ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

キョーコ

相撲好きDNA

投稿者: キョーコ
投稿日: 2017年01月18日
コメント: No Comments »

小5の娘は、新学期の自己紹介で「好きな食べ物は納豆」と発言し、クラスメートを動揺させる無類の納豆好きです。さらに「好きな余暇の過ごし方」については「相撲のテレビ観戦」。これにはさすがの先生も「へえ〜」と驚きを隠せないということです。

■関連記事/白鵬杯に向けハワイの少年ら猛稽古!

 

sumodna1

(昨夏、名古屋駅で遭遇した嘉風関と)

 

納豆はワタクシが妊娠中にさんざん食べていましたので、好きになったのかと思われます。相撲のほうは、ワタクシと夫の影響に違いありません。

 

夫は相撲好きの祖父母の影響で、外国人初の関取となったマウイ島出身の高見山関が活躍していたころから、相撲に慣れ親しんでいたようです。

 

一方のワタクシですが、母が相撲好きでしたので、物心ついたころから一緒にテレビで観戦していました。

 

忘れられないのが小学生のころ、相撲部屋に入門した父の知人の息子さんに抱っこしてもらったことです。お相撲さんに抱っこしてもらった赤ちゃんは健康になるという言い伝えがあり、こんな機会はめったにないと(小学生でしたが)抱っこしてもらったのでした。残念ながら息子さんはケガが原因で早早に力士の道を閉ざされましたが、ワタクシが相撲好きになった原点は間違いなく「彼の抱っこ」でございます。

 

1993年にブレイズデルアリーナで開催されたハワイ巡業は、もちろん夫とともに観戦してきました。ハワイ出身の3力士が活躍していたころで、大いに盛り上がりました。

 

しかしハワイ出身力士は、横綱武蔵丸関が2003年に引退したのを最後にいなくなりました。現在はモンゴル出身力士の活躍がめざましく、横綱白鵬関は娘の憧れの力士です。

 

その大横綱白鵬関の呼びかけで2011年にスタートした少年相撲の国際親善大会「白鵬杯」(1月29日開催)に、今回初めてアメリカ代表としてハワイの子どもたちが招待されました。

sumodna2

出発を前に、1月15日にカカアコのUFCジムで地元メディアを招いての稽古が行なわれ、相撲ファンの夫と娘をともない、取材に行ってきました。この日は元大関のKONISHIKIさんも稽古に参加、熱のこもった指導を行なっていました。

 

体格の大きな中学生力士同士の取り組みを間近で見学していた娘は、その迫力にびっくり。KONISHIKIさんの隣に並ぶと「大きいな」と驚いていましたが、現役時代の彼を見たらきっと度肝を抜かれたに違いありません。

sumodna3

高見山にはじまり、小錦、曙、武蔵丸とハワイ出身力士を応援しつづけてきた夫。相撲好きの娘が、ハワイ力士が活躍していた時代を知らないことを残念がります。

sumodna4

稽古に汗を流すロコボーイズたちが、将来力士として活躍してくれることを切望していました。「やっぱりハワイ出身力士がいないと盛り上がらない」。ハワイに住む多くの人たちもきっと同じ思いでしょう。

 

“ブラザーイズ”と親しまれた、いまは亡き伝説のハワイアンシンガー、イズラエル・カマカヴィヴォオレが1995年に発表した「エ・アラ・エ」(邦題・天国からカミナリ)という曲は、当時相撲界で活躍していたハワイ出身力士、曙、武蔵丸、そして小錦が登場する、彼らへの応援歌ともいわれています。

 

白鵬杯でのロコボーイの活躍をきっかけに、再びハワイに相撲ブームが巻き起こることを願ってやみません。

 

日本で暮らしていたころは、1月5日ぐらいまで正月気分を楽しんでいましたが、ハワイでは元日の夜に日本語テレビで放映される紅白歌合戦を見終えたら、日常に戻ってしまいます。

 

4日午前、ダウンタウンからわが家まで歩いて戻る途中、キングストリート沿いにある市庁舎前にクレーン車や大型トラックが数台停まっていました。なにやら騒がしい。

■関連記事/人気連載「ハワイに感謝!キョーコと明子のローカル自慢バトル」
バトルその17:ハワイの年の瀬

holiday1

ホリデーシーズン中、ダウンタウンの夜を美しく彩っていたクリスマスデコレーションを、市の職員が一生懸命片付けていました。もうなくなっちゃうのね。さびしい。

 

さようなら、ホリデーシーズン…

 

こんにちは、日常…

holiday2

ギュウギュウに押し込められたみなさん。これから遠足に出掛ける子どもたちと引率の先生のようにも見えます。

 

