ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

(⊹^◡^)ノo゚。*こんにちは~*。 yukiyukiです。

 

すっかり秋になりましたね。夏のあの猛暑はどこへやら?とても過ごしやすい毎日です。

随分とご無沙汰してしまいました(汗)

 

今日は私の『Myハワイ』を語る上でどうしても外せない大事なことを書こうと決めています。
長くなるかもですがお付き合いお願いしますね。

 

2012年4月にハワイ島のHiloへ行った時のこと。Manukai Hawai'i Irand Tours のAkemiさんという日本人女性がロコ視線で一味違うディープなハワイ島を案内してくださるツアーに参加しました。

その時のコースはキラウエア火山のどこかでハワイアンカフナのブレッシングを受けるというとてもスペシャルなものでした。とは言っても、スピリチュアルとかブレッシングとか全く縁のない私。だいたいカフナって誰?ぐらいのレベルです。でも、こんな私なのになぜかそのツアーが気になって仕方なかったのです・・・

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

当日、ドライバーさんのお迎えでキラウエア火山へ。そして到着したのはなんとあのハレマウマウ。こんな私でもとても神聖な場所であることは知っていました。そこにはすでにAkemiさんとケアヒさんがおられ清々しい笑顔で迎えてくださいました。
このケアヒさんの澄んだ瞳がキラキラと輝いていて吸い込まれそうだったのを覚えています。

■関連記事/【隣島】ハワイ島キラウエア山ハレマウマウ火口、マグマ上昇の最新情報

 

魂をふるわせるようなケアヒさんのチャンティング(ハワイの詠唱)はこれまで聞いたことのない不思議な『音』でした。
音による振動がヒーリング、浄化をもたらし、より深い源や自己の魂につながり直す(=リコネクトする)のを助けてくれるそうです。
そしてひとりひとりにその時必要なメッセージを伝えてくれます。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

この時、私は特に相談したいとか答えを求めていることとかはありませんでした。
いや、強いて言えば1つだけずっと長らく心の奥深くに重いものを抱えてはいたのですが、自ら蓋をして見ないようにしていたので忘れかけていたのです。
そのたった一つのことをケアヒさんはズバリと見抜き、たった一言で片付けてくれました。

 

「もういいんだよ」って。

 

最初は何のことかな?と思っていたのですが、ケアヒさんの話の続きを聞いているうちに勝手に涙が溢れ出て、もう収拾つかないくらいに号泣。ケアヒさんは私に、「もう十分悩み苦しんだのだからそのことは忘れていいんだよ。これから先はもっともっと幸せにならなければ。」というようなことを言われました。

正直自分でもそのこと以外ではとても幸せだと感じていましたが、唯一そのことだけが気がかりで、こんなことがあるのに私は幸せでもいいんだろうか?なんて考えることがあったのです。
その気持ちも正直に打ち明けると、ケアヒさんはこう言われました。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

「君が幸せなのは当たり前。君は幸せの人。だから君は周りの人を幸せにしてあげるためにももっともっと幸せにならないと。」

その言葉でハッと目が覚めた感じがしたのです。自分のことしか考えてなかったのですが、周りの人を幸せにする使命もあるんだって思ったら、急にそうだ!私は幸せでいいんだ。これからはみんなにもシェアしなくっちゃ!!って思えたのです。根っから単純なんですね。

このとき、確実に私の人生感は変わったと思います。まだまだ道半ばですが、いつも自分自身も周りの人達も幸せになれることをしようと思えるようになりました。そしたら本当にどんどんと幸せの波紋が広がって…いや、変な宗教は信仰していませんよ(笑) いろんな方と知り合えてそこからまたいいご縁が繋がって…の連続です。

それ以来私にとっての聖地はハワイ島、キアウエア火山となっています。
Myハワイなんです。

今日もお付き合いありがとうございました。
(*^-^*)ノ~~マタネー

 
yukiyuki

MMF2015でのご縁

投稿者: yukiyuki
投稿日: 2015年05月30日
コメント: 1 Comment »

(⊹^◡^)ノo゚。*こんにちは~*。♡

とってもご無沙汰してしまいました。

春の一大イベント、メリーモナークフェスティバル(以下MMF)の興奮もようやく収まりつつあります。

って言うか、日々の出来事に追われて収めざるを得ないという方が正しいでしょうか。

今日はこの大会で出会った素敵な方たちのことを書きたいと思います。

 

まず最初にホノルル空港でばったりと出会ったのは、今回の大会でワヒネのアウアナ(女性グループの現代フラ)部門で優勝されたハーラウ(教室)のクムフラ(家元先生)Kai’lihiwa Vaughanさんとダンサーさんたち。クムヒヴァとは一度だけ面識があったのですが、そろ~っと声をかせさせていただくとちゃんと覚えてくださっていて感激。写真も一緒に撮らせていただきました。

■関連記事/【速報】「ナ・ホク・ハノハノ賞」でケアリイ・レイシェルが7冠!

写真 1

ダンサーさんたちもこれからMMFに向かうとは思えないほどのリラックスした良い雰囲気。皆さん普段から笑顔が素敵なんですね。そして偶然にもハワイ島Hiloへのフライトが同じ便で、小さな飛行機なので私たち以外はほとんどがこちらのハーラウの皆さんでした。

ホノルルを飛び立ってから間もなく、これまでの機内BGMとは違う音楽が流れだし、そのうち一人、また一人…と立ち上がって踊り始めたのです!

