ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Saori

おいしいポケ in Kailua

投稿者: Saori
投稿日: 2017年09月08日
コメント: No Comments »

日本は学校の夏休みも終わって、本格的な秋の始まりでしょうか。

今年の私の夏はとにかく「忙しい」…の一言でした。

6月半ばに日本から帰って来てからずっと目まぐるしい毎日でハワイらしいことが何一つできなかったので、ブログの更新も滞っていました。

久々の更新です。

 

 

8月の終わりに日本から友人が遊びに来たのですが、カイルアに「THE HIBACHI」というおいしいポケのお店があるというので一緒に行ってきました。

 

「ポケ(Poke)」はもともとハワイ語で「切り身」という意味でしたが、現在では魚介類の切り身にいろいろな調味料を混ぜ込んで調味した料理を指します。

英語風に「ポキ」と発音したりもします。


ポケ、ポキ

 

この「THE HIBACHI」というお店は、カイルアのショッピングセンター「カイルアタウン」にあり、テイクアウト専門のお店です。

 

 

 

ショーケースにはいろいろな味のポケがあります。

醤油ベース、マヨネーズベース、スパイシーなもの、いろいろです。

 

 

お店の中には、日本語でオーダーの手順も書いてあるので安心です♪

ポケ丼を作ってもらうには、どんぶりのサイズを選び(大小の2サイズ)、ベースにライスかサラダをチョイスします。

写真を撮り損ねましたが、大のサイズはかなり大きかったです!

 

 

私は「Sweet Onion Cilantro Ahi Poke」にしました。

「Cilantro」とは今日本でも大ブーム?の「パクチー」のことです。

この「パクチー」、大好きな人と大嫌いな人とでかなり好みがはっきりするようですが、私はパクチー大好きで、迷わずこれにしました。

スモールサイズ、ライスで5.55ドル。なかなかリーズナブルです。

 

 

 

お店の裏にはパーキングもありますが、他のレストランとのパーキングを兼ねていて、あまり台数は多くはありません。

お店はテイクアウトオンリーで、道路に面した入口の横にテーブルと椅子があって、ここでちょこっと食べることもできます。(この日はすでにテーブルがいっぱいでした。)

 

友人が「ビーチで食べる?」と提案してくれたのですが(ハワイに来たら「ビーチでランチ」っていうのも憧れるというのはよーくわかります!)、午後からのカイルアビーチは風が強いことが多く、強風に乗ってビーチの細かい砂が舞ってしまうとランチどころではないので、この日はホールフーズの横にあるイーティングスペースでゆっくり食べました。

 

その後、カイルアビーチまで車で行ったのですが、日曜日ということもあって駐車場は満車、結局10分ほど待ってやっと車を停めることができたので、やっぱりビーチでランチはやめて正解だったと思いました!

 

私は普段通勤で片道10分弱の距離しか運転していないので、感覚もすっかりローカル化してしまい、15分以上運転すると「遠い!」という感覚になってしまってます(笑)

ですのでこの日は片道25分運転してカイルアに来てちょっとした小旅行をした気分になれて、心もリフレッシュしてきました。

車の運転自体は好きな方なので、たまにはこうやってカイルアにあるおいしいお店を発掘しに行くのもいいなと思いました。

 

Saori

 

【THE HIBACHI】

 

  • 515 Kailua Rd, Kailua, HI 96734
  • TEL : (808) 263-7980
  • Website : thehibachihawaii.net
  • Sun-Thu 10am-8pm, Fri & Sat 10am-9pm

 

■関連記事/人気連載「ザ・バスでカイルア日帰り旅行!」その4.オバマさんご用達のシェイブアイス〜アイランドスノー

 

 

 

 
Saori

炭酸水メーカー大活躍

投稿者: Saori
投稿日: 2017年07月14日
コメント: No Comments »

日本にいた時からずっと気になっていた炭酸水メーカーをついについに購入しました!

 

 

私と炭酸水の出会いは、約24年前。

大学の夏季語学研修でドイツに行ったときに炭酸水の存在を知りました。

 

それまではコーラやソーダなどの砂糖の入っている炭酸水しか飲んだことがなくて「水に炭酸なんておいしいの?」と思っていたのでした。

ところがある友人から「ヨーロッパの夏は日本と違って乾燥してるから、シュワシュワの炭酸で喉がすっきりしておいしいんだよ」と聞いて試してみたところ、本当に喉が潤される感じがしてそこから大の炭酸好きになりました。

 

でもお店で炭酸水を買っても大量だと飲み切れずに炭酸が抜けてしまうし、小さなボトルだと結局高くつくし…で、買ってまで炭酸水を飲むということはなくなっていました。

 

 

先日、ピラティスのクライアントさんと話をしていて、「自宅で大好きなジンジャーエールを作って飲みたいけど、炭酸水がないので諦めてる」と伝えたら、「炭酸水メーカーを買ったらいいんじゃない?うちにもあるけど便利だよ」と言われそこから私の炭酸水メーカーへの物欲が急激に高まってきました。

 

 

早速リサーチ開始。

ネットで見ていろいろ悩んだのですが、Bed Bath & Beyondで実物を見ることができたので「sodastream(ソーダストリーム)」というメーカーにしました。

自宅から一番近いカカアコのBed Bath & Beyondでは3種類のモデルが置いてありましたが、結局真ん中の価格(約100ドル)のSOURSEというモデルにしました。(クーポンがあったのでさらに20%OFFになりました。)

■関連記事/ハワイで一番ヘルシーな島とそうでない島は?

