ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方Hawaii Arukikata
  facebook twitter twitter RSS
メニューメニュー
ハワイ歩き方事務局
人気連載「レッスン」

第23回 ビショップ博物館のラ・クレア・プログラム

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2006年10月13日

第23回 ビショップ博物館のラ・クレア・プログラム


日本語通訳付きなので、初心者、経験者ともに楽しく学べます

●日本語通訳付き、充実のフラ・レッスン
今回ご紹介するのは、ハワイが誇るポリネシア文化の殿堂、ビショップ博物館が主宰するカルチャー体験プログラム、「ラ・クレア」。このプログラムは、フラまたはウクレレをみっちり1時間、それにレイ作り、ハワイアンホール案内やフラショーを組み合わせた、盛りだくさんのプログラム。ハワイでも名高いフラやウクレレのプロが講師を務め、しかも常時日本語通訳が付くので、初心者でも濃度の高いレッスンが受けられるのが魅力です。フラ、ウクレレのどちらかを選択できますが、今回は日頃参加者の多いフラのレッスン、そしてレイ作りの概要について紹介しましょう。


フラの講師を務めるルアナ・カヴァイアエアさん

  フラ・レッスンの講師を務めるのは、ハワイ島出身のルアナ・カヴァイアエアさん。8歳でフラを始め、ホノルルでもフラの大御所、ノナ・ビーマーに永年師事したという人です。プロのフラダンサーとしてのキャリアは、なんと38年! また著名ハワイアン・グループ「カハウアヌ・レイク・シンガーズ」の一員としても活躍しており、2003年にはそのCDが、ハワイアン音楽のグラミー賞ともいえるナ・ホク・ハノハノ賞も獲得しています。


ウクレレ講師のウォルター・カヴァイアエアさん

ちなみにウクレレ・レッスンの講師を務めるのは、ルアナさんのご主人であり、カハウアヌ・レイク・シンガーズのリーダーでボーカル、ウクレレを担当するウォルター・カヴァイアエアさん。17歳からプロ・ミュージシャンとして活躍するウォルターさんのウクレレ指導も評価が高く、もちろん日本語通訳付きです。


パウスカートは借りられるので、Tシャツなど軽装で出かけましょう

●全員がパウスカートを付けてレッスンへ
さて、前置きが長くなりましたが、いよいよフラ・レッスンの詳細についてお話しましょう。フラにはアウアナ(現代)とカヒコ(古典)という2つのスタイルがありますが、ラ・クレアで学ぶのはアウアナ。「カヒコは初心者には難しいし、初心者が踊って楽しいのは現代フラ」というのがその理由です。習う曲は毎回変わりますが、初心者にも比較的容易な選曲を心がけているそうです。

クラスではまずパウスカートと呼ばれるフラ用スカートを借り(男性用もあります)、服装、気分を整えてからスタート。初めは「上半身はまっすぐ起こし顔を上げる」「下半身は膝を少し曲げ低く保つ」「目は手先を見る」などといったフラの基本、そしてカホロ(フラ)、レレ(歩く)などフラのステップや腰のモーションといった、ベーシックな動作を学びます。


様々なフラの楽器も用意されているので、この機会に触れてみては?

その上で、次はいよいよ唄に合わせて踊る練習へ。ルアナさんはまず、唄の作られた時代や、歌詞に謳われる場所の説明など、背景をみっちり説明。1番、2番と続く唄の内容を学びながら、フラの動作を学習していきます。この時、歌詞の解説が通訳を介し日本語で聞けるのに加え、歌詞を日本語で記した紙も用意されているので、安心ですネ。

こうして1時間もレッスンを受けると、初心者でも曲に合わせてそれなりに形になってくるのは、さすが! 1時間で1曲を学んだ後は、名前入りの修了書が授与されるのもよい記念になりますね。クラスにはまた、様々なフラの楽器も用意されているので、ぜひ手にとってジックリ観察してみてください。


ククイナッツのレイ・メイキングも楽しめます

●一生もののククイナッツ・レイに挑戦
フラ・レッスンの後は、ハワイの実力派ハラウ(フラの学校)によるフラのパフォーマンス、そして日本語ガイド付きのハワイアンホール・ツアーを30分づつ楽しんだ後、レイ作りに挑戦です。約30分かけ、珍しいククイナッツのレイを作ります。花のレイ作りを体験できるクラスはほかにもありますが、ククイナッツを使ったレイに挑戦できるのは、ビショップ博物館ぐらいのもの。ラフィア椰子の葉を編みこみ、紐を作るところから始めるので、なかなか本格的です。ククイナッツのレイは一生保存できるので、よいお土産にもなりますよ。


フラレッスンの後は地元の実力派フラグループの本格フラも見学

以上のように、フラの名手によるフラレッスンとレイ作り、ハワイアンホールやフラの見学が含まれた、充実のラ・クレア・プログラム。料金はワイキキからの送迎がついて$70。最少催行人員は2人なので、もし一家4人で参加の場合、2人はフラ、残り2人はウクレレのレッスンを受け、ハワイアンホール見学から合流ということも可能です。この次のハワイでは、ファミリーでラ・クレア・プログラムを楽しんでみてはいかがでしょうか。

参加者のコメント
大上幹夫さん(東京在住。向かって左)、河合信吾さん(東京在住)

世田谷老人大学福祉コースでフラを習う仲間45人で、ホノルル・フェスティバルに参加するためハワイにやって来ました。今日はそのうち17人が、ラ・クレアのフラ・レッスンに参加。ホノルルの有名な先生に教えてもらうことができ、感激しました。自信も付いたので、これからもずっと日本でフラを続けていきたいと思います(大上さん)。 

大上さんと同じ老人大学でフラを1年半くらい習っています。今日一緒にフラを習ったメンバーは、いわば大学の同級生というわけですね。ハワイでフラを習うことができて、とても良い記念になりました。楽しかったですよ。(河合さん)

 
Bishop Museum
ビショップ博物館

住所: 1525 Bernice St. Honolulu, HI 96817
電話: (808) 847-8291 (日本語OK)
レッスン・スケジュール:毎週月・水・金曜実施 予約制
9:00 ワイキキを出発
9:45-10:45  フラまたはウクレレ・レッスン
11:00-11:30 フラショー
11:30-12:00  ハワイアンホール見学
12:00-12:30  レイ・メイキング
12:30-13:30  自由時間
13:30    ワイキキへ出発
料金:$70 (入館料、ワイキキからの送迎を含む)
ホームページ:www.bishopmuseum.jp
※最低2名から実施。要予約。

(森出じゅん)

この記事が属するカテゴリー: カルチャー, レッスン
関連キーワード: ビショップ博物館,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*


人気連載「レッスン」


現地最新情報トップ5


前後の記事

さらにおススメ