ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Saori

そうだ、マウイに行こう!

投稿者: Saori
投稿日: 2017年02月24日
コメント: No Comments »

 

前回のブログの続きです。

2日前の2/14(火)に決心し、2/16(木)に突然マウイに行った理由です。

 

私が教えているKaradaアカデミーのヨガRYT200のヨガインストラクター養成トレーニング9期生の生徒さんが無事に2/10に4週間のトレーニングを修了されました。

そのうちの一人の生徒さんから、私が以前に行ったマウイのホェールウオッチングツアーについて教えてほしいと言われメールでいろいろとやり取りをしていました。

 

そして、そのやり取りの中で「空港からタクシーで行こうと思うんですけど、どうでしょう?」と言われ、ホノルルならまだしも(というかホノルルでもタクシーは結構不便かも!?)マウイのタクシー事情はさらに大変そう。。。

 

ということで、

「マウイのタクシーは無謀なので、絶対にレンタカーを借りた方がいいですよ。それがムリならオアフから出ている日帰りマウイツアーに参加をしたらどうでしょう?」

とおススメしたのですが、運転が不安、そしてオアフ発日帰りマウイツアーはその方が希望した日は最少催行人員に満たずにツアーが催行されないことになったのだそうです。

 

 

そのやり取りをしている最中の私は、その数日前から結構仕事が忙しく、その上ちょっと個人的に残念なできごとが立て続けに起きていて、自分の中でいろいろとモヤモヤしていたところでした。

 

普段あまり悪いことを引き寄せないタイプなのですが、このときはなぜだかいろいろなことが重なってしまって、私の親しくしているクライアントさんからは「引き寄せる時は引き寄せちゃうから、塩でもまいて浄化した方がいいよ!海水に浸かってもいいんだよ!」とありがたいアドバイス(笑)をいただいていました。

 

そんな時にこのマウイのホェールウオッチングのやり取り。

去年同じ時期にマウイに行ったときにすっごくリフレッシュできたのを思い出して、ひょっとしたらマウイに行けば少し気分転換になるかも?と考えて、本当に思い付きで

 

「私も一緒に行っちゃおうかな?」

 

と生徒さんにつぶやいてからすべてが動き始めました。

 

 

実際に行こうと本当に決めたのが2日前の朝。

そこから、急にもう一人私のピラティスのクライアントさんに(もちろんかなりダメもとのつもりでで)声をかけたら、なんと2日前なのにも関わらず「ぜひ一緒に行きたいです!」という信じられないくらい軽いフットワークのお返事(しかも即答!)が来ました!

 

そして慌ただしくフライト&レンタカー&ホエールウオッチングツアーを一気に予約し、2日後にはヨガの生徒さんと、ピラティスのクライアントさんと私の三人で、マウイに来ちゃいました!

■関連記事/この季節、ハワイはホエール・ウォッチングが人気!

■関連記事/マウイ島のホテル

 

 

 

今回も参加したのは昨年と同じラハイナクルーズカンパニーのツアーです。

前回は気づかなかったのですが、申込みの途中に「日本語ガイドを希望」という項目があったのでそこにチェックをして申し込んだところ、Takaさんという男性の日本人ガイドさんが私たちのツアーのお世話をたくさんしてくださいました。

 

ツアーは14:15にラハイナタウンにある港から出発の予定で、13:15にチェックインをします。

30分ほど出港までに時間があるので待っていたところ、Takaさんが遠くから手招きをして呼んでくれました。

「魚見せてあげる」と言われて行ったら、ハワイの州魚「フムフム ヌクヌク アプアア」が見れました。

 

 

このフムフム ヌクヌク アプアア、夫から何回聞いても覚えられません。。。(笑)

「フムフム ヌクヌク」まではなんとか覚えられましたが、最後の「アプアア」がたった4文字なのにハードル高し!