こちらはコーラスグループ。後ろ姿が悲しげです。

holiday3

遅刻して廊下に立たされている学生のようにも見えます。

 

1カ月間お疲れさまでした。

 

自宅のコンドに戻ったら、こちらでもクリスマスライトの片付けがはじまっていました。

holiday4

トナカイさん、ありがとう。

 

そういえば…市庁舎前での作業をみていて思い出しました。

 

ハワイ初の女性知事のリンダ・リングルさんから、就任1年を迎えての懇談会を開きたいとハワイの各報道機関に連絡があり、編集長から「おまえ行ってこい」と命じられたワタクシ、緊張しながら知事室を訪れました。2003年12月のことです。

 

この日はAP通信や地元新聞社など英字紙の記者ばかりで、日本人はワタクシだけ。「こちらハワイ報知の記者です」とスタッフが紹介してくださり、知事と「ハロー」と挨拶をしただけで、とてもみなさんとの懇談などには参加できず、約1時間ニコニコとみんなの話を聞いていただけのワタクシでありました。

 

編集長からは「いろいろ質問してきなさい」と言われたものの、なにも聞けず、「また怒られるなー」と知事室を出て、とぼとぼと歩いていましたら、目の前に気の毒な姿でトラックに乗せられ、市庁舎に運ばれてくるミセスクロースが…

 

さっそくいろいろなアングルで写真を撮り、社に戻って仲間に見せましたら、みんな大爆笑。編集長も「写真を大きく載せよう」とすっかり知事との懇談会のことは忘れて喜んでくれました。

holiday5

これが翌日の新聞に載ったスクープ写真。ふふふ。

 

ありがとう、ミセスクロース。助かりました。

 
キョーコ

開き直った…ハワイの大晦日

投稿者: キョーコ
投稿日: 2017年01月04日
コメント: No Comments »

みなさま、明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

こちらさきほどわが家の居間から撮りましたハワイ時間1月3日の日の出でございます。

■関連記事/最もハワイっぽいニューイヤーの過ごし方 5選

■関連記事/人気連載「ハワイに感謝!キョーコと明子のローカル自慢バトル」
バトルその17:ハワイの年の瀬

hanabi1

年末の疲れがまだとれないワタクシには、眩しすぎる、元気いっぱいな太陽でございます。「ほら、もう朝になっちまったぞ、ブログ書け、書け」と言われているようでございます。

 

さて、ホノルルに暮らしはじめて、「な、なんじゃこれは」と驚いたカルチャーショックのひとつは、やはり新年を祝う花火でございました。

 

毎年大晦日の夜は、親戚のように親しくしている義父の友人宅に招かれ、花火で大騒ぎしながら、新年を迎えておりました。

 

勝ち気な友人は毎年近隣住民と「お宅は何発?」と購入した爆竹の数を張り合い、その数は年々多くなり、しまいには大きな梯子を使わなければ、竹竿に吊るした爆竹に火がつけられない状態になっていましたっけ。

 

しかし2011年に厳しい花火取締り条例が施行されてからは、ハワイの大晦日が一変しました。打ち上げ花火などの使用が禁止され、爆竹を購入するにも許可証の取得が義務づけられるようになりました。25ドルの許可証で爆竹5000発まで購入できますが、毎年盛大に爆竹を鳴らしていた知人のように「1万や2万発じゃやってもしょうがない」と購入を控えた人も多く、以来ハワイの大晦日は元気がなくなったような気がします。

hanabi2

義母宅から眺めたアロハタワーの花火。

 

しかしローカルの人たちには、花火なしで新年を迎えるのは「やっぱり無理〜」のようでして、この2、3年、違法の打ち上げ花火を購入し、警察の目をかいくぐって、ドカーンドカーンとあげる人たちが徐々に増えてきているようです。

 

1月2日の朝のローカルニュース番組で、1日午前零時のオアフ島某所の映像が流されたのですが…

hanabi3

見よ、この違法の打ち上げ花火の数を!

 

これみ〜んな違法です。すごい数でございます。「警察の目をかいくぐって」いるといより、「開き直った」感がすごいハワイの大晦日でございます。

 

ちなみに2016年にハワイ州で発行された花火購入許可証は1万7000枚余り。12月31日から1月1日にかけての緊急通報件数は300件近くに上ったそうです。

 

今年は違法花火とみられる事故で女性が死亡するという惨事も起きており、今後はますます花火に対する取締りの強化が予想されます。

hanabi4

それにしても違法花火だらけのこの映像、なんど見てもびっくりです。