ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局
人気連載「憧れのハワイウェディング」

第10回 ついにゴールイン! Part1

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2006年09月23日

第10回 ついにゴールイン Part1


待ちに待ったこの日 みんなに祝福されてゴールイン

結婚式まであと少し
挙式を目前に控えたラストスパートの数日は、とても予定が詰まっていました。日中はエステ、ヘア・メイクのリハーサル、ネイルサロンでのマニキュアとペディキュア、スパでのマッサージ、ドレス直しの確認、パーティー会場で最終打ち合わせ、フェイバー(ゲストに渡すお土産)の受け取り、ステーショナリーのお買い物、前日にドレスの受け取りなど!! 夜は夜で、パーティーで使うカードやプログラムの作成、フェイバーに名前のカードを付ける、バック・グラウンド・ミュージックの選定、小物のデコレーション、さらに遠方から来てくれたゲストとのディナーなど!! 寝るのはいつも丑三つ時… 花嫁なのに、お肌に悪い〜!!

結婚式の前日は私の家族・親類がハワイ入りしたため、空港に迎えに行ったり、ホテルのチェックインを手伝ったり… この日の夜は、それぞれの家族とディナー。会食後、待ち合わせて自宅に戻り、荷物をまとめてホテルに向かいました。式の前日と当日の2泊はカハラ・マンダリンに泊まることにしたのです。昼間にチェックインだけしておいて、再びホテルに向かったのは、深夜12時を過ぎていました。翌日に備えて、ゆっくりホテルで過ごしたかったのですが、なかなか思い通りに事は運びませんでした。


メイクはリハーサル通り、スムーズに進行

●結婚式当日
当日の朝は、午前8時頃に起きました。ヘア・メイクのちさとさんが着くのが11時だったので、それまでは自由。ルーム・サービスで朝ご飯を食べて、ゆっくり今日の大仕事(!?) に備えて、準備を始めました。お肌を整え、ストッキングをはいて、バスローブを着ます。花嫁さんは朝、シャワーしない方がいいみたい。髪の毛が完全に乾いた状態でセットした方がいいそうです。イボンヌが私のブーケをお部屋まで持ってきてくれて、ちさとさんも時間通りに到着してくれました。ヘア・メイクは約1時間半かかります。リハーサルをしていたので、準備はスムーズに進みました。メイクのポイントはつけ睫毛を使ったところかな? 髪型の方はふんわりと、かわいらしく後れ毛を作ったところです。


セピア色の写真も撮っておくととても良い記念に

正午に、フォトグラファーのジョンさんが登場。私のメイク中はドレスとタキシード、リングやアクセサリーの写真を撮ってくれました。もちろん、メイクシーンも撮影。最近は、このメイクシーンをアルバムに残すのがオシャレなんですよね。そうそう、ジョンさんが着く前に、私の家族もホテルの部屋に来てくれました。この時が、私の兄とトッド君の初対面。兄は英語ができると思っていたのに(英会話教室に通っていたから)、トッド君に「仕事は何をしていますか?」と英語で聞かれて、「2日間、休暇をとりました」と答える始末… かみ合っていない答えに、笑ってしまった私でした。

母は美容室でブローをしてもらっていたので、とても丁寧に髪の毛がセットされていて、私も満足。写真をたくさん撮る日だから、自分だけじゃなくて、家族にもオシャレできれいに装っていてほしいですよね。母の髪の毛は私の行きつけ、ハイアット・リージェンシーの「クリエイブ」にお願いしていました。日本から来た若い美容師さんなので、安心して任せられます。


この日を待っていたマリッジ・リングもちゃんとスタンバイ

●ホテル〜チャペルに向かうまで
チャペルに向かう前に、ホテルのロビー付近やビーチ近くのお庭でフォトツアーをしました。ほとんどのポーズは、フォトグラファーのジョンさんが指示してくれました。「こんな写真が撮りたい」というリクエストがあれば、それも遠慮なく伝えましょう。そのイメージ写真があれば、なおグッドです。

前日が雨だったので、晴天と言えるほどではなく、それが少しだけ残念でした。でも、当日、雨が降らなかっただけでも本当に感謝です。降ってもハワイの雨はすぐ止みますが、空の色が真っ青でなかったりすると、ちょっと損した気分ですよね。「そうです、前日は雨だったのです」。その前日まで、毎日暑くてお天気は最高だったのに… 当日の朝、起きて外を見るまで、本当にドキドキしちゃいました。

リムジンがホテルに到着したとの連絡があったので、エントランスへ向かうと、予想以上に大きなリムジンが私たちを待っていました。普段よくある7人乗りのリムジンより、はるかに長くて、リッチな気分!! 普段あまり乗らないので、本当に感激しました。