 

実は最初お店に行って、店員さんにそれぞれのモデルの違いを教えてもらい、さらに「SOURSEが一番人気」と聞いたにも関わらず、いったんはPOWERというモデルを購入したのでした。

POWERは電源が必要な全自動タイプで、3つの中で一番高価でした(130ドル)。

 

当初、店員さんから説明を聞いたときに「このPOWERだけが電源が必要です」と言われ、私はてっきり他のモデルは電池で動いてるんだと勘違いをしていたのでした。

でも、家に帰りながら「でもコンセントが必要なのならコンセント近くでしか使えないし、ひょっとして不便??」と思い始め、「でも電池で動くものなら電池の交換がめんどくさいからやっぱり電源が使えるものがよいかも…」と自分が正しい選択をしたのかぐるぐる考えていたのでした。

 

その後自宅に帰って、モデルの違いを比べると、なんと「電源が不要」なタイプは、電池も何も必要がないということが判明しました!!!!

 

ということで、その日の午後にもう一度お店に戻り、結局SOURSEの方に交換してもらうことにしました。

 

交換してもらうためにお店に行ったら最初に接客してくれた店員さんがいて、事情を話したところ「だから言ったでしょ~(笑)」と言われました。

すみません…聞く耳持たなくて…(笑)

 

 

これがSodastreamのマシンを前から見たところです。

思ったより背が高めで縦は40㎝くらいですが、幅は約12㎝、奥行きは17㎝と結構すっきりスリムです。

そして何よりも電源コードがないのでさらにすっきりです。

 

私の絵の道具が幅を利かせているキッチンカウンターにもすんなりと置けちゃいました。

 

 

炭酸ガスのシリンダーは、背面側に入るようになっています。

このシリンダー1本で60リットルの炭酸水が作れます。

 

ガスが無くなったら、交換用のシリンダーを販売しているお店に行くと、ガスの充填代だけで次のシリンダーを購入することができるそうです。

 

 

早速炭酸水を作ってみました!シュワシュワしてます!

このSOURSEというマシンは、炭酸を注入する量を3段階に調整できるようになっていて、マシン前面にあるLEDライトがその量を教えてくれるのでとっても簡単!

 

マシンを買った日は家族で炭酸水で乾杯し、次の日からは大好きなPacifikoolの濃縮ジンジャーエールシロップでジンジャーエールを作りました。

 

 

まだ買って数日ですが、炭酸水メーカーのSodastream買ってよかった!

いつも無駄なものを買ってしまう私ですが、これはハワイに来てからの1、2位を争うベストな買い物だと自負しています。

 

 

Saori

 
Saori

独立記念日の花火

投稿者: Saori
投稿日: 2017年07月12日
コメント: No Comments »

7月4日は独立記念日でしたね。

独立記念日は1776年アメリカ独立宣言が公布されたのを記念して定められた祝日。

いわばアメリカ合衆国の誕生日です。

 

この日は仕事が休みという人も多いのですが、今年は火曜日ということもあって、前日の月曜日に休暇を取り4連休にした人もいると聞いてうらやましい限りです。

ビーチに行ったり、BBQやピクニックをしたりして過ごす人も多いようです。

 

 

私がこの日、命を懸けていたのが夜8:30からの花火の撮影。

このサイトを参考に仕事が終わってからすぐにカメラのセッティングを始め、三脚とリモコンを用意して準備万端で夜になるのを待ってました。

 

 

花火が上がり始め夢中でシャッターを切りました。

花火は「バルブモード」と言って、シャッターをしばらく開けた状態で撮影をするのですが、花火撮影が初心者すぎて、どのくらいの間シャッターを開けて置いたらいいのかまったく見当がつかず、勘だけで撮影しました。

 

 

 

 

 

花火が上がっている間夢中で撮影したところ、60枚ほど撮影できました。

でも、その後パソコンの大画面で見てみたら、ピントが合ってないのとか、微妙に明るすぎたりとか、花火の軌跡がうまく写ってないとか…失敗した写真の方が多くて、結局10枚弱しか気に入ったものがありませんでした。

 

それでも、初めて撮影したにしてはまだいい方かも・・・と自分を慰めてます。

 

 

ヒルトンの花火は自宅からだと遠くて撮影できそうになく、来年の独立記念日まで花火を撮影するチャンスはもうなさそうですが、1年に1回の楽しみとしてまた来年を待とうと思います。

 

Saori