ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方Hawaii Arukikata
  facebook twitter twitter RSS
メニューメニュー
ハワイ歩き方事務局
人気連載「ハワイのグルメ大賞、ハレアイナ賞」

第20回ハレアイナ賞2004発表

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2004年11月01日

ホノルル・マガジンが主催するハワイのレストラン大賞「ハレアイナ・アワード 2004」が同誌1月号で発表されました。地元の人たちの投票で決まるだけに、ロコたちから支持されている旬のレストランを知る上での貴重なバロメーター。ハワイ・グルメシーンの最新トレンドをチェックするため見逃せないイベントです。今回、20周年を迎えた権威あるレストラン・アワード「ハレアイナ」。記念すべき第20代「レストラン・オブ・ザ・イヤー」の称号は果たして、どのレストランの頭上に?

2004年 第20回ハレアイナ・アワード発表

今年20回目の節目を迎えた「ハレアイナ・アワード」。1985年の発足当時、ハワイのダイニングシーンは現在とは全く趣を異にするものでした。レストランに対するハワイの人々の認識も、「ただ、食事をするだけの場所」といった考えが一般的だったようです。もちろん、「パシフィックリム・キュイジーヌ」などというジャンルはまだ誕生していないし、ハワイで生まれ育ったスターシェフの存在など、考えられない時代だったのです。第1回の受賞レストランの顔ぶれを見ても、有名ホテルの似たり寄ったりのコンチネンタル・レストランがズラリと並ぶだけでした。時は流れ、90年にはハワイのクロスカルチャーを背景にしたハワイならではのキュイジーヌで、一躍センセーションを巻き起こした「ロイズ」が「レストラン・オブ・ザ・イヤー」こそ逃しましたが、オープン1年目にしてハレアイナ・アワードの一つに選ばれました。これを境に、ハワイのグルメシーンは大きく様変わりし、数多くのスターシェフを輩出、現在へと至っています。

栄えある第20回ハレアイナ賞、レストラン・オブ・ザ・イヤーに輝いたのは「ロイズ」

迎えた2004年。栄えある第20回ハレアイナ・アワード、レストラン・オブ・ザ・イヤーの名誉ある称号は、やはりこの店に輝きました。ロイ・ヤマグチ氏率いる「ロイズ」です。今年で創業15周年を迎えるパシフィックリム・キュイジーヌの草分けが、自身の区切りともなる年に大きな勲章をまた一つ手にしました。やはり、ハワイのグルメシーンはこの人、この店なくしては語れませんね。記念すべき第20回のハレアイナ・アワードにおいて、ロコたちの投票によりその頂点にロイズが選出されたことは、きっと日本の皆さんにとっても喜ばしいことではないでしょうか。

ハワイ屈指のレストランチェーンのトップとして、超多忙な日々を送るロイ。果たして、キッチンで自ら実際に料理する時間なんてあるのでしょうか? ハレアイナ受賞の知らせを受けた時、彼はこんな風に答えたそうです。「できる限りキッチンに入って、クックしてるよ。(受賞を知らせる)この電話がかかってきた時だって、ちょうどキッチンで料理を作っていたんだから」。スターシェフとなった今も、15年前と少しも変わらぬ真摯(しんし)な姿勢で料理作りに取り組むロイ・ヤマグチ氏。これからもハワイのグルメ界の第一人者として、さらなる発展を遂げ続けてくれることを期待しましょう。

(そんなロイですが、実は一つだけ15年前と変わったことがあるそうです。それは、キッチンで調理中、かかってきた電話に大急ぎで出るため、今までのようにカウンターをヒラリと飛び越えることだけはしなくなったそうです。もしかすると、しないのではなく、できなくなってしまったのかもしれませんね!?)

ロイズのメニューは毎日書き替え。シグニチャー料理から、その日に入る最高の素材を使ったスペシャル料理が並びます

レストラン・オブ・ザ・イヤーに次ぐ栄誉である「金賞」受賞リストには、今回もアラン・ウォンズ、ホクズ、シェフ・マブロ、ドナトス、インディゴ、マリポサ、3660オン・ザ・ライズ、サンセイといったおなじみのスターシェフたちの人気レストランが並びました。また、バリ・バイ・ザ・シー、オーキッズ、ラ・メールなど、ワイキキにある一流ホテル内のレストランが選ばれているのも注目に値します。オーシャンフロントの最高のロケーションに位置し、おいしい料理とハワイならではの雰囲気を満喫できる洗練のファイン・ダイニングは、ロコにとっても欠かせないスポットなんですね。旅行者でも徒歩で行けるワイキキのホテル内のハレアイナ受賞レストランは、もちろん日本からの皆さんにとっても魅力いっぱい。宿泊していなくても是非、訪れてみたいダイニングです。