写真 3

さすがハワイアン、自由だなぁ。どこでも踊っちゃうんだって思っていたら、そうじゃなくて、その日はクムのお誕生日だったそうで、ハーラウの皆さんがサプライズで踊ってお祝いされたんですね。

しかもハワイアン航空も協力してくれたんですよね。素敵♥♥♥

とてもチャーミングでアロハスピリット溢れるクムとハーラウの皆さんとお会いできてこれから先の旅が素晴らしいことを予感しました。

 

Hiloに到着直後、私をHiloと強く結びつけてくれた現地の友人から地元ハーラウのホーイケ(発表会)がダウンタウンであるよと誘ってもらいました。地元では有名なハーラウだそうですが、私たちのような観光客が観させてもらう機会はなかなかありません。

写真2

生徒さんたちもとても熱心に丁寧に何かを伝えようと踊っておられるのがわかり、これまであまり見たことがないようなすごく神聖なフラを見たような気がしました。

 

その後今回の旅の間1週間お世話になるB&Bのオーナー夫人、KayoさんとHiloの人気レストランMiyo’sで落ち合い、遅い夕食。そこではまたまた懐かしい友人が偶然にもKayoさんのお友達として一緒に食事をしていたり、歓喜の連続。Hiloはハワイ州でWaikikiに次ぐ都市だとは言うものの、ある意味小さな街です。B&Bのオーナー、LobyとKayoさんについては次回詳しく。この方たちとの出会いがまた私とHiloを繋いでくれたかもしれません。

写真 ロビー

 

MMFの期間中はHiloの街の中でもいろんな有名人とであったりするよとは聞いていたものの…今回はすごかったです(笑) MMF会場の駐車場でたまたま車を停めたら前に立っていた超有名クムフラであり、ミュージシャン、そして今年はコンペティションの審査員でもあったKeali’i Reichelさん、ダウンタウンでお買い物していたら一際目を惹く美しい白髪の方は、ワヒネの部で総合優勝されたハーラウのクムフラ、Kunewa Mookさん、MMFパレードの観客の中に混じっていてもすぐにわかった大好きなミュージシャン、Mak Yamanakaさん。皆さん気さくに話をしてくださり、写真も撮ってくださいました。さすがハワイアンスターは太っ腹!!

写真

 

この他にもたくさんの方とお会いしました。ハワイの伝統的スタンプOhe Kapalaを教えてくださったクム、カパのWSでお会いしたクムDalani Tanahyさん、Waipio村を馬車で案内してくれたアンクル…

写真 クム

 

皆さんありがとうございました。

それではまた(o・・o)/~ yukiyukiでした

 

 

 

 

 
yukiyuki

玉造温泉 de ハワイアン

投稿者: yukiyuki
投稿日: 2015年04月04日
コメント: No Comments »

(⊹^◡^)ノo゚。*こんにちは~*。♡ yukiyukiです。

ちょっとご無沙汰でした。

2月からずっといろんな楽しいイベント続きで幸せな毎日が継続中です 。

 

そんな楽しいイベントの中でもかなり上位に入るイベントが3月14日にありました。

■関連記事/【話題】いよいよ今週末、ハワイ音楽の祭典「ナ・ホク賞」日本で幕開け!

オープニング

『玉造温泉でdeハワイアン』

私の友人でもある有木千恵さんが主宰されるARIKI HULA STUDIO(AHS)の松江教室(島根県)と尼崎教室(兵庫県)の生徒さん合同でのフラの発表会に参加させていただきました。

玉造温泉は、島根県松江市にある古くからの温泉地です。

夕日が綺麗で蜆がたくさん取れる宍道湖や縁結びの神様として有名な出雲大社の近くにあります。

その温泉地のシンボル的な施設、『ゆ~ゆ』のホールでの発表会!普段はどじょうすくいのショーや講習を行っている場所でのハワイアン!かなり奇抜で度肝を抜く企画ですよね。 いったいどんなことに…?って期待を膨らませて参加したのです。

 

Pukanala

お茶目で可愛いそしてとても真摯にフラと向き合っているダンサーさんたちの踊りと、ユニークで素敵メンズのバンドPukanalaさんの演奏がとてもマッチしていて、何とも言えないほんわかフワフワな良い空間で良い時間を過ごさせていただきました。

 

AHSさんのフラは、一言で言うと「地味!」と先生自らおっしゃいます。

確かに衣装も華やかないわゆるハワイアン柄のものではないですが…それは逆にとても洗練されたシンプルな美しさがあり踊りを引き立てるのに十分な魅力があります。

私にとっては新鮮だったのですが、ノホスタイルと言って座って上半身の動きだけで歌を伝えるフラにとても感動しました。そしてフラやハワイ文化をよく知らない人にもわかりやすいようにと日本語に訳した歌に合わせたフラなどAHSさん独特のスタイルも魅力的。実を言うとこれまではハワイアンを日本語で歌うことに少々違和感があったのですが、今回の経験で払拭されました(笑)

 

noho style

 

発表会後の夜の宴会にもご一緒させていただき、本当にたくさんのいい出会い、ご縁をいただきました。やはり出雲の神様がいらっしゃると実感したのです。 あぁ…いい旅でした。 

今日も読んでいただいてありがとうございました。

 

それではまた(o・・o)/~