ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Saori

COACHの革クリーナー

投稿者: Saori
投稿日: 2017年04月26日
コメント: No Comments »

 

久々の丸一日OFFで時間ができたので、ちょっと足を延ばしてWaikeleプレミアムアウトレットに行ってきました。

3月に日本に帰ったときからずっとパスポートを入れるケースを探していたのですが、気に入ったものが見つからず、アウトレットでひょっとしたら何か見つかるかも?と期待をして。

 

↓の写真は去年8月に行ったときに取ったものなのですが、今回行ったときには土砂降りのすごい雨でした。

しかも駐車場も結構込んでいて、傘のない人は大変そうでした。

■関連記事/ あのブランドの商品がお得に手に入る、ワイケレ・プレミアム・アウト

 

 

いつも何か掘り出し物が見つかるコーチ。

 

私はブランドもの全般にあまり興味がないので、お恥ずかしながらハワイに来るちょっと前にコーチがアメリカ生まれのブランドだと知りました。

そしてアメリカのコーチの商品は日本で購入するよりもずっと安いこと、ハワイでは特別に日本限定発売の商品を取り扱っていること。そしてハワイでの金額はアメリカの本土よりも少し高め(つまり本土はもっと安い)、ということはハワイに来てから知りました。

 

コーチは1941年NYマンハッタンで皮革小物工房としてスタートしたのが始まりだそうです。

耐久性と機能性に優れたシンプルなデザイン、というのが私がコーチというブランドを初めて知ったときのイメージです。

コーチと言えばそういうイメージがまだ強かったころ、1999年12月に友人と韓国旅行に行った際に免税店で革のシンプルなバッグを買いました。

 

そして私が韓国旅行に行ったすぐ後の2000年にシグニチャーデザインが発売になったのをきっかけに、瞬く間に人気が出てきたようです。

 

丈夫な皮革の製品は使いやすいのと、アメリカではかなりお値段もカジュアルなので、こちらに来てから普段使いのお財布はほぼずっとコーチを使っています。

 

 

ワイケレのアウトレットストアには「パスポートケース」というものはなかったのですが、代わりに↑のストラップ付の財布を買って、パスポートを入れることにしました。

 

 

昨年8月にもコーチ(アウトレット)に行った時に、普段使い用の財布を買ったのですが、私はこのストラップ有にこだわりました!

ストラップを手首にまいていれば落とすこともないし、万が一手に持っている時にひったくりに遭ったりとかしてもそのまま取られることもなくて安心です。

 

話はそれますが、ひったくりと言えば、私の知人から聞いた話で真昼間にダウンタウンでその方のお知り合いがひったくりに遭ったそうです。

またケエアモク通りでも歩道を歩いていた女性が持っていたバッグを車道から来たバイクにひったくられたそうです。

ハワイは比較的安全なので油断してしまいやすいですが、やはりここは日本じゃないので気を引き締めないと…ですね。

 

 

話は元に戻り…その昨年新しく買ったお財布が、ちょっと前にカバンの中で蓋が空いてしまったボールペンで汚れてしまうというアクシデントがありました。

家にあるもので汚れを取ってみようとしたんですけど、うまくきれいになりませんでした。

 

レジの長ーい行列で待っている時に「コーチの商品なんだからコーチで聞いてみればいいはず!」と思い立ち、お店の人に聞いてみと、アウトレットのお店でもクリーナーを取り扱っているとのこと!

 

アメリカのコーチのサイトで見ると10ドル日本だと1,620円)でしたが、この日は「レジにて全品50%OFF」の日だったので、なんとこのクリーナーまで半額になりました。

 

そしてレジの方から「使っているうちにだんだんと革が乾いた感じになってくるから、保湿もした方がいいと思う」と言われてモイスチャライザー(保湿クリーム)もお勧めしてもらい、両方買いました。

この保湿クリームも半額だったので、2本買って10ドルという破格値でした!

 

 

 

家に帰って早速せっせとボールペンで汚れた箇所をこのクリーナーを使ってせっせと拭いてみたのですが、残念ながら革の表面がシボ加工がしてあるので、奥の方に入ったペンの汚れは取れませんでした。

でも、表面の汚れはきれいに落ちて、その後に塗った保湿クリームがなかなかいい仕事をして革がしっとり滑らかになったのは大満足でした。

 

そしてハッと思い出したのが、韓国で買ったコーチの革のバッグ。

当時はすっごく気に入ってよく使っていたのですが、まさに店員さんの言うように「革が乾いた感じ」になって、最近はすっかりしまい込んでました。

 

「同じコーチだし、この保湿クリームを使ったらきっとしっとりするに違いない!」と思い立ち、クローゼットから引っ張り出して塗ってみました。

 

 

塗り終わった後は、期待以上のつやつやしっとりでした!

