ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方Hawaii Arukikata
  facebook twitter twitter RSS
メニューメニュー
ハワイ歩き方事務局
人気連載「子連れママの留学生活」

2001-07-28 ラスト・ダイアリー・イン・ハワイ

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2001年07月28日

ラスト・ダイアリー・イン・ハワイ

7月21日(土) おじいちゃんの誕生日

抜群の環境と充実した学習プログラムのプナハウ・スクール

今日は北海道のおじいちゃんの誕生日だ。よしが電話をかけて(悔しいが娘の私からの電話より100倍嬉しいらしい)、「Happy Birthday to you」の歌をメッセージとして入れておく。数時間後、おじいちゃんから電話。「いやーよしの英語、発音が違うなぁ、すごいなぁ…」。若かりし頃は外交官になりたかった(けど未だに海外に行ったことがない)というおじいちゃん。「ダンナをほっといて留学、けしからん」と言いながらよしの英語にはとても興味があるようで、嬉しそう。いろいろ犠牲にするものも多いかしれない子連れ留学だが、幼い頃に自然に覚える英語は大きな財産になると信じている。

7月24日(火) 会社の同僚とオーシャン・クラブへ
今日は会社の同僚日本人ギャル3人とそのお友達でレストラン・ロウのオーシャン・クラブヘ行く。火曜日はレディース・ナイトといって女性は入場無料なのだ(アメリカでの夜遊びには身分証明書を忘れずに!私は忘れました)。平日なので静かめのフロアを想像していたが、ものすごい人でびっくり。バーテンダーやウェイトレスが忙しすぎて、オーダーも受けてもらえない。子供を連れて行けるところではないので「とっても」憧れていたが、今回でオーシャン・クラブは卒業できそうだ。かつてはお立ち台ギャルだった私も、ついに静かな「大人のクラブ」をお好みの年齢になってしまった。華の独身ギャルのさとこさんとみほちゃん、いいお店探しといてね〜!

7月25日(水) サマースクール・ファイナルウィーク

遊び・スポーツ中心のYMCAのサマープログラム。幼稚園児グループとカルロスくん(左の大きな彼)

約6週間のプナハウ・サマースクールとYMCAのアフターヌーンプログラムは今週で終わり。正午のお腹が空いている時間のプナハウ〜カハラ間のバン移動(待ち時間を含め30〜40分はかかる)はよしにはつらかったかなぁと心配したが…

プナハウの朝8時から10時の「ネイチャー・スタディ」は期間中10回もフィールド・トリップに行っていた。行き先はホノルル動物園(テーマ動物)、水族館(魚)、マキキのネイチャーセンター(虫)やカハラビーチ(砂)、ダイヤモンドヘッドハイク(火山)やマノアフォール(滝?)など。実際にハワイの自然や生物に触れる機会でいっぱいのプログラムで大正解のチョイスだった。

プナハウでの算数の問題の例:
を2つ動かしてにするにはどれを動かす?

10時から12時の「算数」のクラスでは、ゲームや工作を通して時計の読み方から「確率統計」やグラフ、数学的ものの考え方などを学んだ模様。ジャーナルを見たら文章題のオンパレードでけっこう難しそう。それでも、楽しかったらしいので、ほっ。お受験ママに耳より情報。プナハウを受験させようと思ったら、サマースクールに行かせるのは第一歩らしい。合格判定の際にサマースクールでの記録も考慮されるそう。

カハラでのYMCAでは大好きな黒人青年リーダー、カルロスくんと一緒に思いきり羽を伸ばして遊んでいたみたい。週2回のスィミングクラスの間に1人で泳げるようにもなったようだし、悩んだあげくのサマースクール・チョイスはどうやら正解だったようだ。よかったぁ。

7月26日(木) ラスト・ダイアリー・イン・ハワイ
明日夏休みのインターンシップも終了。来週火曜日に日本に向け出発する予定。この日記でもさかんにとりあげた「オンラインコース」についてだが、学生ビザとしてのステイタス、ハワイ大学休学中に単位をとることなどが複雑に絡んで次々問題が発覚 (留学中に休学して、というのでなければオンラインコースはやっぱりママたちの強い味方になると思いますョ) 。結局新たな履修は断念して、今持っているアートのプロジェクトと卒業までに必要なプログラミングクラスの準備に専念することにする。

ダイアリーを書き始めて約1年と少し。読者の皆さんから励ましのメールをたくさん頂いた。また多くのママたちが子育てに追われる日常と自分の夢の間にはさまれて悩んでいることを知り、私だけじゃなかったんだと改めて感じている。アロハダイアリーコーナーが終了になるまであと1ヶ月ほど。来週からは、東京の世田谷奥様に戻って「子連れ留学」を考えてみたいと思う。おホホホホ!(おーっと、来週は北海道だった)

今週の登場人物

よし- 5歳のオトコの子。いつものようにガミガミ文句を言っていたら、この息子がぼそっと一言。”Mind your own business(大きなお世話).” くやしい。
さとこさん- 会社の同僚。アメリカで1人お仕事に励む、バリバリの日本人ワーキング・レディ。
みほちゃん- 会社の同僚。今どきのギャルの彼女は、スカイダイビング経験280回以上だって!最近まじめに日記を書けるのは彼女のおかげです。ありがと!

子連れママのプロフィール
ワシントンDCの美しい桜と美女2人。なはははは

日本で短大を卒業後、航空会社勤務。1997年8月三十路になった年、1歳11ヶ月になる子供の手を引いてハワイへやってきた。それ以来ハワイ大学の学生として、学期中(8月〜12月、1月〜5月)は主婦業をお休み(旦那は東京在住)、ママ業は手抜きで学業に励む毎日。全くのメカオンチであったがICS101という初めのコースをとってコンピューターに目覚め、それ以来ICS(インフォメーション・アンド・コンピューター・サイエンス)の学生としてプログラミングとグラフィック・デザインを学ぶ。将来は妻として母としてを優先しながらもプロフェッショナル・ワーキング・マザーでいたいと年甲斐もなく野望を抱いている。

この記事が属するカテゴリー: ハワイ留学・学ぶ・英会話
関連キーワード: 学生生活,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*


人気連載「子連れママの留学生活」


現地最新情報トップ5


前後の記事