マウイの海はとっても澄んでいて、このフムフム ヌクヌク・・・の外にもたくさんのトロピカルフィッシュが見えました。

 

 

さて、昨年行ったこのホェールウオッチングツアー。

前回のブログにも書きましたが、それはそれは大感動過ぎて、「これ以上感動するツアーなんてないかもしれない」というレベルのツアーでした。

なので今年のツアーはさすがにそれ以上は期待できないかと思っていました・・・が、いい意味で期待を裏切ってくれました。

 

 

 

今回は何よりも日本語でTakaさんからたくさんクジラにまつわる話を聞くことができたのがとても貴重でした。

クジラははるばるアラスカからハワイにやってくるのですが、その中でもなぜマウイが「クジラの聖地」と呼ばれているのか。

このマウイ近郊のクジラがたくさんいる海は、「マウイ島」「モロカイ島」「ラナイ島」「カホオラウェ島」という火山活動によってできた4つの島に囲まれていて、海底が周りの海に比べて浅いため、サメがこの海域に入ってくることができないそうです。

なのでクジラがここで赤ちゃんを産んでも、サメに襲われることがなく安全なのでマウイ近海を特に好むのです。

 

オアフ島、ハワイ島でもクジラは見られますが、その数はマウイの比ではないらしいのと、そのあたりのクジラは一か所に留まらずハワイの島々の周りを周遊しているのだとか。

私が以前にオアフでもハワイ島でもホエールウオッチングに行ったのに、その二つの島ではあまりクジラが見れなかった理由がやっと分かりました。

 

 

 

また、アラスカからハワイまでは自転車ほどの速度で、平均45日ほどかけて海を泳いでくるそうです。

そしてハワイでクジラは交尾し、妊娠出産、子育てを行います。

その間、お母さんクジラは何も食べないのだそうです。

クジラの餌になる魚がハワイ近郊にはいないため、「食べない」というよりは「食べられない」のだとか。

ですので、赤ちゃんがある程度育つと、またはるばる泳いでアラスカの海まで帰らないといけないのです。

 

「ずっとハワイにいてくれたら一年中クジラが見れるのにね。」と誰かが言ってましたが、それだとクジラは生存できないのですね。

 

 

さて、今回のツアーは去年に比べて、大人クジラのジャンプがたくさん見れました。

クジラがジャンプ(ブリーチ)をする理由は実はよく分かってないそうですが、

 

〇身体についた寄生虫を取るため

〇なわばりを示すため

〇筋力トレーニングのため

〇ただジャンプしたいだけ

 

という見解があるそうです。

「ただジャンプしたいだけ」という見解がなんともゆるくていいですね。(笑)

 

 

 

最後に、赤ちゃんクジラのジャンプもなんとかカメラに収めました。

最初に親クジラが手本を見せて、赤ちゃんが真似をしてジャンプをします。

その間もお母さんクジラは赤ちゃんの真下や周りにいて、子供を守っているそうです。

今回は大人のクジラがたくさんジャンプしたので、赤ちゃんクジラとの体長の違いや、ジャンプがどれだけ高さの違いがはっきりと対比できました。

 

 

赤ちゃんは生まれたばかりの時には約3.5m、そしてハワイにいる間に5mくらいにまで成長して、その後お母さんクジラに守られながら、一緒にアラスカの海に帰っていくのだそうです。

よくよく考えたら、今こうやって出産のために戻ってきている大人クジラたちもハワイで生まれ育ったのかもしれないですよね。

 

さて、今回のクルーズでも300枚弱の写真を撮りましたが、激しく揺れる船の上での撮影はとっても難しく、ピントが合っていて、クジラが満足に写っているのは5-6枚程度でした。

敏腕カメラマンへの道はまだまだ遠いです。

 

 

 

前々回のハワイ島のブログにも書きましたが、「ハワイには各島に神様がいて、その神様に好かれた島が好きになる」という言い伝え。

私はどうやらマウイの神様にはとっても好かれているようです。

ハワイ島のペレみたいなツンデレな愛情表現ではなく(笑)、マウイの神様は(私には)とにもかくにもストレートに愛を示してくれます。

 

天気予報では少し曇りの予報でしたが、ついてみたら快晴も快晴!

