ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局
人気連載「レッスン」

第18回 IHAのフラ・レッスン

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2006年10月08日

第18回 IHAのフラ・レッスン

●元ミス・アロハ・フラから習うフラ
今も日本では、空前のフラ・ブームが続いていますね。そこで今回は、気軽に、しかもディープに本場ハワイのフラを体験できる、インターナショナル・ヒーリング・アカデミー(IHA)主宰のフラ・レッスンをご紹介しましょう。

IHAは本来、ハワイ伝統のマッサージ、ロミロミ・マッサージの専門校です。とは言え、ロミロミを学ぶ上でバックボーンとして知る必要がある、様々なハワイアン・カルチャーのクラスも実施中。好評を博しています(詳細については、このコーナー第10回目の「IHAのハワイアン音楽&クラフト・クラス」をご覧ください)。今回紹介するフラ・レッスンもまた、ロミロミ・ワークショップの一環として設けられた3時間のレッスン。ロミロミ・ワークショップには参加していない外部からの生徒の参加も歓迎しており、人気を集めています。


101_0132.jpg

このレッスンの魅力は、何と言っても元ミス・アロハ・フラの、レジーナ・イガラシさんによるレッスンが、日本語通訳付きで受けられることでしょう。フラに馴染みのない方に説明すると、ミス・アロハ・フラというのは、フラ界最高の勲章とも言える大タイトルです。毎年ハワイ島ヒロで、フラのオリンピックとも言うべき競技会「メリーモナーク・フラ・コンペティション」が開催されますが、うち女性ソロ部門の優勝者がミス・アロハ・フラなんです。

レジーナさんは(レジーナさんを含め)4人ものミス・アロハ・フラを輩出した、フラの名門ファミリーに生まれ、3歳からフラの道に。母親を始め、ジョージ・ナオペ、エマ・デ・フリーズといったフラの大御所からフラを習い、1978年、ミス・アロハ・フラに輝きました。ハワイでも、元ミス・アロハ・フラから直接フラを習えるというのは、きわめて貴重な経験と言えます。


101_0107.jpg

●歓迎の詠唱でレッスンがスタート
レッスンの参加者は通常、10人前後と少人数制。この日の参加者は7人でした。それぞれパレオを巻いてレイをかけ、アップにしたヘアには花の飾りを付けて、準備は万全。パレオ、レイはそれぞれ持参し、花の髪飾りはIHAで用意したものだそう。「短時間のレッスンだけれど、参加者にはぜひ、フラダンサーになるというのはどんなものか感じてほしい。だからまずはスタイルを整えることから、始めています」とレジーナさん。なるほどレイや花を付けた皆さんは、すでにもうワクワク? 楽しそうな様子でした。


101_0104.jpg

レッスンは、歓迎の意味を持つレジーナさんのチャント(詠唱)でスタート。まずは通訳付きで、フラにまつわるレクチャーをレジーナさんから受けます。波を見ながらするというチャントの練習の話から、自らのフラのバックグラウンドに始まり、レイの付け方、レジーナさんの子供の名を例にとりながらのハワイ語やハワイのフラ・ハラウ(フラ学校)の話など、フラ周辺の話をいろいろ披露してくれるレジーナさん。「フラ・ハラウの中では、お互いを尊敬して家族のように振るまわなければいけません。批判し合ってはいけない。批判は先生であるクムフラの仕事です。これがハラウの中で調和を保つ秘訣」などなど、フラを学ぶ上での精神論についても解説してくれます。特にフラ・ハラウがしばしば行う、否定的なエネルギーを海で流すアウアウカイという儀式の話など、ディープなレクチャーは大変興味深く、皆、熱心に聞き入っていました。