まさかの10ドルで、もう長いこと眠っていたバッグが生き返るとは…感動です!

嬉しくなって日本で買ったそのほかの皮革のバッグにも使ってみましたが、全部つやつやになりました。

 

最近は夫の仕事が一段落してきたので、休みになるたびに夫からデートに誘われます(笑)。

今回のこのアウトレットも二人のデートだったのですが、次回はこの生まれ変わったコーチのバッグを持ってデートに出かけたいと思います。

 

Saori

 

 
Saori

大人のぬりえ

投稿者: Saori
投稿日: 2017年03月30日
コメント: No Comments »

 

日本はすっかり春らしくなったころでしょうか?

3月の半ばから10日ほど日本に一時帰国していました。

 

「ひょっとしたら日本にいる間に桜が咲き始めるかも…?」と淡い期待を抱いて出かけましたが、期待に反して途中2月上旬の冷え込みになった日が二日ほどありました。

東京も明け方は雪の可能性が…?という天気予報でしたが、なんとか雪は免れ、そして私は丸一日予定があって室内で過ごしていたので、さほどダメージはなくなんとか無事にその寒さを切り抜けました。

あっという間にハワイに帰りたくなったのは言うまでもありません…。

 

 

さて、日本に帰るとなると楽しみなのが「食事」と「買い物」!

特に買い物はハワイで手に入りづらいものリストを作って、準備万端にして臨みます。

そして、今回、日本に帰ったら絶対に勝って帰ろうと思っていたのが、「大人のぬりえ」本でした。

 

 

 

「アートセラピー効果」があるとして日本でもブームになった「大人のぬりえ」ですが、「メディテーション(瞑想)しているようだ」という理由でアメリカでも人気があります。

「大人のぬりえ」は 英語で"coloring book for adult"とか "Adult coloring book"と言います。

 

アメリカでは電子書籍が主流になりペーパーレス化がどんどん進んでいるので、街から本屋がどんどん消えていきますが、さすがにぬりえは紙の本でなくては意味がないので、通常の紙の本でたくさん出版されています。

近場で唯一残っているアラモアナの本屋「Barnes & Noble」でも「大人のぬりえ」は人気のようで、店内にはぬりえコーナーがあっていくつも並べられています。

 

 

私は、一昨年クリスマプレゼントに1冊のぬりえ本をもらったのをきっかけにはまり、その後せっせと気に入った本を見つけては購入し、家はぬりえ本だらけになっています。

 

塗るのは同じく一昨年クリスマスに夫にねだってプレゼントしてもらったファーバーカステルの色鉛筆。

芯が柔らかくて発色がきれいなのです。

 

 

そして、最近、アラモアナの本屋をうろうろしていたらハワイのぬりえ『Coloring HAWAI'I』を見つけたので買ってみました。

 

 

中を開いてみるとハワイらしいぬりえがたくさん!

この白黒の下絵を見ているだけでどんな色で塗ろうかとワクワクし始めてしまいます。

 

 

購入して早速、一番最初のページ、トロピカルカラーの鳥たちを塗ってみました。

「ハワイ=カラフル」のイメージなので、できるだけいろんな色を使いつつ、隣に来る鳥さんたちの色が似通らないように…などといろいろと考えながら塗るのが、どうやら脳にいいみたいです。

 

 

これ、始めたのはいいものの、下絵が細かくて塗るのに結構時間がかかります。

私は忍耐力がなくてすぐに飽きてしまうタイプなので、忍耐力を養うのにも一役買っています。

そしてその分、完成した時の達成感はとても大きいのです。

 

 

また、よく「色見本を見ながら塗っているの?」と聞かれますが、私は何もないところから自分で色を決めながら塗っていきます。(色見本があるぬりえ本もありますが、あっても見ないで塗ります。)

私の場合は色見本がない方が自分の想像力を膨らませられて塗りやすいです。

 

 

最近はインスタグラムにこのぬりえをUPしている方も多くて、他の方の塗り方を参考にさせてもらっています。

 

一番上の写真のように、日本でも新たに3冊のぬりえ本を買ってきたので、またしばらく私の生活はせっせと色塗りに費やされて行くことでしょう。

 

 

Saori

 
Saori

そうだ、マウイに行こう!