バージンロードを進んで感無量

●リハーサル
チャペルには午後2時到着。まずは、セレモニーのリハーサルです。コーディネーターさん、牧師さんに式の流れを教えてもらいます。宣誓は日本語でもできますが、私たちは英語でしました。ちょっと緊張していた私ですが、言うのは「イエス」と「アイ・ドゥ」だけと聞いて「ホッ」としました。(私のために、牧師さんが簡単バージョンを選んでくれたのかな!? 笑) 牧師さんは真っ白の髪とヒゲをはやしたハンサムで、優しそうなダンディー。リハーサルのあとは写真を撮ったり、早めに来てくれたゲストとおしゃべりを楽しんだりしていました。チャペルでの式は15分〜20分程度だし、何も心配することはないと思っていました。


ウェディングには100人もの人々が来てくれました

●セレモニー
式には100名ほどのゲストを招待していたので、ゲストがチャペルに入場する間、私たち新郎新婦と牧師さん、ブライズメイド、ベストマン、リングボーイ、それにフラワーガールは控え室に待機しています。小窓があって中ものぞけるし、外の様子も見ることができ、「あ、○○さん来たよ〜」とか話しながら、あまり緊張感のない私たち。でも、私は時間が気になって、ベストマンに何度も尋ねていました。そして、何と私はミスをしてしまいました。ベールを下げずに外に出てしまったのです!!

気がついたのは、赤い絨毯の真ん中くらいまで歩いてきた頃。「何かおかしい」と思ったときは、時すでに遅し。ビデオも撮ってないことだし、ここで「グイッ」と引っ張ってみようかとも思ったけれど、100人の前でそれはできない… そんなことしたら、私が忘れたこと丸分かりだし!! 「あ〜あ、後の祭り」。唯一の失敗はこれくらい。涙もろい私だけど、不思議なことにセレモニーの間は全く涙がでなかった。「良かった〜」。緊張していて、泣く余裕もなかったのかな? それとも、みんなの前で幸せに結婚できてうれしくて、泣くなんてこと考えもしなかったのかも(どちらかと言うと、前者の気がします… 笑)。


泣きそうになってもトッド君に支えられ何とかのり切りました

泣いてしまったら、メイクが台無し。メイクが台無しになったら、その後の写真もおかしくなってしまう。花嫁さんはハッピーでなければ トッド君は私の涙を心配していたので、泣かなかったことを、ほめられました。だけど、一瞬「グッ」と涙をこらえた瞬間があったのです。それは、母が泣いているのを見たときでした。トッド君とチャペルから退場するとき、泣いている母の姿が見えて、心に「ジ〜ン」ときたのです。でも、笑顔を通そうと頑張りました。

チャペルを退出して、一度控え室に戻り、ゲストが外に出てフラワーシャワーの準備をしている間、考えていたのは、ベールのことばかり。小さなことだけど、非常に悔やまれました。今は「ま、いっかぁ。そんなこともあるでしょ」と思えるけれど、その時はなかなかそう思えなかったのです。


チャペルの前で祝福のフラワーシャワー

フラワーシャワーは憧れていたので、本当にうれしかった。でも、「もっと多めに花びらを買っておいても、良かったかなぁ」とも思いました。それと、「高めに花びらを投げてくれるよう、誰かがみんなにアドバイスしてくれるよう、頼んでおけばよかった」と思いました。顔のあたりに投げられても、すぐ花びらが落ちてしまうから、できるだけ高く投げてもらうのがいいと思います。

この後は、チャペルの前で家族やお友だちと写真を撮って、午後4時からパーティーが始まります。トッド君と一生懸命計画したパーティーの様子は、また次回 お楽しみに

*今回の掲載写真はラヴィ・ファクトリーにご協力いただきました。

グロリア・ガーデン・チャペル
Gloria Garden Chapel

問い合わせ:銀座クチュール・ナオコ・ハワイ(Ginza Couture Naoco Hawaii)
場所:2222 Kalakaua Avenue Honolulu, HI 96815
電話:808-923-3400
FAX:808-926-1791
ホームページ:www.naoco-wedding.com

プロフィール
彩(あや)
ハワイ在住3年目。某外語大学卒業後、東京都内で笑顔と英会話が武器の受付嬢となる。OL生活4年目に、かねてからの夢だった海外生活を実現するため、ハワイ留学を決行。趣味はテニスとゴルフ、B級グルメ探求。夢はイルカと泳ぐこと。

トッド
ハワイ大学マノア校卒業。現在、某広告会社に勤務。特技はカラオケ、ヨーヨー。趣味はフットボール観戦。ちなみに「サンディエゴ・チャージャース」の大ファン。夢は日本語をペラペラに話せるようになり、可愛い2人の子供のパパになること。



?

この記事が属するカテゴリー: アロハダイアリー, ウエディング
関連キーワード: ウェディング, ゴールイン,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*