レンタカーも希望していたものよりも上のグレードの車を借りることができて、行きの道はスーイスイ。

そしてこの日、12:00 と 14:15のツアーとどっちにするかと悩み、結局14:15にしたところ、乗船人数がなんとたったの30名!

その前の12:00のツアーは120名だったので、約4分の1。

船も全然混んでなくて、クジラがとにかくどの方向からもよく見えました。

 

そして極めつけは帰りの渋滞。

普通に行けば40分くらいの距離ですが、帰りは渋滞のため空港まで60分くらいかかってしまいました。

 

搭乗時間にギリギリ~(>_<)! と焦りながら空港についてセキュリティチェックを通ったら、なんと飛行機が遅れていて、私たちがついたときにはまだ全然搭乗が始まっていませんでした。

 

そして通常より約20分ほど遅れて離陸した飛行機は、パイロットがスピードを上げて頑張ったのか、約30分でオアフまでついてしまいました。

 

 

さて、肝心の旅の目的「私の浄化」ですが、今回は揺れる船の上で激しく荒れた海から飛び散った海水を浴びることで、塩での浄化は果たせたようで、その後は一転楽しく毎日を過ごせています。

海水を大胆に浴びた割には、かわいい相棒の一眼レフには少しの水しぶきしかかかることなくに澄んだのもマウイの神様の粋な計らいでした。

(まぁこれは私のクライアントさんが私の真後ろにいて私の盾となり、私の代わりに背中一面に海水をかぶってくれたことで私のカメラは守られたというのが本当のところなのですが・・・)

 

 

・・・というふうに、マウイに来るたびにマウイの神様の愛情をストレートに感じてしまいます。

私もその深い愛情に応えるべく、来年からはマウイ旅行を毎年恒例行事にしたいとさえ思い始めました。

 

Saori

 
Saori

ルルレモンストア、マウイにOPEN

投稿者: Saori
投稿日: 2017年02月23日
コメント: No Comments »

 

2/16(木)に思い立ってマウイに日帰りで行ってきました。

2日前の2/14(火)に急に行くことに決めたのですが、その理由はまた次回のブログで書こうと思います。

 

日帰りということでとにかく時間が限られていて、効率よく回らないと厳しいので、本当にいきたいところだけを回ってきました。

 

まずは、なんといっても欠かせないのがルルレモン

過去にもこのMyハワイで何度もブログを書きましたが、またまたルルレモンです!

 

偶然にもこの旅の3週間ほど前にOPENしたばかりのお店に行ってきました。

ルルレモンのマウイストアはカアナパリにあるホエラーズビレッジ(Whalers Village)のショッピングモールの中にあります。

関連記事/アラモアナセンター×ルルレモン~無料ヨガクラス

 

 

「マウイにはすでにルルレモンがあったのでは?」と思う方もいるかもしれませんね。

そう、すでにルルレモン自体はあったのです。

 

でも、以前にあったのは「お店」ではなく「ショールーム」でした。

ショールームは、扱う品数も商品の在庫も限られていて、営業時間も短いのです。

 

それがこの度「お店」に昇格し、同じモールの別の場所に拡張移転したのでした。

 

 

入口は白を基調にしていて、中に入るとアイボリーのカラーがとても明るい印象です。

私が行ったときには入口近くにメンズラインが置いてありました。

 

お店はワイキキの店舗よりも1.5倍くらいの大きさです。

噂ではアラモアナのルルレモンにない商品が意外に置いてあるのだとか・・・?

