ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局
人気連載「スイート・カップル生活」

第09回 ハワイでのアニバーサリー

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2005年06月21日

第9回 ハワイでのアニバーサリー


私の誕生日に田中オブ東京でバースデーデザートをサービスしてもらいました

●今年2度目の結婚記念日!?
「アニバーサリー… 何てイイ響き。もうすぐ今年2回目(!?)の結婚記念日。 アニバーサリーには素敵なレストランで食事して…」と、夢見がちに想像を膨らませる私。日本とアメリカで2度の結婚披露宴を催したため、「結婚記念日が1年に2度訪れる」と信じて疑わなかった欲張りな私。そんな私に、「それは不公平! 結婚記念日を2つも覚えられない」と、私の楽しい空想に水を差す主人…


お祝いするには、美味しい食べ物がなくちゃ…

確かに2つの記念日はちょっと紛らわしくて、月は半年離れているけど日にちが1日しか違わず、私でさえ間違いそうになる。だけど別に主人だけが覚えていなくてはいけない訳でもないし… よくよく話しを聞いてみると、覚えていられるかどうかが心配なのではなく、「記念日には何かプレゼントをしなくてはいけない」というのが嫌なのだそう。結婚する前は、ことあるごとに色々プレゼントをくれたのに、結婚すると「釣った魚に餌はやらない」状態なのでしょうか? 私はちょっと不機嫌になりつつも、「素敵なレストランでの食事」にかこつけるため「プレゼントはいらないから、外食してお祝いしよっ」と説得したのでした。


カハラ・マンダリン・オリエンタル・ハワイ内のホクズにて。ボリュームたっぷりのデザートです

●憧れの高級レストラン
外食好きの私に、一度主人が「じゃあ、こうしよう。1年で素敵なレストランで食事できるのは、バレンタインデー、ミノリの誕生日、結婚記念日2回の合計4回だけ」と通告したことがあります。私が、「実はただ単にアニバーサリーを言い訳にして、高級レストランに行きたいだけ」というのは見破られているようです。ハワイには、パシフィックリム・キュイジーヌと呼ばれるハワイ独自のレストランジャンルがあり、日本食やフレンチ、地中海、イタリアンなどをミックスさせた創作料理で有名な高級レストランがたくさんあります。ハワイのガイドブックにもよく紹介されていますが、実際住んでいるとなかなか足を運ぶ機会がありません。特に学生の身分である主人と私の収入では、高級レストランに頻繁(ひんぱん)に通うことは不可能なんです。

●私たちのバースデーの過ごし方
そんな私達がアニバーサリー、プチアニバーサリー、プレアニバーサリー(無理やり記念日を増やしています!!)に行ったレストランを挙げると、田中オブ東京、カハラ・マンダリン・オリエンタル・ハワイ内のホクズ、ニックス・フィッシュマーケット、パイナップル・ルーム、マリポサなどがあります。どこも雰囲気、お料理、サービスなど、何を取っても一流レストランだけあって、文句のつけようがありません。


お皿にはチョコでハッピーバースデー

実は主人の誕生日の時、アメリカで初めて「誕生日のディナー予約」を経験したのですが、食事が終わった後、「私の英語できちんと伝わっただろうか… ちゃんとバースデーサービスのデザートは出てくるだろうか…」と気が気でありませんでした。が、そこはさすがハレアイナ・アワードのレストラン・オブ・ザ・イヤーに選ばれたこともある、カハラ・マンダリン・オリエンタル・ハワイのホクズ。素敵なバースデーのデザートをサービスしてくれました。ちょっとカッコ悪いのですが、食後にデザートメニューを渡され、主人のデザートを一口もらおうと思っていた私は「私もオーダーしなくちゃいけないかしら? バースデーデザートがあれば、それで足りるんだけど」とネタばらし。結局、一人1皿ずつ(大きな1皿でした)デザートを平らげてしまいました。事前に電話で予約していただけあって、サンセットを目の前に望める特等席を用意してくれていました。


ダイアモンドヘッドとワイキキビーチが一望できます。ピンクに染まるワイキキの夕暮れ時

ロマンチックなハワイ
普段しないお洒落をし、ちょっと気取って高級レストランに足を踏み入れる。こんなアニバーサリーや誕生日の過ごし方が私は大好きです。皆さんの中にも、ハワイでアニバーサリーを過ごされる方がたくさんいらっしゃるかと思います。どこに行かれ、どのような過ごし方をされているのでしょうか? ちなみにハワイは、自分の誕生日の日は、お休みを取っていい会社が多いそうです(私の場合、ディナーだけ外食できれば満足なので、通常どおり、午後6時まで働きましたが…)。予約を少し遅めに入れ、時間までワイキキのビーチでサンセットを見ながらお散歩… ロマンチックな気分に浸れること、間違いナシです。次に狙うは、バレンタインデーに憧れのアラン・ウォンズ。皆さんも常夏ハワイで素敵なアニバーサリーをお過ごしください!!

プロフィール
私: 日本の大学を卒業後、JALEX日本語教師プログラムに参加し、1995年から2年間アイオワ州の高校で日本語を教える。帰国後は旅行会社に勤務し、5年間のOL生活の後、米国人の夫と結婚。2004年1月にハワイに引っ越して以来、仕事と家庭を両立しようと「日々是決戦(?)」という生活を送っている。趣味はスキー。ハワイで一番恋しいもの… それは「雪」かも?

主人:現在、ハワイ大の大学院でスクール・カウンセリングを学んでいるアイオワ州出身の米国人。趣味はスポーツ観戦。かつてアイオワの高校でコーチをしていたこともあり、3度の飯よりアメフト好き。9年前は可愛い日本語の生徒だったが、縁あって教師だった日本人の妻を娶り、今また少しずつ日本語を覚えざるを得ない多忙な大学院生。

この記事が属するカテゴリー: アロハダイアリー
関連キーワード: 結婚生活,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*