ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方Hawaii Arukikata
  facebook twitter twitter RSS
メニューメニュー
ハワイ歩き方事務局
人気連載「Akikoのレイ日記」

第17回 ハイビスカスのレイ

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2005年09月21日

第17回 「ハイビスカスのレイ」

今週はトロピカル・フラワーの王道、ハイビスカスのレイです。黄色のハイビスカスがハワイの州花になっているように、この花はハワイを代表する花といってもいいかもしれません。日本でもおなじみですよね。

ここのところ、たった1ドル65セントのレイ・ニードルのもとを取ろうと、針でひたすら刺していくレイばかり作っていましたが、これは久しぶりに編みこんでいくタイプ。ミクロネシアン・スタイルとかフラット・レイと呼ばれる南国気分たっぶりのレイです。

ただし、レイにするのはまだ花びらが開きかけた状態の「つぼみ」だけ。色は「赤」。これはお約束です。今回使用したのはハワイ語で「アロアロ・パフパフ」、英語だと「ファイアークラッカー・ハイビスカス」と呼ばれるハイビスカスです。用意するのは花が約90個と赤い毛糸。毛糸は1メートルを2本と2メートル1本の3本を用意します。

作り方

写真1

1. 3本の毛糸を束ね、端を固結びして、結び目の外側をテーブルにテープで貼り付けます。

2. 写真1のように短い2本のAとBも、結び目から少し離れたところで、テーブルにテープで貼り付けます。一番長いCは、この時点では一番下にくるようにしておきます。

3. 最初の花を用意し、ガクの部分をAの下に、BとCの上になるように置きます。

4. そしてCをAとBの上にもってきます(写真2)。
5. 写真3のように、CをAとBを巻き込んだループの中に通し、きゅっとしめます。

写真2 写真3

6. これを繰り返しちょうど良い長さになったら端をとめ、もう片方の端と結び合わせて出来上がりです。 レイは巻くか、丁寧にたたみ、乾いた状態で冷蔵庫で保管します。残念ながらあまり長持ちしません。けれども、燃えるように真っ赤なこの花は、短くても私たちの目を十分に楽しませてくれます。(by Akiko)

この記事が属するカテゴリー: カルチャー, レイ日記
関連キーワード: レイ,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*


人気連載「Akikoのレイ日記」


現地最新情報トップ5


前後の記事

さらにおススメ