ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局
人気連載「なにわのサーファー生活」

2001-06-30 何かがおかしい!?

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2001年06月30日

何かがおかしい!?

まっ、まっ、まっ、まいどっで〜す(おさむちゃん風に、でも古すぎる?しかもフレーズが違う)。いつもながらどんな挨拶で始めようかなぁと考えるんですが、今回はこんな感じでいかがでしょう?

挨拶のことはさておき、先週やっとのことでボードのオーダーを済ませました。でも知り合いのそのシェイパーが日本に行かなければならず、ラッシュオーダーにしようがどうしようが6週間ぐらいかかってしまう事となってしまいました。来月に友達がハワイにくるので一緒にオーダーをしたのですが、そのシェイパーから返ってきた返事にボクはビックリ。彼の言い分もわからないわけではないのですが、なんかしっくりこなくて「何かがおかしい」って感じです。

返事の内容と言うのが、もしボクの友達が日本からくる友達やったらボードを売れないと言うのです。日本人でもハワイに住んでるんだったらOKらしいのです。その理由と言うのが日本の販売代理店から日本に住んでいる日本人には直接売らないで欲しいという要請があったかららしいのです。

そりゃあ、シェイパーは小売店じゃないので、販売してくれる代理店さんの言う事は聞かないといけません。でも、日本の場合、販売代理店のマージンが異常とも思えるほど高い。だって店置きのニューボードを現地で購入すれば$400〜$500ぐらい、でも同じメーカーのボードを日本で購入すると12万〜15万円。どう見たっておかしいでしょう。いくら有名シェイパーだからといってこれはおかしすぎる。
いまどき安いハワイ旅行を探せば5〜6万円ぐらいでありますよねぇ〜。下手したら、ハワイ旅行付きでニューボードが買えるんですから… こんだけ世界(経済部分で)が近くなってボーダーレスと言っている時代に競争力がなくて勝てないわけですから、自分達で努力をしろっと声を大にして言いたい。

いいですか? 君達、よ〜く考えてごらんなさい(金八先生風に)。たとえば、日本で作っている日本人シェイパーのサーフボードが5万〜6万で買えますか? しかも彼らは世界的にみて無名です。中にはお手ごろな価格で作っている所もありますが、なんで国産品に10万円以上もの値段がつくのでしょう。アメリカは別に労働賃金が低いわけでもありません、アメリカで世界的に有名なシェイパーのボードが$400〜$500でボードが作れるなら、なぜ日本でその程度の値段でつくれないんでしょうか?

ん〜、やっぱり何かがおかしいんじゃあないでしょうか? 誰かがどっかでぼったくってるとしか言い様がありません。しかもそれはたぶん日本サーフィン業界の重鎮と呼ばれている人達じゃあないかなぁと思う。今はどうかは知らないけれど、大体、大会で日本なんとか協会で登録されているボードでしか参加を認めないなんて、どうかなっているとしか言いようがない。もし自分でシェイプして乗っていたらどうするんだっ!! わざわざ登録しないといけないのか? 日本人であるボクがどうひいき目にみてもおかしいような気がする。

でも、もっと消費者(一般サーファー)も賢くならないといけないと思う。どうみても一部の人間にぼったくられているだけのような気がする。気がするって言うか、その通りだと思う。ビジネスで言うとおいしいと思うけど、あまり健康的(正当)でない分、長続きしないと思う。

みなさん、もっとハワイ(海外)に来て(行って)、バンバン、ボードなりウェットスーツなり買って行ってください。そうすれば、業界自体が日本国内だけにこだわる保守的なものではなく、日本のサーフィン業界を世界に広げようとする動きに繋がって行くと思います。そうすれば、日本人の世界チャンピョンだって夢じゃないような気がします。たぶん、めちゃくちゃ気持ち良いと思いますよ、日本人の「世界チャンピョン誕生」なんてことになったら… 。

この記事が属するカテゴリー: アロハダイアリー
関連キーワード: サーフィン,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*


人気連載「なにわのサーファー生活」


現地最新情報トップ5


前後の記事