 

 

 

そして入口すぐ近くのブラックボードにはお店で行われている無料クラスの情報がありました。

アラモアナやワイキキではほぼヨガクラスしかなかったですが、マウイの無料クラスは「ヨガ」「ピラティス」「バー」など多種多様なクラスが行われています。

 

私もホノルルでピラティスとブーティーバーのクラスを教えているので、次回マウイに来る際にはぜひお店で教えたいとアピールして帰りました。(^^♪

 

 

そしてルルレモンに行けばどの店舗にもある、地元のスタジオ情報。

マウイ島のディズプレイがかわいいですね~。

マウイではまだスタジオに行ったことがないので、次回時間があればぜひピラティススタジオに行ってみたいと思います。

 

 

この日、本当に急にマウイに行くことを決めたので、周りの人にそのこともほとんど言わずに出かけたのですが、このマウイのお店でなんとアラモアナのルルレモンで働いていたスタッフ、ケイティにばったり出くわしたのでした!

聞くところによると、彼女はこのマウイのオープニングスタッフとしてアラモアナからマウイに1か月前に異動になったのだとか。

 

最近お店に行っても彼女を見かけないので、まさかマウイに異動になったとは知らず、単に「シフトが合わないのかな~」と思っていたところでした。

 

この日お互いを見かけて、私は「あれ?ケイティにすっごく似てるスタッフがいる?」と二度見し、向こうは向こうで「あれ?あれはSaori!?」と二度見をし、お互いに本人だとわかってからは「え~~~~~~なんであなたがここにいるの~~~~!?」と予期せぬ再会を喜んだのでした。

 

「マウイはとっても素晴らしい環境で自然がいっぱいだけど、アラモアナみたいに忙しくないし、アラモアナにあんなに来ていた日本人のお客さんも、マウイでは1週間に一組来るか来ないかで・・・すっごくアラモアナが恋しい!」

と言っていたので、ぜひマウイに行かれた先にはぜひ彼女に会いに行ってくださいね。

 

そして私のブログを読んで行ったということもぜひ伝えておいてください!

 

さて、日帰りマウイ旅行のメインイベントは次のブログに続きます。

 

Saori

 

 

 

 

みんなで満喫したKona旅も3日目の最終日。

【Ⅰ】【Ⅱ】【Ⅲ】と続いた長編シリーズのブログもいったんここで最終回です。

 

2日目は2人と3人に別れて別行動をしましたが、3日目は5人全員集合してフライトまでKonaを楽しみました。

まずは朝活から。

 

 

私たちが宿泊したホテル(Mariott Courtyard King Kamehameha's Kona Beach Hotel)では、毎朝7時~ヨガクラスが実施されていました。

参加費は一人10ドル。マットレンタル無料です。

ビーチを少し奥に行ったところで、ちょうど日が昇るのが見える海岸近くで行われました。

 

 

日本人の私たちは張り切ってスタート時間の10分くらい前からスタンバイをしていたのですが、待てど暮らせどインストラクターらしき人は全然来ません・・・。

ひょっとして場所が間違ってるのかも?とドキドキしてましたが、他にもヨガを受けるという人が何人かいたのでおとなしくそこで待っていたら…。

開始時間を少しだけ過ぎた時に、インストラクターとマットを持った方がゆーっくりとホテルの方から歩いていらっしゃいました。

ここにもハワイ時間が流れているのですね~。

 

 

 

サンライズとともに気持ちよく身体を動かした後は、腹ごしらえです。

義父の古くからの友人のおススメが、ホテルから車で約15分南下したところにあるSam Choy’s Kai Lanaiというレストラン。

ここはブレックファスト、ランチ、ディナーもすべて食べられるのですが、義父の友人によると朝食が特におすすめとのことでした。

 

行ってみてわかりました!

 

 

テーブルからこのきれいなKonaの海が見渡せるのです!

私たちが到着した9時ころは、お客さんもほとんどいなくて、のんびりと朝食を楽しむことができました。

 

 

お店の方からのおススメでオーダーしたのがこのエッグズベネディクト。

そしてコナコーヒー(100%)もオーダーしました!

