登山」という感じになってきます。道幅が狭いので降りてくる人と道を譲り合いながら進んでくださいね。目が合ったら「Hi(ハイ)」と声をかけてみましょう。みんなスマイルで答えてくれます。

ハワイやワイキキの観光スポット、ダイヤモンドヘッド

坂道をクネクネ登るほどに少し汗ばんできますが、景色も少しずつ変わってきます。途中サンダルやミュールの方を見かけましたが、滑ったり、鼻緒が切れたりしていました。必ずスニーカーなどで登ってくださいね。そして1つめの展望台に到着。カハラからハワイカイに続く海岸線、ハナウマ湾の手前のココヘッドまで望めます。そんなに広くない場所なのであまり長居せず、再スタート

最初の展望台を過ぎるとすぐ見えるのが1つ目の階段。この階段はあまり急でなく、比較的楽に登れます。とはいうものの、76段ありますから無理は禁物。登りつめると次は1つめのトンネルがあります。一部暗い部分もあり、心配な方は懐中電灯を持っていると便利ですが、携帯電話をライト代わりにしている人が多いようです。

ハワイやワイキキの観光スポット、ダイヤモンドヘッド

最難関は99段の階段!
トンネルを出るとすぐに2つ目の階段。これがうわさの99段! 1つ目の階段よりかなり急になっていて、手すりにすがりつくようにして降りる人もいます。でも、ここは頑張ってみんなで声を出して段数を数えながら登ってみましょう。年輩の方が途中で一休みしてたりするので、無理をせず気を付けて、97…98…99 やった! 実は階段には10段ごとに表示があるので数える必要は本当はありません。また、階段を上る自信が無い方や怖いという方にはなだらかな迂回通路もありますので、ご心配なく。

ここまで来れば、あともう少し。2つ目のトンネルが目の前です。ここも中は真っ暗。それに加えて螺旋(らせん)階段になっているので、ライトがないと足下が見えず大変です。人数が多い時、ここは渋滞地域となります。無事に階段を登りつめればコンクリートに囲まれた不思議な部屋に到着。ここは軍事下にあったときの攻撃統制室です。出口はかなり頭をかがめないといけないほど低いため注意しましょう。

ハワイやワイキキの観光スポット、ダイヤモンドヘッド

出発から30分~1時間ほどで山頂へ!
外へ出ると… うわぁ〜〜!! 視界一面に海が広がります。ダイヤモンドヘッドビーチの珊瑚礁がキレイです! でも、ここで止まってしまうと出てくる人が困るので、このまま一気に頂上へ!ページ上部で紹介した写真のような、素晴らしい眺めが待っています。
編集部スタッフが休み無しで登って約30分。休憩を入れたり景色をゆっくり見ながらなら、往復で1時間30分~2時間程度でしょう。小学生くらいの子どもから年配の方まで、多くの方が楽しめます。


ダイヤモンドヘッド・トレッキング

開園時間:6:00〜18:00 ※最終入場は16:30で18:00にはゲートが閉められます。
所要時間:往復で1時間~2時間程度
入園料:歩行者は一人につき$1、車は一台につき$5
おすすめ対象:初級者~
メモ:日差しが強くなる昼間は避けましょう。トレイルは禁煙、ゴミは必ず持ち帰りましょうね。

■関連情報/【アクティビティ】ハイキングスポット:ココ・ヘッド・クレーター
■関連情報/シュノーケリングの絶好スポット、ハナウマ湾

 

ダイヤモンドヘッドのお話

名前の由来1
1968年、ダイヤモンドヘッドはハワイ州の自然公園になりました。しかしハワイは古代から神々が住むといわれる歴史のある場所。名前について2つエピソードがあります。一つはダイヤモンドヘッドのハワイ語名「レアヒ」について。これは火の女神で知られるペレの妹、ヒイアカが「山頂の形がまるでアヒ(マグロ)のエラみたい」と言ったことから「レアヒ」と名付けられたそうです。

