ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Eriko
人気連載「ハワイで直撃インタビュー」

第103回 荒川静香さんにハワイでインタビュー(動画付き)

投稿者: Eriko 更新日:2017年09月20日

Professional Ice Skater and Gold Medalist : Shizuka Arakawa

著名人や気になる人々を、ハワイでじっくりインタビューするこのコーナー。今回は、今月ハワイで行われたアイススケートのチャリティイベント「ゴールデンモーメント」に出演したオリンピックメダリストたちにインタビューしました。3回に分けてご紹介するこのシリーズ、第1回目は、日本女子代表のゴールドメダリストで現在はプロフィギュアスケーターとして活躍する、荒川静香さんのインタビューです。アスリートとして母として仕事や主婦業をこなす荒川さんにズバリその秘訣をお聞きしました!

ハワイで直撃インタビュー 第103回 オリンピック金メダリスト、荒川静香さんにハワイでインタビュー 

■関連記事/ベッカムがハワイにやってきた! 明子と佳奈子のサッカー体当たり取材日誌
■関連記事/今週末開催の「ゴールデン・モーメント2017」に高橋大輔が初登場!

賑やかなワイキキとはかけ離れた、オアフ島の郊外アイエア地区にある小さくて庶民的な「アイスパレス・ハワイ」。華やかなオリンピアンたちにはどこか不釣り合いにも感じられるこの場所で、今月初めに開催された「ゴールデンモーメント ハワイ」というアイスショーの出演者が練習をしていました。そのひとりである荒川静香さんが練習の合間にMyハワイのインタビューに答えてくれました。

Myハワイ編集部(以下Myハワイ):ゴールデンモーメントへの出演は何回目ですか?
荒川静香さん(以下荒川):2回目になります。おととし参加しました。

Myハワイ:前回は確かお子さんを抱っこして出演されていましたよね?
荒川:そうなんです。はじめて娘が(ハワイに)一緒にきて最初は出る予定ではなかったのですが、曲中に「あなたが忘れてしまっても私は忘れない」という歌詞があったので、母から娘に伝えるメッセージとともに、娘が出たらまた雰囲気が出るのかなと思い、まだ歩けなかったので急遽抱っこして出演しました。娘は忘れてしまうと思うんですけどすごく良い思い出になりました。

Myハワイ:このイベントに参加したきっかけは?
荒川:私自身はクリスティ・ヤマグチさんに幼少の頃から憧れておりまして、アイスショーという世界を知ってからは、憧れのクリスティさんと同じ舞台に立てるかはわからないけれどショーに出るためにがんばりたいなと思っていたので、今この世界に身をおけていることを幸せに思っています。そのクリスティさんがチャリティショーをされるということで、子どもたちに本で読み聞かせすることなどに共感しました。実際にアイスショーに出るように声をかけていただいたので、非常に光栄で、嬉しく受けさせていただきました。

Myハワイ:今回の抱負は?
荒川:ハワイという場所を考え、日本から持ってきた曲は「ネッラ・ファンタジア」という曲なんですが、すごく癒しの感じが流れるのでハワイに合うかなと思いました。もうひとつは、「Let It Go(ディズニーアニメ映画『アナと雪の女王』の挿入歌)」なんですが、こちらのショーから提案していただいた曲で歌手の方の歌に合わせて滑ります。

Myハワイ:このイベントのチャリティ目的についてどう思いますか?
荒川:私自身も子どもがいるので、子どもに対する教育のサポートが出来ることは、素晴らしいなと思います。日本だとまだあまりチャリティのシステムが確立されていないので、アメリカの広い土地柄で幅広くチャリティをされていて、これまでやってきたスケートを生かし活動されているクリスティさんは素晴らしいなと思います。すごく参考になることもたくさんありますし、今後私自身何かできることがあれば進んで活動して行きたいと思いますね。

Myハワイ:ハワイでの過ごし方は?
荒川:ハワイではあまり時間を細やかに気にして動かなくていいような、自分にとってはゆったりした気持ちになれるので、眠りも深くなりますし、活力をもらえる場所ですね。

Myハワイ:ハワイのどんな食べ物が好きですか?
荒川:アヒポケが好きですね。アサイーボウルとか、パンケーキもそうですけど、好きなものたくさんある中で、けっこう寿司ロールが好きですね。ハワイのフレッシュなお魚を使った寿司ロールをチャンスがあれば食べたいですね。

Myハワイ:好きなお店は?
荒川:前回来たときにハイアット・リージェンシーから近い、初心者がサーフィンが出来るビーチの側にあるカフェのアサイーボウルがすごく美味しかったんです。そこがお気に入りで前回来たときには連日通いましたね。甘さとか爽やかさといい、絶妙なバランスで盛りつけも南国が感じられ綺麗ですごく気に入っています。

Myハワイ:スポーツ選手としてお仕事や母としてライフワークのバランスをどう取られていますか?
荒川:そこが一番難しいところだと感じております。子育てに100%力を注ぎたいという思いもあって、仕事をやるからには100%という気持ちがあるので、どうしても分配をするのが難しいなといつも感じるんですね。

やはり仕事をしているときには家事や子育てから離れている時間として何か足りないんじゃないかという気持ちがあり、またその一方で、家事や育児をやっているときは仕事の準備をしたいという気持ちもある中で、100%こなしていくのはオーバーワークになり不可能なこともたくさんあるのですが、目の前に今自分が向き合っていることに100%むきあえているということを大事にしたいなと思います。

子どもにとって今しかない幼少期は大事にしたいと思いますし、今は比率を優先している部分が多いんですけど、多分子どもの成長と時期によって考え方とかペース配分というのは変化していくのかなと思います。でも変わらないのは自分が向き合っていることに100%向き合えているということが大事なのかなと思います。

Myハワイ:ハワイのどういうところが良いですか?
荒川:天気ですね。少し雨が降ってもまた晴れてからっとしているところが、しめっている気持ちがなくなる、その爽快感が良いですね。

<インタビューを終えて> 練習着のまま私たちの前に現れた荒川静香さんは、スレンダーではっとするほど美しい人。クールビューティという言葉が定着している彼女、実際に会ってみるとスクリーンで観る華やかな印象とはまた違った透明感あふれる「ナチュラルビューティ」という印象です。慎重に言葉を選びまっすぐに目を見つめてインタビューに答えてくれる荒川さんの表情や言葉の端々に、オリンピアンとして活躍し、現在はまた仕事や色んなことにもチャレンジする彼女の芯の強さや女性らしさが感じられました。Myハワイ編集部員これからも応援します。

次回は続けてフィギュアスケートのオリンピアンのインタビューを掲載します。どうぞお楽しみに♪

ゴールデンモーメント・ハワイ〜オールウェイズ・ドリーム・ファンデーション公式ウェブサイト www.alwaysdream.org/golden-moment-hawaii/

荒川静香さんプロフィール: 神奈川県鎌倉市出身。プロフィギュアスケーター。5才の頃からスケートをはじめ、数々の大会で優勝し、トリノ五輪でアジア人女性シングルプログラムで初の金メダル獲得。現在はプロに転向し、育児と平行しつつ日本スケート連盟副会長を務めるほかテレビ解説などでも活躍。早稲田大学教育学部卒業。

荒川静香公式ウェブサイト http://shizuka-arakawa.com

 

この記事が属するカテゴリー: 特集, 芸能・有名人特別取材
関連キーワード: ゴールデンモーメント, ハワイ, フィギュアスケート, 荒川静香, 高橋大輔,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*


人気連載「ハワイで直撃インタビュー」


現地最新情報トップ5


前後の記事

さらにおススメ