ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Akiko
人気連載「ハワイ花図鑑」

第28回 コナ・コーヒー

投稿者: Akiko 更新日:2012年10月16日

ハワイに到着して、空港の建物から外に出ると、誰もが気づくのが花の香りではないでしょうか? このコーナーでは1年中咲き乱れるハワイの花を、写真や花言葉、俳句と一緒にご紹介します。

ハワイ花図鑑 第28回 コナ・コーヒー

ハワイ 花図鑑 コナ・コーヒー
ALOHA! 
今日はハワイ島コナで見つけた、コナ・コーヒーをご紹介します。コナ・コーヒーとは、ハワイ島コナで栽培されているコーヒーの総称なので、植物自体はコーヒーノキと呼びます。写真は、ドトール・マウカ・メドウズで見つけたコーヒーノキ。アメリカ合衆国では、ハワイ州が唯一コーヒー栽培をしている州なので、ホワイトハウスで出されるコーヒーは、必ずコナ・コーヒーと決まっているんですよ。コナ・コーヒーの特徴は、嫌味のないまろやかな酸味と、スムーズな飲みやすさ。100%のものになると、少々高価ではありますが、お土産にすると、コーヒー好きの方にはとても喜ばれるのではないでしょうか?
ハワイ花図鑑この木何の木
花の名前(日本語)コーヒーノキ
花の名前(英語)Coffee
花の名前(学名)coffea arabica
分類アカネ科コーヒーノキ属
花言葉一緒に休みましょう
撮影した場所ハワイ島コナ、ドトール・マウカ・メドウズ
原産地エチオピア原産。1828年、ブラジルよりハワイ島に持ち込まれる
園芸メモコーヒーノキは、観葉植物としても人気です。夏場は直射日光を遮り、冬場は室内で育てます。冬場に大量の水を与えすぎると根腐れの原因になるので、表面の土が乾いてから少量を与えてください。上手に育てると3-5年で赤い実がなるそうですよ!
ピーベリーとは?コナコーヒーの中でも最も生産量が少ないピーベリーはコナコーヒーの中でも最高級品とされています。通常コーヒーは、1つの実に2粒の平豆のコーヒー豆が入っているのですが、先端のピーベリーは丸い豆1粒だけが入ったものなのです。コーヒー豆全体の収穫量からわずかたったの4%しか収穫されないとても貴重なコーヒー豆で、豆の形から焙煎時にばらつきなく火が通るので、味の違いが生まれるそうですよ。

 

(2012年10月更新)

この記事が属するカテゴリー: 基礎知識, 歴史・社会・自然
関連キーワード: コナ・コーヒー,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*


人気連載「ハワイ花図鑑」


現地最新情報トップ5


前後の記事

さらにおススメ