名前の由来2
欧米人にとってハワイを「発見」したのはイギリスのジェームス・クック船長。18世紀後半にクックがハワイに上陸して以来、イギリス人達は何度もハワイを訪れています。彼らの長い航海の目的は「金(ゴールド)」探し。当時の彼らにとっては目に入るものがすべて貴重なものに見えたのでしょうか、火口壁に埋まっている方解石を見つけ、「おおっ、こんなところにダイヤモンドが!」と間違えたところから「ダイヤモンドヘッド」と名付けられたといわれています。

その昔は軍用地
そもそも米軍によってつくられた山頂へのトレイル。砲台や攻撃統制所の「跡」が残ってはいますが、実際ここから攻撃が行われたことは一度もないのでご心配なく。軍が沿岸警備の要塞にしていたということは、とにかくオアフを一望できるということです。

(2014年7月更新)

この記事が属するカテゴリー: オアフ島ガイド, オプショナルツアー, ハイキング, ファミリー, 基礎知識, 子ども向けアクティビティ
関連キーワード: ダイヤモンドヘッド, ハイキング,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

16 responses to 【オアフ島ガイド】ダイヤモンドヘッド・トレッキング

  1. スタントン様、1月のハワイの日の出は大体7時過ぎごろですよ。日の出日の入り時刻一覧表はhttp://www.hawaii-arukikata.com/hiinfo/sunrise.htmlをご覧ください。

  2. こんばんは^_^
    初めまして
    エヴァビーチ在住のスタントンです^_^
    実は、1歳児、5歳児、8歳児を連れて、初めてのダイヤモンドヘッド登山を考えています^_^
    元旦のさんせっとをみにいきたいと思っているのですが、早朝から登り始めて、たいようがにぼるのをみるのに時間が間にあうかどうかきになっています^_^:
    6時から開園。(?)のようですが、さんせっとにはまにあいますか?

  3. 三時間かかりましたが、登りました。途中で石ころ遊び始めたり、葉っぱとお話したり下りはじめたりしましたが、やってくれました。当サイトのおかげで、落ち着いてできました。本当にありがとうございました。

  4. 明日、一歳6ヶ月の息子といきます。
    自力で登らせてみたいとおもいます。休み休みですが、頑張らせたいとおもいます。

  5. 最難関の階段は99だったのですね~!!!
    100かと思いました? ハワイは5回目初めて登りました。
    KCCファーマーズマーケットから歩いてダイアモンドヘッド頂上まで。
    頑張りました!私腰痛持ちの68歳ですが、ステッキ持っていき正解。超元気な71歳の夫は軽々と。
    頂上の景色。降りてからのかき氷最高です。
    もう登りません。はい。

  6. ありがとございます

  7. 今登ってるナウ

  8. 最後の階段は膝が笑ってしまいました。ヾ(≧▽≦)ノ

  9. ありがとうございます。

  10. 参考になりました。

  11. 1月に77歳の母親と登る予定です。ルートが心配でしたので、参考になりました。ありがとうございました(^0^)/

  12. 来年、修学旅行でハワイに行きます!ダイヤモンドヘッドにも登ります。

  13. 9月にハワイに行く際に、初めて早朝トレッキングする予定です。懐中電灯など参考になりました。ありがとうございます。すごく楽しみです。

  14. いつになるか分からないけど、次にハワイに行くときはダイヤモンドヘッドに登りたいと思っていたので参考になりました。持ち物や道のり・・・シュミレーションはばっちりです。

  15. 今年の6月にオアフ三大トレッキングにチャレンジしました!
    《 》内は私的難易度
    《1》マカプウ岬⇒ビギナー向き
    《3》ダイアモンドヘッド⇒中級者向き
    《10》ココクレーター⇒かなりハード

  16. いつもダイヤモンドヘッドを時間をかけて登ります。 健康のバロメーターとして楽しむことにしております。
    年齢に関係なく、ステッキ持参のうえ登りますと楽ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*