投稿者: Saori
投稿日: 2017年02月24日
コメント: No Comments »

 

前回のブログの続きです。

2日前の2/14(火)に決心し、2/16(木)に突然マウイに行った理由です。

 

私が教えているKaradaアカデミーのヨガRYT200のヨガインストラクター養成トレーニング9期生の生徒さんが無事に2/10に4週間のトレーニングを修了されました。

そのうちの一人の生徒さんから、私が以前に行ったマウイのホェールウオッチングツアーについて教えてほしいと言われメールでいろいろとやり取りをしていました。

 

そして、そのやり取りの中で「空港からタクシーで行こうと思うんですけど、どうでしょう?」と言われ、ホノルルならまだしも(というかホノルルでもタクシーは結構不便かも!?)マウイのタクシー事情はさらに大変そう。。。

 

ということで、

「マウイのタクシーは無謀なので、絶対にレンタカーを借りた方がいいですよ。それがムリならオアフから出ている日帰りマウイツアーに参加をしたらどうでしょう?」

とおススメしたのですが、運転が不安、そしてオアフ発日帰りマウイツアーはその方が希望した日は最少催行人員に満たずにツアーが催行されないことになったのだそうです。

 

 

そのやり取りをしている最中の私は、その数日前から結構仕事が忙しく、その上ちょっと個人的に残念なできごとが立て続けに起きていて、自分の中でいろいろとモヤモヤしていたところでした。

 

普段あまり悪いことを引き寄せないタイプなのですが、このときはなぜだかいろいろなことが重なってしまって、私の親しくしているクライアントさんからは「引き寄せる時は引き寄せちゃうから、塩でもまいて浄化した方がいいよ!海水に浸かってもいいんだよ!」とありがたいアドバイス(笑)をいただいていました。

 

そんな時にこのマウイのホェールウオッチングのやり取り。

去年同じ時期にマウイに行ったときにすっごくリフレッシュできたのを思い出して、ひょっとしたらマウイに行けば少し気分転換になるかも?と考えて、本当に思い付きで

 

「私も一緒に行っちゃおうかな?」

 

と生徒さんにつぶやいてからすべてが動き始めました。

 

 

実際に行こうと本当に決めたのが2日前の朝。

そこから、急にもう一人私のピラティスのクライアントさんに(もちろんかなりダメもとのつもりでで)声をかけたら、なんと2日前なのにも関わらず「ぜひ一緒に行きたいです!」という信じられないくらい軽いフットワークのお返事(しかも即答!)が来ました!

 

そして慌ただしくフライト&レンタカー&ホエールウオッチングツアーを一気に予約し、2日後にはヨガの生徒さんと、ピラティスのクライアントさんと私の三人で、マウイに来ちゃいました!

■関連記事/この季節、ハワイはホエール・ウォッチングが人気!

■関連記事/マウイ島のホテル

 

 

 

今回も参加したのは昨年と同じラハイナクルーズカンパニーのツアーです。

前回は気づかなかったのですが、申込みの途中に「日本語ガイドを希望」という項目があったのでそこにチェックをして申し込んだところ、Takaさんという男性の日本人ガイドさんが私たちのツアーのお世話をたくさんしてくださいました。

 

ツアーは14:15にラハイナタウンにある港から出発の予定で、13:15にチェックインをします。

30分ほど出港までに時間があるので待っていたところ、Takaさんが遠くから手招きをして呼んでくれました。

「魚見せてあげる」と言われて行ったら、ハワイの州魚「フムフム ヌクヌク アプアア」が見れました。

 

 

このフムフム ヌクヌク アプアア、夫から何回聞いても覚えられません。。。(笑)

「フムフム ヌクヌク」まではなんとか覚えられましたが、最後の「アプアア」がたった4文字なのにハードル高し!

マウイの海はとっても澄んでいて、このフムフム ヌクヌク・・・の外にもたくさんのトロピカルフィッシュが見えました。

 

 

さて、昨年行ったこのホェールウオッチングツアー。

前回のブログにも書きましたが、それはそれは大感動過ぎて、「これ以上感動するツアーなんてないかもしれない」というレベルのツアーでした。

なので今年のツアーはさすがにそれ以上は期待できないかと思っていました・・・が、いい意味で期待を裏切ってくれました。

 

 

 

今回は何よりも日本語でTakaさんからたくさんクジラにまつわる話を聞くことができたのがとても貴重でした。

クジラははるばるアラスカからハワイにやってくるのですが、その中でもなぜマウイが「クジラの聖地」と呼ばれているのか。

このマウイ近郊のクジラがたくさんいる海は、「マウイ島」「モロカイ島」「ラナイ島」「カホオラウェ島」という火山活動によってできた4つの島に囲まれていて、海底が周りの海に比べて浅いため、サメがこの海域に入ってくることができないそうです。

なのでクジラがここで赤ちゃんを産んでも、サメに襲われることがなく安全なのでマウイ近海を特に好むのです。

 