もし2杯目のお代わりが欲しい時には、通常のコーヒー(その場合は無料)か、コナコーヒー(1杯目と同じ金額)と言われました。

エッグズベネディクトもコナコーヒーもどちらもおいしくて、大満足でした。

 

以前のブログに書いた、ホノルルのKapahulu通りにある「Sweet E's Cafe」にもおいしいエッグズベネディクトがあって、私はここが一番おいしいと思っていましたが…Sam Choy’sのもここに負けず劣らずおいしかったです!

ただSam Choy’sはハワイ島にあるため気軽に行けないので、利便性を考えたらやはりSweet E's Cafeに軍配が上がるかも!?

 

 

 

さて、私たちが朝食を食べて大満足のところに、どこからともなくノラ猫の親子がやってきました。

私は無類の猫好きで、日本にいた時には猫を飼っていたのもあって、もうこのかわいい子猫に釘付け!

持っていたカメラで撮影し始めたら、猫ちゃんいろいろとかわいいポーズを取ってくれました。

気づいたら60枚くらい撮ってました(笑)

 

 

朝食を済ませてから、その後はPu'uhonua O Honaunau National Historical Parkに行こうとさらに車を南に走らせるのですが、残念ながらこの日、前日の高波の影響でこの公園はクローズでした・・・。

仕方ないのでその辺に車を停めて、向こうに見える黒岩の海岸まで行ってきました。

 

 

 

そこに広がる一面の黒い岩と、そしてそこで海水浴や釣りをのんびりと楽しむ人たちがたくさんいて、私たちもそこで小一時間楽しく写真を撮りました。

私以外の4人はどんどん波打ち際に向かって歩いて行ってますが、一人がうっかり岩場で足を滑らせ水場にどっぷり下腿が使ってしまうアクシデントが!!!

それを見ていた私は、わが子のように大事な大事な一眼レフを守るためにも、一緒に行かないことにして遠くからみんなを撮影して楽しみました(笑)

 

 

その後まだ時間があったのでコナコーヒーファームにでも行こうかと情報を見るも、土日はクローズという残念なことに・・・。

 

「ハワイの各島には神様がいて、その神様に好かれた島が好きになる」という話を聞いたことがありますが、今回はこの公園はクローズ、コーヒーファームは定休日・・・と予定したことが二つもかなわなかったので、どうやら私たちは女神ペレにあまり好かれてないのかも・・・と思ったりもしました。

 

もしくは、ペレは私たちのことが好きすぎて、今回あえて心残りを作り、またリベンジのためにハワイ島に来させるように仕向けたのか・・・

どちらかは分かりませんが、またリベンジに来ようとは思います!

 

 

帰りのフライトまでまだ少し時間があったので、Konaの街に戻りぶらぶら歩いて買い物を楽しみ、時間になったので空港へ。

 

Konaの空港を出る時にはまたまたきれいなサンセットを見ることができました。

ちょうど1月の頭にはオアフ島が少し肌寒く天気の悪い日が多かったので、このコナ旅の3日間いい天気に恵まれて本当にラッキーでした。

 

ホノルル空港に着き、3日間を過ごした仲間たちともお別れ。

この5人は今回のコナ旅のために結成されたプロジェクトチームのようなもの。

つい3日前までは初めて会ったとは思えないくらいの仲良しチームになって帰ってきました。

 

私自身が考える旅の醍醐味の一つは、一緒に旅行をした仲間のことをまたさらに深く知れること。

夜少し夜更かししながらいろんな話をしたり、楽しい出来事を共有したりして、いろんな経験を一緒に重ねることによって、相手のことをより深く知ったり、そして自分のことも知ってもらったりできることがとってもプライスレスだと思います。

 

この後、日本からの私の友人二人はホノルル滞在後日本に帰り、ヨガの生徒さんお二人も約2週間滞在後日本へと帰って行き、ハワイに残された私はまたみんながハワイに帰ってくるのを待つ身となりました。

 

今度この5人が集結した時にはまたどんなプライスレスな思い出ができるのか・・・!?

再会に胸を躍らせています。

 

 

Saori