101_0115.jpg

●クライマックスは心を洗うようなレジーナさんのフラ
次いでいよいよフラの実地レッスンに入ります。この日習った曲は、レジーナさんの生まれた街、カネオヘをテーマにした「カネオヘ・フラ」。膝をうっすら曲げて上半身はまっすぐ保つなど、立ち方の基本から始まり、指の優雅な動かし方、ヒップのモーション、ステップなど基礎の基礎をみっちり習います。続いて唄の歌詞の説明を受けつつ、曲の1フレーズづつ手の動き、ステップを繰り返し練習。さらに音楽をかけての練習。こうして少しづつ先に進み、約2時間をかけて、1曲をマスターしていきます。最初は恥ずかしそうだった参加者も、最後には大きな笑みを浮かべてメロディーに合わせて踊り、それは楽しそうでした。

さて全てのレッスンが終了すると、最後に素敵なサプライズが。レジーナさんが1曲、音楽に合わせて美しいフラを披露してくれました。その曲はスローテンポの、有名なラブソング「プア・リリレフア」でした。レジーナさんの動きも決して派手ではなく、静かで優しいものでしたが感情たっぷりで、それは優雅。床に座った参加者は、うっとりと静かにフラに見入っていましたが、曲が進むうち、なんと 1人、また1人と、泣き始めてしまいました。ハワイ語の唄だったので内容は理解できなかったものの、レジーナさんがレクチャーで語ったように、唄の歌詞を全身で表現するのがフラというもの。レジーナさんのフラには何か、見ている人の魂を揺さぶるような特別なパワーがあり、それによって「本当のフラとはどんなものか」を学ぶことができたのが、3時間のレッスン中最大の収穫だったのかもしれません。

以上のように、ロミロミ・ワークショップの一環として、ハワイの文化に深く触れることができる、IHAのフラ・レッスン。単にフラの動作を習う一般のレッスンとは違った、ディープな体験をお求めの方には、ぜひオススメしたいレッスンです。元ミス・アロハ・フラから、日本語通訳付きでフラを習えるのですから、この機会をお見逃しなく。
なおグループ・フラ・レッスンは月に1回、通常は第1木曜日に実施しますが(変更の可能性あり。要予約)、別料金により、プライベートレッスンもリクエストが可能です。中には夫婦揃ってフラ・レッスンを受ける方もいるとのこと。皆さんもぜひトライしてみてくださいね

 

参加者のコメント
大野繭子さん(埼玉県在住)

ロミロミ・マッサージのワークショップに、4週間の予定で参加しています。フラ初体験でしたが、踊ってみたら大変気持ちがよかった 踊っていると、自然に笑みがこぼれてしまいました。先生の教え方もわかりやすかったです。しかも技術的なことより、皆の長所や、楽しさを引き出そうとしてくれているのがよくわかりました。最後に見た先生の踊りにも感動。小さな頃からの様々な体験、苦しさが慰められたというか、大きな愛を感じたフラでした。日本に帰ったら本格的にフラを習いたいです。

早田郁代(北海道在住)

4週間のロミロミ・ワークショップに参加中です。今日のレッスンに参加するまで、全くフラに興味はなかったのですが、踊ってみたら楽しかったです。動作が綺麗だし、しかもただ音楽に合わせて踊るのではなく、それぞれの動作に意味があって奥深いものだとわかりました。私は運動神経もよくなく、ダンス全般には興味がないのですが、フラは別。これからも続けてみたいです。先生の踊りも感情がたっぷりの素晴らしいもので、あれはただの踊りではない。見ていたら内部から感情がグ?ッとこみ上げてきて、ふだん滅多に泣かない私が、泣いてしまいました。


International Healing Academy
インターナショナル・ヒーリング・アカデミー

住所:2255 Kuhio Ave., Suite 901, Honolulu, HI 96815 ワイキキ・トレード・センター9階 
電話: (808)924-2277
レッスン・スケジュール:10月6日、11月3日、12月1日の午後1時30分~。来年以降のスケジュールは問い合わせを。要予約。通常、毎月第1木曜に実施するが、変更の可能性あり。
料金:3時間$109(プライベート・レッスンについては問い合わせを)
※申し込みは日本の本校、RAJA(03-3538-5505)でも受け付け

(森出じゅん)

この記事が属するカテゴリー: カルチャー, レッスン
関連キーワード: フラ,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*


人気連載「レッスン」


現地最新情報トップ5


前後の記事

さらにおススメ