惜しくも金賞の座こそ逃しましたが、それらに次ぐ票を集めたレストランが、今回から名称を「銀賞」に改めて紹介されています。サム・チョイズやパロミノ、ハイズ・ステーキハウスなど、これまで金賞の常連だった人気レストランが今回は残念ながら銀賞止まり。金賞復帰を目指しての今後の頑張りに期待しましょう。また、日本食レストランとして味、雰囲気、人気ともにハワイのトップクラスである京やが見事、銀賞に選ばれました。ハワイの和食もなかなかのものですね。旅行者の皆さんも是非、一度お試しあれ

満20周年を迎え、ハワイを代表する権威あるレストラン大賞として、しっかりとロコたちから認知されたハレアイナ・アワード。ハワイのダイニングシーンのますますの発展のため、これからも25周年、30周年、そして50周年目指し、大いにハワイのグルメ界を盛り上げていってほしいものですね。

ハレアイナ賞2004受賞レストラン

金 賞 銀 賞
レストラン・オブ・ザ・イヤー ロイズ・レストラン
ベスト・ニューレストラン ザ・ビストロ
ロンギーズ
マルベーヤ
ティキズ・グリル&バー
ベストレストラン
(20ドル以下)
コンパドレス・バー&グリル
カカアコ・キッチン
ビッグ・シティ・ダイナー
オリーブ・ツリー・カフェ
ベストレストラン・
ワインリスト
パドヴァニズ・レストラン&ワインバー
ロイズ・レストラン
フェラロズ
サンセット・グリル
ベストバー マイタイ・バー
マーフィーズ・バー&グリル
インディゴ
ライアンズ・グリル・アット・ワード・センター

トップ・レストラン

金 賞 銀 賞
オアフ島 アラン・ウォンズ・レストラン
バリ・バイ・ザ・シー
チャイズ・アイランド・ビストロ
シェフ・マブロ
コンパドレス・バー&グリル
ドナトス・レストラン
ホクズ
インディゴ
ラ・メール
ル・ウラク
マリポサ
ミッシェルズ・アット・ザ・コロニー・サーフ
オーキッズ
ルースズ・クリス・ステーキハウス
サンセイ・シーフード・レストラン&スシバー
3660オン・ザ・ライズ
アサジオ
ゴールデン・ドラゴン
ハイズ・ステーキ・ハウス
京や
ル・ビストロ
マテオス
パロミノ
サム・チョイズ・ダイヤモンドヘッド・レストラン
サム・チョイズ・ブレックファースト・ランチ&クラブ
サレントス・トップ・オブ・ジ・アイ
サンセット・グリル
マウイ島 デビッド・ポールズ・ラハイナ・グリル
ハリイマイレ・ジェネラルストア
ロンギーズ
ママズ・フィッシュ・ハウス
ロイズ・カハナ・バー&グリル
サンセイ・シーフード・レストラン&スシバー(カパルア店)
シェ・ポール
フェラロズ
ジェラーズ
ニックス・フィッシュマーケット・マウイ
パシフィコ
スパーゴ・フォー・シーズンス
ハワイ島 ブラウンズ・ビーチ・ハウス、オーキッド・アット・マウナ・ラニ
カフェ・ペスト(カワイハエ店、ヒロ店)
ハゴーズ
キラウエア・ロッジ
メリマンズ
ロイズ・ワイコロア・バー&グリル
バンブー・レストラン
カヌー・ハウス・マウナ・ラニ・ベイ・ホテル
ウードルズ・オブ・ヌードルズ
オアフイア・フォー・シーズンズ
サム・チョイズ
シーサイド・レストラン
カウアイ島 ザ・ビーチハウス・レストラン
ロイズ・ポイプ・バー&グリル
パシフィック・カフェ・カウアイ
ブレネキーズ・ビーチ・ブロイラー
デュークス・カヌー・クラブ・カウアイ
ゲイローズ
※リンクがあるところは、グルメ情報ですでに取り上げたレストランです。

この記事が属するカテゴリー: レストラン, 歴代ハレアイナ
関連キーワード: グルメ大賞,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