オアフ島、ハワイ島でもクジラは見られますが、その数はマウイの比ではないらしいのと、そのあたりのクジラは一か所に留まらずハワイの島々の周りを周遊しているのだとか。

私が以前にオアフでもハワイ島でもホエールウオッチングに行ったのに、その二つの島ではあまりクジラが見れなかった理由がやっと分かりました。

 

 

 

また、アラスカからハワイまでは自転車ほどの速度で、平均45日ほどかけて海を泳いでくるそうです。

そしてハワイでクジラは交尾し、妊娠出産、子育てを行います。

その間、お母さんクジラは何も食べないのだそうです。

クジラの餌になる魚がハワイ近郊にはいないため、「食べない」というよりは「食べられない」のだとか。

ですので、赤ちゃんがある程度育つと、またはるばる泳いでアラスカの海まで帰らないといけないのです。

 

「ずっとハワイにいてくれたら一年中クジラが見れるのにね。」と誰かが言ってましたが、それだとクジラは生存できないのですね。

 

 

さて、今回のツアーは去年に比べて、大人クジラのジャンプがたくさん見れました。

クジラがジャンプ(ブリーチ)をする理由は実はよく分かってないそうですが、

 

〇身体についた寄生虫を取るため

〇なわばりを示すため

〇筋力トレーニングのため

〇ただジャンプしたいだけ

 

という見解があるそうです。

「ただジャンプしたいだけ」という見解がなんともゆるくていいですね。(笑)

 

 

 

最後に、赤ちゃんクジラのジャンプもなんとかカメラに収めました。

最初に親クジラが手本を見せて、赤ちゃんが真似をしてジャンプをします。

その間もお母さんクジラは赤ちゃんの真下や周りにいて、子供を守っているそうです。

今回は大人のクジラがたくさんジャンプしたので、赤ちゃんクジラとの体長の違いや、ジャンプがどれだけ高さの違いがはっきりと対比できました。

 

 

赤ちゃんは生まれたばかりの時には約3.5m、そしてハワイにいる間に5mくらいにまで成長して、その後お母さんクジラに守られながら、一緒にアラスカの海に帰っていくのだそうです。

よくよく考えたら、今こうやって出産のために戻ってきている大人クジラたちもハワイで生まれ育ったのかもしれないですよね。

 

さて、今回のクルーズでも300枚弱の写真を撮りましたが、激しく揺れる船の上での撮影はとっても難しく、ピントが合っていて、クジラが満足に写っているのは5-6枚程度でした。

敏腕カメラマンへの道はまだまだ遠いです。

 

 

 

前々回のハワイ島のブログにも書きましたが、「ハワイには各島に神様がいて、その神様に好かれた島が好きになる」という言い伝え。

私はどうやらマウイの神様にはとっても好かれているようです。

ハワイ島のペレみたいなツンデレな愛情表現ではなく(笑)、マウイの神様は(私には)とにもかくにもストレートに愛を示してくれます。

 

天気予報では少し曇りの予報でしたが、ついてみたら快晴も快晴!

レンタカーも希望していたものよりも上のグレードの車を借りることができて、行きの道はスーイスイ。

そしてこの日、12:00 と 14:15のツアーとどっちにするかと悩み、結局14:15にしたところ、乗船人数がなんとたったの30名!

その前の12:00のツアーは120名だったので、約4分の1。

船も全然混んでなくて、クジラがとにかくどの方向からもよく見えました。

 

そして極めつけは帰りの渋滞。

普通に行けば40分くらいの距離ですが、帰りは渋滞のため空港まで60分くらいかかってしまいました。

 

搭乗時間にギリギリ~(>_<)! と焦りながら空港についてセキュリティチェックを通ったら、なんと飛行機が遅れていて、私たちがついたときにはまだ全然搭乗が始まっていませんでした。

 

そして通常より約20分ほど遅れて離陸した飛行機は、パイロットがスピードを上げて頑張ったのか、約30分でオアフまでついてしまいました。

 

 

さて、肝心の旅の目的「私の浄化」ですが、今回は揺れる船の上で激しく荒れた海から飛び散った海水を浴びることで、塩での浄化は果たせたようで、その後は一転楽しく毎日を過ごせています。

海水を大胆に浴びた割には、かわいい相棒の一眼レフには少しの水しぶきしかかかることなくに澄んだのもマウイの神様の粋な計らいでした。

(まぁこれは私のクライアントさんが私の真後ろにいて私の盾となり、私の代わりに背中一面に海水をかぶってくれたことで私のカメラは守られたというのが本当のところなのですが・・・)

 

 

・・・というふうに、マウイに来るたびにマウイの神様の愛情をストレートに感じてしまいます。

私もその深い愛情に応えるべく、来年からはマウイ旅行を毎年恒例行事にしたいとさえ思い始めました。

 

Saori