ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局
人気連載「第12回 ハワイモニター旅行当選者2」

当選者 埼玉県 岡田様 ウクレレ兄弟のハワイアン・カルチャーな旅 その2

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2005年02月14日

第12回ハワイモニター旅行当選者 埼玉県 岡田さん

1日目 買い物やフラ観賞



余裕のビジネスクラスで快適な空の旅

飛行時間5時間45分という驚異的な時間で、ホノルル国際空港に到着しました。まだ薄暗い中をウィキウィキ・バスに乗り、メイン・ターミナルの建物へ向かい、まずは入国審査。最近、両手の人差し指の指紋、顔写真を撮るようになりましたが、朝早いので時間は思ったほどかかりませんでした。UA880便と書いてあるカルーセルに行くと、既にスーツケースが出ていました。さすが、赤いPRIORITYの札の威力ですね。

税関申告書を渡し、7時すぎには個人出口を出ました。この時間に、「ハワイの歩き方」のスタッフの方がみえているはずなのですが、見当たりません。個人出口は1つしかないはずとは思ったのですが、初めてなのでよく分からず。弟の携帯でお聞きしていた番号に電話すると、「空港に向かっているが渋滞中」とのことで連絡がとれ、ホッと一安心。ウクレレを取り出して、こちらの目印にすることにしました。

7時40分頃、ハワイの歩き方のスタッフの方とお会いすることができ、車で打合せ場所に移動。ダウンタウンのサム・チョイズ・ブレックファスト・ランチ&クラブでロコモコの朝食をとりながら、レポートについての話をうかがいました。その際、それまで撮ったデジカメの写真をお見せすると、写真をDVDにして楽しむ最近話題の方法があると知り、帰国前日にシネヴィーTVのオフィスに行ってみることにしました。また、ハレクラニの宿泊券と$500分のアラモアナ・センターの商品券もいただきました。

まさに天国のハレクラニ


オフホワイトを基調にしたお部屋

噂には聞いていたハレクラニに、午前10時前に着きました。ロビーから受付ホールに入る通路の壁には、大きなクリスマス・リースが飾ってありました。チェックインは午後3時なので、「まだ早すぎる」とは思いながらも、一応訊ねてみると、ラッキーなことに「部屋に入れる」とのこと。カード型のルーム・キーを使わないと作動しないセキュリティ万全なエレベーターで11階の部屋に案内され、室内でチェックイン。部屋はオーシャン・ビュー。オフホワイトを基調とした明るい部屋で、室内、ラナイともに広々としています。サイド・テーブルにはクリスマス・ツリーが飾ってありました。さっそくラナイに出てみると、なんと正面にはダイヤモンドヘッド、左には海が広がり、眼下には有名な蘭の花のプールが見えます。備え付けのDVDデッキからはハワイアンの音楽が流れて、まさに天国にいるような気分になってしまいました。

これは余談ですが、部屋にはCDが2枚置いてあり、そのうちの1枚が気に入ったので、1階のギフトショップで買って帰りました。

さっそくショッピングへ


早速お気に入りのお店へ

一休みしてから、ロイヤル・ハワイアン・ショッピング・センターのステージ横にあるポリネシア文化センターの案内所に行き、17日のツアーの予約の支払いを済ませました。それから、ワード・エリアまでザ・バスに乗りクレージー・シャツのアウトレットに行き、滞在中に着るTシャツを購入。ここのTシャツは品質がよく、価格が安いので毎回利用しています。ザ・バスでは乗車の際何も言わなくてもトランスファー・チケットをくれたので、帰りに利用することにしました。

お昼には、並びのクア・アイナでアボカドバーガーを食べる予定でしたが、機内食、打合せ時のロコモコでお腹がすいていないので、残念ながらあきらめることにしました。

アラモアナ・センターまで歩いて戻り、レインズで弟がアロハ・シャツを購入。サンタクロース柄のクリスマスのスペシャル・エディションを買いました。トランスファーチケットを使い、ザ・バスでワイキキに戻り、いくらかお腹がすいてきたので、ハレクラニの隣のショアバード・レストラン&ビーチバーで昼食をとることに。ここは夜のBBQが有名なので期待して入ったのですが、昼のランチ・ビュッフェは品数が少ない割には値段が高いなという印象。味はまあまあという感じでした。

ホテルに戻ると、ウェルカム・フルーツとチョコレートが届いていたので、後で食べることにして冷蔵庫にしまいました。


夕陽をバックにハワイアンミュージック、ロマンチックです

暑い中を歩いたので部屋で一休みした後、シャワーを浴び、着替えて午後5時30分からハウス・ウィズアウト・ア・キーで行われるハワイアン音楽とフラの見学に行きました。すでに5時から演奏はスタート。食事をとらないので、前方のカクテルの席に案内されました。カクテルを注文し、付いてきたポテトチップスをつまみながら聞いていると、カノエ・ミラーさんのフラが始まりました。夕暮れの中で行われるフラは幻想的で素晴らしいものでした。休憩の時にカノエさんが近くで話をされていたので、お願いして一緒に写真を撮らせていただきました。カクテルとおつまみのポテトチップでお腹が一杯になったので、この日の夕食は「なし」でした。

腹ごなしを兼ねて、散歩がてらDFSギャラリア・ワイキキまで歩き、カードを作ってもらいました。帰る途中、ABCストアで若干買物をしてホテルへ。


カノエさんと写真を撮れてラッキー

明日、ビショップ博物館のホ・イケ・イケ・ツアーでウクレレ・レッスンがあるので、ホテルの部屋で弟にウクレレを教えていたところ、突然チャイムが鳴りました。「しまった、隣から苦情がきてしまったか」と思いドキドキしながらドアを開けると、夜のベッド・メーキングに来たのでした。ホッとしたものの、一応音がうるさいか訊ねてみると、笑いながらも「Yes」と言われてしまいました。お客の気分を害さない物腰の柔らかさには、「さすがだ」と感心しました。

ということで、ウクレレの練習はやめ、早めに就寝。部屋のエアコンは温度調節が手元で0.5℃単位でできるので快適に眠れました。

この記事が属するカテゴリー: ハワイ旅行読者レポート
関連キーワード: ウクレレ兄弟, ハワイアン・カルチャー, ハワイ旅行, プレゼント, 埼玉県, 当選者, 懸賞, ,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*